">
RSS|archives|admin


<<なんとなく、生殺し:購入履歴・新本編20 | ホーム | 『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅡ』感想:★★☆☆☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『アルラウネ』感想:★★★☆☆

2011.12.19 Mon


世界幻想文学大系〈第27巻 A〉アルラウネ (1979年)
世界幻想文学大系〈第27巻 A〉アルラウネ (1979年)H.H.エーヴェルス 麻井倫具 平田達治

国書刊行会 1979-08
売り上げランキング : 504377


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 かの有名なドイツ生まれの悪魔メフィストフェレスは、海を渡った先のイギリスでマーロウの手を借りて嘆く。
君は、神の顏をみたわたし、天國の永遠の悅を味わつたわたしが、かうして無限の祝福を奪われて、幾千の地獄の苦痛を受けないと思ふのか。(『フォースタス博士』 p.19, クリストファー・マーロウ 松尾相・訳)

 フォースタス、即ちファウストの慰めもメフィストフェレスの心にまで届かない。彼にとって天国は、神は、この上なく素晴らしい存在なのである。
 そんなにも素晴らしい神とは何なのだろうか?

善なるものはこの世の掟、あらゆる法則と厳格な規律のすべては善いものです。これらの規則を創り、法律と掟を創り給うた偉大な神は善なる存在です。そして、それらのもろもろを尊敬し、己の信ずる善の神に忠実に従いながら、謙遜と忍耐によって己の道を往くのが善良な人間というもの。(『アルラウネ・上』 p.8)


 神とは、あらゆる法則と規律、掟の父親だとエーヴェルスは記す。そしてそれに従うのが「善良な」人間なのだと。
 善良。善。なんだかとても、押しつけがましくはないだろうか。善? 規律は善。本当に? 忠実に生きることだけが我々の生なのか。それは罪人の如く個々人の脚に付けられた鎖に過ぎないのではないのか。
 むくむくともたげるのは反抗心。神の手によって綺麗に創られた善なる掟とやらに逆らってみたくはないだろうか。足首に巻き付く鎖から解放されてみたくはないだろうか。


 本書でそんな邪な反抗心を発揮するのは、フランク・ブラウンである。
 彼がその「着想」を得たのは、法律顧問官ゴントラム氏の屋敷で行われた宴会でであった。たまたま、そうたまたま、氏が祖先から受け継いだアルラウネが、飾られていた壁から落ちてきたのだ。アルラウネ、別名マンドラゴラが。
 アルラウネは絞首刑に処された罪人が最期の瞬間に零す精液と、大地との結びつきから生まれるのだ。それは持ち主に幸運と、そしてついには不幸を運ぶ。
 フランク・ブラウンが抱いた「着想」とは、アルラウネを人間の手で人間の姿として生み出すことであった。縛り首にされる罪人の死の間際の精液を、大地の如き淫乱な娼婦の子宮に人工授精させるのだ。
 彼は伯父である医学博士ヤーコプ・テン・ブリンケンをけしかける。
あなたには可能性が授けられた――神を試みるという能力がですよ! もしも神、あなたの神が生きておられるならば、この傲慢な問いにたいして答えて下さるにちがいありません(傍点省略)(『アルラウネ・上』 p.82)

 神を試みる。フランクが自ら言っているように、それは傲慢な問いかけである。そして、その試みの行き着く先は。
 悪魔メフィストフェレスの手を取ったマーロウのファウスト、フォースタス博士は遂には彼の手先であったはずのメフィストフェレスに引き裂かれて死ぬ。アルラウネは、持ち主に幸運と、不幸をもたらす。
 人間の手で生み出された少女アルラウネは、それを生み出した博士、周囲の人間、そしてフランク・ブラウンの人生を変える。アルラウネに近づきすぎた人間は、彼女の手の上で踊り、おぼれ、死ぬ。それも彼女を愛しながら。

 フランクが問うた傲慢さに、果たして神は答えるのだろうか。神はまだ生きているのだろうか。
 神に対する反抗には破滅以外の結末は存在し得ないのか。
掟は善、あらゆる厳しい規則は善なるもの。そして、それらを創り給うた神も、ともに善の世界のものであります。しかし、無恥な手で、永遠の掟の鉄の結合に掴みかかろうとする者、それは悪魔の子でなくて何でありましょう。
乱暴な主人である彼に手をかす者は、邪悪な人間です。この助けによって、彼は己の高慢な意志の命ずるがままに――あらゆる自然に反して――創造を企てるかもしれぬ。彼の創造したものは四天に聳え立つ、とはいえ、たちまち崩れ去り、それを考え出した厚顔無恥な愚か者を瓦礫の下に埋めてしまう――
(『アルラウネ・下』 p.285)









