RSS|archives|admin


<<『アンティーク・レース 16世紀~18世紀 富と権力の象徴』感想:★★☆☆☆ | ホーム | 『ラピスラズリ(ちくま文庫)』感想:★★★☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ネタならばこそガチでやるべき:購入履歴・新本編26

2012.02.06 Mon


 そう思う私は確実に大阪人。ネタに生きてネタに死ね。


 そんな訳で思わず買ってしまったのがコレ。小学館文庫の『逆転裁判』。
 ゲーム「逆転裁判」シリーズを楽しく遊んだ身としては、やはりここは踏んでみるべきだろう。
 あの突飛な設定が乱れ飛ぶ「逆転裁判」が、今度は映画になったんですってよ。これはその映画のノベライズ。

逆転裁判 (小学館文庫)


 どこに向かうんだ逆転裁判。
 4で盛大にずっこけたのに、今度まだ正式ナンバリング作品を出すようだし、何気に長生きタイトルなんだけどなぁ。
 でも映画の公式サイトにあるCMを見ると、面白そうな気もしてきたり。予告編2では何とトノサマンの巨大バルーンも垣間見える。
 ……何て馬鹿なんだスタッフ! 素敵すぎる。躊躇わずに最後まで走り抜けて、こちらをポカーンとさせて欲しいぞ。
 ちなみに公式サイトは→http://www.gyakutensaiban-movie.com/index.html
 CMはこちらで見られます→特報&予告
 ちょっと動画はロードに時間がかかるかな。

 主人公の新米弁護士、ツンツン頭が印象的な成歩堂龍一を成宮寛貴が、彼の上司であり師匠でもある綾里千尋を檀れいが演じていたりするのだが、正直役柄が強烈すぎてもはや誰なのか分からない。
 しかし実写だと銀髪は白髪にしか見えないなぁ。主人公の幼馴染み兼ライバルの御剣検事の素敵さが。
 裁判長がゲームまんまなのは非常に宜しい。


 映画に行けるかどうかは分からないが、小説もちゃんと「逆転裁判」してると良いなー。
 欲を言うなら、原作ゲーム知らなくても楽しめると尚良いけれど、このゲームえらいことになってるから望みは薄そうだ。
 ゲームですら初見の時は「はぁ?」となったし。

 しかし最近この手の多いなー。どこに行くの邦画。








 ちなみにオリジナルのゲームはDSでプレイ出来る。

逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000  逆転検事 NEW Best Price ! 2000


 DSを持っていなくとも、携帯向けの切り売り販売もしているようなので、お一つ如何?
 ちなみに私は『逆転裁判3』の終盤で心が折れてしまい、そこまでしかプレイしていなかったりする。だって真宵ちゃんが可哀想すぎるのだもの。

 でも真宵ちゃんが可哀想な以外は、面白いですよ。設定がカッ飛んでいるので、広い心が必要ですが。


関連記事:
『逆転裁判』感想:★☆☆☆☆‏

Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『アンティーク・レース 16世紀~18世紀 富と権力の象徴』感想:★★☆☆☆ | ホーム | 『ラピスラズリ(ちくま文庫)』感想:★★★☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/158-a0d3c312