">
RSS|archives|admin


<<『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅢ』感想:★★☆☆☆ | ホーム | 『ロシアのクリスマス物語』感想:★★☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

つまりは単に被ったということさ:購入履歴・古本編41

2011.12.27 Tue


 1973年から74年にかけて発売された雑誌「幻想と怪奇」。その創刊号から3号までは既に持っていたのだが、今回買い足した。

雑誌「幻想と怪奇」背中


 買ったのは創刊号、2号、3号、4号、5号、6号、7号、8号、9号、11号。10号と最終12号がない。
 そして既に創刊号から3号までは持っているので、この3冊は丸被り。バラ売り不可だったので、どうにもこうにも。
 私の持っている2号はカラーページのFANTASTIC GALLERYのページが一部前後しているミス印刷モノなので、ちゃんと正しいのが手に入るなら被っても良いかなー、と思ったのに、今回被って買ったのもページが狂っている悲しみ。

 それぞれの号の特集を記載すると以下の通り。括弧の中は私のメモ。
・1(創刊号、これだけ三崎書房、隔月刊): 魔女特集
・2(以下、歳月社): 吸血鬼特集
・3 : 黒魔術特集
・4 : ラブクラフト=CTHULHU神話特集
・5(以下、1974年発行): 特集/メルヘン的宇宙の幻想
・6 : 幻妖コスモロジー|日本作家特集
・7(以下、月刊): 特集=夢象の世界
・8 : 特集=オカルト文学の展開
・9 : 特集=暗黒の聖域
・11 : 特集:幽霊屋敷

 背中の厚みを見る分には、5号がやや薄く、7号以降は月刊になったのもあってかこれまた薄い。
 12号が最終号となるはずなのに、11号では特にそんなそぶりが見られないのもちょっとした謎。突然決まったのかな。








 表紙。左上が4号、右上が5号。下は左から6,7,8号。
 途中から表紙の雰囲気が変わるなと思ったら描いてる人が変わっていた。8号以降は色数が減っているようだ。

雑誌「幻想と怪奇」一部表紙


 さて、残る10号と最終12号を探す旅に出るか……。


関連記事:
恐怖と幻想と幻想と怪奇と怪奇と幻想と幻想と恐怖と: 購入履歴・古本編7
雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.1感想:★★★★☆
雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.2感想:★★★★☆
怪奇と幻想で恐怖と幻想:購入履歴・古本編24
焼けているにもほどがある:購入履歴・古本編25


Theme:古本 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅢ』感想:★★☆☆☆ | ホーム | 『ロシアのクリスマス物語』感想:★★☆☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/135-841d413e