RSS|archives|admin


<<『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅣ』感想:★★★★☆ | ホーム | 『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅢ』感想:★★☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

あけましておめでとうございました:購入履歴・新本編21

2012.01.01 Sun


 あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
 年が明けてしまいましたが、未だに大掃除に着手すらしておりません。……もういいかな。

 今年初めての更新はいつもの積ん読記録。注文したのは10日ほど前。届いたのは昨日大晦日。
 出版社に在庫確認致します、とのメールが来ていたのでてっきりもっと時間が掛かるか、もしくは在庫がないのかと思ったら、なんと大晦日に届いた。

 買ったのは『ゲオルクの死』。作者はリヒャルト・ベーア=ホフマン。

ゲオルクの死


 ソフトカバー。帯には「幻の名品」との煽りがあるが、面白いと良いな。








 私は本に挟まっている新刊案内を読むのが好きな質なので、『ゲオルクの死』に挟まっていた「鳥影社 観光案内2008年」のをペラペラ眺めていたら、お。

頭の中の性 女の想像力 ユッタ・ハインリヒ著 松永美穂訳 1890円
  女は常に踏みつけられる側に属しているのを悟った少女のした事は?
ジムルターン 女の想像力 インゲボルク・バッハマン著 大羅志保子訳 2310円
  女は常に踏みつけられる側に属していることを悟った少女は?

頭のなかの性(セックス) (女の創造力)  ジムルターン (女の創造力)


 説明がほぼ一緒なのは何で?
 鳥影社のサイトとAmazonを見る限り、『頭の中の性』の説明が正しく、『ジムルターン』が間違っているみたいですね。
 『ジムルターン』の内容説明はAmazonに引用されている「BOOK」データベースによると、「世代も素姓も異なる五人の女性たちの物語が繰り広げられる。何気ない日々を描きながら、深い意味を問いかける衝撃作。」とのこと。



 他に個人的に面白そうだと思うのは、小説では『人魚姫 フランスの画家マリアンヌ・クルーゾの絵入り』、『ラデツキー行進曲』。

人魚姫  ラデツキー行進曲
 

 ただ『ラデツキー行進曲』は既に在庫が怪しそうだ。あのメロディが楽しいラデツキー行進曲と関連があるのだろうか。
 最近歯医者でたまたま見かけて手に取った絵本『人魚姫』は、最後がハッピーエンド風味に改変されていて何だかな。子供の心のトラウマ度では人魚姫に負けない『赤い靴』も最近は色々変えられているのだろうか。


 その他では『ヴェルサイユの異端公妃』、佐藤正樹の『うちに子供が生まれたら』が面白そう。

ヴェルサイユの異端公妃―リーゼロッテ・フォン・デァ・プファルツの生涯  うちに子どもが生れたら (叢書フォーゲル 1)


 『ヴェルサイユの異端公妃』とはリーゼロッテ・フォン・デァ・プファルツのこと。ルイ14世の弟に嫁いだ彼女が書きに書いた手紙は色んなところで引用されていることだし、ここで1度くらい彼女主体の本を読んでみても良いかなぁ。
 と思ったものの、Amazonにはもはや在庫ナシ。もう新本では買えない本になってしまったのだろうか。
 『うちに子供が生まれたら』は単純に作者の佐藤正樹が好きなのであります。この人の翻訳はなかなかに面白かったけれど、著作はどうなんだろう。

 そんなこんなで今年もまた積みまくる1年になりそうです。


関連記事:
なんとなく、生殺し:購入履歴・新本編20
『近世の文化と日常生活』感想:★★★★★
『宮廷社会』感想:★★★★☆
『民衆本の世界―17・18世紀フランスの民衆文化』感想:★☆☆☆☆

Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(2) | Trackback(1) | top↑ |
<<『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅣ』感想:★★★★☆ | ホーム | 『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅢ』感想:★★☆☆☆>>

あけましておめでとうございます 

いつも参考にしています。
今年も期待しています。
v6O6VgHs | kenji | URL | 2012.01.02(Mon) 13:36:21 | [EDIT] | top↑ |

Re: あけましておめでとうございます 

kenjiさん、あけましておめでとうございます。
どうぞ今年も宜しくお願いします。
- | 春色 | URL | 2012.01.03(Tue) 01:00:39 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/137-ec9d3f05

『ゲオルクの死』感想:★★★☆☆

ゲオルクの死リヒャルト ベーア=ホフマン 鳥影社ロゴス企画 2009-07 売り上げランキング : 437258Amazon楽天ブックス7netbk1ブックオフe-honby ヨメレバ  原文と日本語の相性が悪いのだ...
買って積んで、たまに読む。日記 2012.01.11 02:57