 そんなこんなで、『吸血鬼』に続いてのフランク・ブラウン登場の本書『アルラウネ』でした。両書に登場するフランク・ブラウンが同一人物なのかは定かではないが、個人的には同姓同名の別人であって欲しいなぁ、と思う。どちらのフランク・ブラウンもエーヴェルスの分身ではあるけれど。

 『吸血鬼』では精神的に不安定なフランクに寄り添った視点で語られるために、文章は奇妙に捻れ、意味不明な跳躍を繰り返していたが、今回の『アルラウネ』では視点はフランクから離れた三人称で展開する。
 故に、一文一文は平易で特に問題はないのだが、しかしそこはエーヴェルス、登場人物のほぼ全員が問題人物であり、文章は理解出来ても展開が理解出来ないという仕上がりに。
 まともな人が殆ど見つからないのは、もはや素晴らしい次元。しかも登場人物の記述の方法が名前だったり肩書き(それも複数あったりする)だったりと一定しないために、「アンタ誰だっけ?」状態に陥ること間違いなしという不親切さも完備。

 それでも最後まで読ませるだけの力があるのは流石だ。
 上巻の後半になってやっと生まれ、成長するアルラウネの周囲の人間への接し方と、被害者の狂いっぷり、そしてもたらされる破滅の苛酷さに容赦がなく、それ故に次の犠牲者が得るだろう不幸の中身が気になって気になってページを繰る手が止められないのだ。アルラウネの望み通りになど死んで欲しくないと思い、そしてやっぱり手酷く死んで欲しいと願う微妙なジレンマを体感出来る。
 また、フランク・ブラウンの驕りと他者を見下しあしらう手際が酷すぎて清々しいのだ。彼に良いように使われているように思われた伯父テン・ブリンケン博士の逆襲と、フランクを一度舞台から追いやる様には笑ってしまった。血は争えないとはこういうことを言うのだろう。


 アルラウネは絞首刑に処された極悪人と、娼婦の間に人工的な手法で産み出される人工受精児である。
 既に18世紀末にはジョン・ハンターによって初めての人工授精によって子供が生まれていたとは言え、この物語が書かれた頃にはまだ人工授精なる方法はSF的な未来の、つまりはまだ非現実的な要素の濃いものだったのだろう。
 だがもはや現在に於いては、人工授精は不妊治療で用いられるよくある方法に過ぎず、もっと「発展」した方法すら使われている。今や他人の腹を借りて我が子を得ることも可能なのである。もう少しすれば、誰の腹も借りずに子供が作れるようになるのかもしれない。
 自然の全てを神が創ったとの主張も、既に力を失ってしまった。自然=神の方程式が崩れた今、自然に反することに禁忌の色は薄い。

 大量生産、大量消費を旨とする現在では、我々は常に変わることを要求されている。新商品、新技術、革命、ブレイクスルーこそが求められている。
 前進し続けることを強いられる現状では、立ち止まることは即ち後退を意味する。取り残されることを恐れ、ひたすらに進み続け変化し続けるこの時代が創り上げようとしているのは一体何なのだろうか。
 それは「たちまち崩れ去り、それを考え出した厚顔無恥な愚か者を瓦礫の下に埋めてしまう」類のものなのか。それとも、もはやその主張こそが崩れ去った過去の遺物なのだろうか。


関連記事:
『吸血鬼』感想:★★★☆☆
記憶はいつだって曖昧模糊:購入履歴・古本編38
『フォースタス博士』感想:★★★☆☆
『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』感想:★★★★★
『サラゴサ手稿』感想:★★★★★


シリーズ別:世界幻想文学大系|作者別:エーヴェルス
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。





 フランク・ブラウンは『魔法使いの弟子』にも登場するんだそうな。
 ただ、決して安くないです、ね……。どこかに安くで売り出されてないだろうか。

Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<なんとなく、生殺し:購入履歴・新本編20 | ホーム | 『クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅡ』感想:★★☆☆☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/132-2ca715ed