RSS|archives|admin


<<『民衆本の世界―17・18世紀フランスの民衆文化』感想:★☆☆☆☆ | ホーム | 『遊女クラリモンドの恋―フランス・愛の短編集』感想:★★★★☆>>

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

付箋代わりに猫型クリップ:本の周辺

2011.11.12 Sat


 以前は本を読んでいて気になった箇所には付箋を貼っていたものの、面倒になった現在は本の端を折りドッグイヤーを作るようになってしまった。
 本の価値が下がるが、別に売る気はないので良いかなぁ、と開き直っている。
 が、問題は借りてきた本。それらにドックイヤーを作ることは出来ないので、必要な部分には付箋を貼っていた。
 右のポストイットの透明タイプがお気に入り。頭がカラフルで可愛い上に、下は透明なので付箋を貼ってもその下の文字が読める&そのままコピーも可能な憎いヤツ。
 けれど、彼との蜜月も今や終わった。
 理由は、私の趣味が変わって古めの本を借りるようになった結果なのか、この付箋が活字を剥がす比率が急上昇したこと。活字を剥がさなくとも明らかに紙が痛んでいるのが分かることも多くなった。


 そんな訳で付箋の代わりになり、更には私の財布のために付箋とは違い再利用可能なものはないのかなーと探した結果、まず見つけたのが、このクリップ。


 ミドリカンパニーのディークリップス。
 クリスマスツリー型やハート型など色んなタイプがあるのだけれど、ネコ型をチョイス。ちなみに30個入り。










 買ったので早速、使ってみた。お試し台に使っているのは、そこにあった私の本。
 写真の画質が普段よりも更に悪いのは何でだろう。

ネコ型クリップ・使用例

ネコ型クリップ・使用例その2


 クリップが立体的なこともあり、使うとページにクッキリとクリップ跡が残ることが判明。借りてきた本には使えない。
 けれども何度も使えて耐久性も高いクリップは魅力的な選択肢だ。
 つまりは立体的じゃないクリップなら良いのでは? と思い、次に買ったのがコレ。

Petit Clip(プチクリ)

Petit Clip(プチクリ)ネコ型


 東洋精密工業のPetitClip プチクリ。10個入り。
 利用可能な商品写真を見つけられなかったので、私が撮ったのを。2枚目は中身。

 私が買ったのは「伸び猫B」と「散歩猫B」というタイプ。私が買ったお店には同じ猫でも、お座りしてるタイプともう1種類、確か獲物を狙っている猫があったような。猫以外にもサクラや他にも複数あったかな?

 東洋精密工業と言えば、綺麗なブックマークを作っているところだなぁ。と思い出したので、ついでにご紹介。
 この蝶も素敵ですが、私が買ったブックマークはこれまた猫でした。それと薔薇と葉っぱのも持っているかな。黒の他にも金や銀色もあり、とても綺麗。
 ただ本体が滑らかすぎて、ちょっと傾けるとスルスルスルーとページの上を滑っていってしまう。
 付属の紐を出しておけばそれがストッパーになり、持ち運んでいる間に本から抜けて行方不明になることはないけれど、読んでる間はちょっと苛つく。
 更に加えれば、金色・銀色タイプだと自分の指紋が気になる。
 けれどそんな欠点を補って余りあるほどに素敵。


 と話が脱線した。件のプチクリを使ってみた。お試し台は前のネコ型クリップと同じ。写真が荒れているのも、同じ。
ネコ型プチクリップ・使用例

ネコ型プチクリップ・使用例その2


 平べったいクリップだけに、跡が残らない。付箋に比べれば紙も傷めないし、これは良い!
 ただ問題は、本体が平たい上に小さくて表面が滑らかなだけに、上のミドリカンパニーのクリップよりも付けるのが難しいこと。
 付箋に比べれば横長のこのプチクリでは、具体的にどの行を指定しているのか分かりにくい。
 更に、伸び猫はその形から、本によっては前足が本文の一文字目に届いて邪魔。形としては、伸び猫の方が好みなのに、ちょっと残念。


 と完璧とは言い難いものの、今のところではこのプチクリが一番良い。そんな訳で、これからこの黒い猫たちと仲良くしようと思います。
 黒以外のカラーバリエーションもあったりするのかなぁ。


関連記事:
付箋代わりに猫型クリップ・その2:本の周辺

Theme:本に関すること | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<『民衆本の世界―17・18世紀フランスの民衆文化』感想:★☆☆☆☆ | ホーム | 『遊女クラリモンドの恋―フランス・愛の短編集』感想:★★★★☆>>
name
title
mail
url

[ ]
Trackback URL
http://kkkate.blog.fc2.com/tb.php/107-690c1c3a