RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『キリール文字の誕生 スラヴ文化の礎を作った人たち』感想:★★★★☆

2015.10.28 Wed


キリール文字の誕生―スラヴ文化の礎を作った人たち―
キリール文字の誕生―スラヴ文化の礎を作った人たち―原 求作

ぎょうせい 2014-02-21
売り上げランキング : 839647


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 今でこそ自国の言語を大事になんて言うけれど、過去には優れたご近所さんに憧れて、自国のオリジナル部分を劣ったものと見做して投げ捨てていた時代もあった訳でして。
 日本でもそんなこんなは色々とあったが、国同士が近いが故にヨーロッパ諸国ではその流れが顕著でございました。同じ仕事内容でもフランス人ってだけでお給料が良かったりね。


 そんな今とは全く異なった時代に、粗野なものとしてその国の知識人からは捨て去られた地方諸国の言語に拘る必要に駆られたのは、熾烈な勢力争いをしていたキリスト教各派。
 まだキリスト教化されていないのは、非インテリ層のみ。伸びしろはもうそこしかない。彼らを取り込むために、禁忌を破り彼らの理解出来る言語での教化に踏み切ろうと教会が決めた時、問題となったのは、彼らの言語そのものの制定であった。
 教会各派が火花を散らす時代に、東欧諸国に己の勢力を伸ばすため、正教会が送り込んだのは言語の天才コンスタンティノス(キリール)とその兄メトディオス(メフォージイ)。
 東欧諸国の、また教会各派のパワーゲームに巻き込まれ、敵味方が目まぐるしく入れ替わる中、決して一枚岩とも呼べない各国やキリスト教各派に振り回されながらも、己の仕事を成し遂げんと努力した二人の物語。そして現在のキリル文字へと繋がる物語。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『サンクト・ペテルブルグ よみがえった幻想都市』感想:★★★☆☆

2015.10.27 Tue

サンクト・ペテルブルグ―よみがえった幻想都市 (中公新書)
サンクト・ペテルブルグ―よみがえった幻想都市 (中公新書)小町 文雄

中央公論新社 2006-02
売り上げランキング : 250574


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 サンクト・ペテルブルなのかサンクト・ペテルブルなのかがそもそもよく分からない、ロシアのかつての首都。
 ロシア語の発音規則に従えば、末尾はクになるはずだが、この書籍のタイトルでは濁っているから、サンクト・ペテルブルグが正しいのかもしれない。

 その成り立ちから因果なこの都市について、「サンクトと略すと『聖』って意味になっておかしい」なんてところから解説してくれる一冊。
 旅行者向けの書籍も随分と充実して来た現在、この都市に旅しようと前準備をしたことのある人には新規な情報は殆どなく、そもそも2006年の本書の古さも目に付くのだが、しかし、作者のこの複雑な歴史を辿った都市に対する愛情が伝わってきて、なんだかほっこりしてしまう一冊。
 この都市に興味をお持ちの方は、是非一読を。あっさり読めるので、そう時間もとりませんし。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ラザルス(世界怪談名作集)』感想:★★★☆☆

2015.10.23 Fri

世界怪談名作集 14 ラザルス
世界怪談名作集 14 ラザルスレオニード・ニコラーエヴィチ アンドレーエフ 岡本 綺堂

2012-10-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「犬」に続いてアンドレーエフの短編。こちらも青空文庫がkindle化したもの。そんな訳で無料。
 元は岡本綺堂編集の『世界怪談名作集』に収録されたものを一作ずつ分けたもの。下巻の方に収録されているようだ。初出は『澁澤龍彦文学館12 最後の箱』とのこと。
 感想はロシア語ブログの方に書いた以上のことは特に思い付かない……。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『犬』感想:★★★★☆

2015.10.17 Sat


犬レオニード・ニコラーエヴィチ アンドレーエフ 森 鴎外

2012-10-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 青空文庫が扱っている作品をKindle化した一作。元が青空文庫なので無料。
 Kindle版を読む利点は……、Kindleという慣れた環境で読めるってことくらいかな。なのでKindleに馴染みがなければ利点は皆無ということに。


 この「犬」は短編の中でも随分短い一作。紙で換算すると6ページとのこと。
 主人公はタイトル通りに犬。それもしょぼくれた、人に追い払われて人を憎むようになった犬。それが拠点にしていた別荘に、その持ち主の一家がやって来て……という物語。
 とても短いのに、いや短いからこそ、アンドレーエフの切れ味の良さが光る一作。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『劇場版 零~ゼロ~』感想:★★☆☆☆

2015.10.07 Wed

劇場版 零~ゼロ~ スペシャル・エディション [Blu-ray]
劇場版 零~ゼロ~ スペシャル・エディション [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2015-03-03
売り上げランキング : 28764


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 舞台となるのは、いかにもおっさんの想像しそうな清く美しい女子高。今時珍しい全寮制である。そして当然ながら、カトリックである。
 実際のところは、この時期の女の子ほど残酷な生き物もそうそういないだなんて、分かりきったことを今更言う気はないのだが、しかし、いかにも空想の女子高を描くなら描くで、徹底して頂きたい。途中で突如ハゲのおっさんが乱入してくるとか何事だよ。そのセンスが理解できない。
 原作者の持ちキャラだって? いやそんなこと知らんがな。

 加えて言うと、卒業式の後に「進路どうするの?」「専門学校に行こうかなと思っている」みたいな会話を行う意味も分からない。いくつか合格証をキープしておいて、土壇場で決める訳でもなくて、本当に白紙のようだ。
 うん、これ舞台は日本じゃないんですかね。これ4月からフリーター確定やないかい。
 ホラーという「怪」、つまりは「不可思議」を扱う映画である以上、それ以外の不可思議成分は要らないです、ホント。



 私たちはみんな、彼女に恋をしていた。
 迫る卒業式。この箱庭の如き高校生活にも、終止符が打たれようとしていた。待ち受ける変化に、胸がざわめく。未知なる始まりはどこか恐ろしく、近付く終わりは切なくも甘美である。
 だが変化は、卒業式まで待ってはくれなかった。皆の視線を集めるアヤ(中条あやみ)が突如、自室に閉じこもったのだ。誰にも理由は分からない。しかし、アヤは誰が説得しようとも、決して部屋から出ようとはしなかった。
 いつも視線の先にいたアヤが、いない。いつもの日常が欠ける。揺らぐ。

 事の前兆は、アヤが卒業式で歌うことを拒否したことだった。それは毎年、卒業生が歌うオフィーリアのソロパート。歌い手として同級生から推薦されたアヤは、しかしキッパリと拒絶した。普段とは全く異なる頑迷さで。
 それが同級生たちが彼女を見た最後だった。
 アヤのいない間にも、日々は流れ、卒業式は近付いて来る。生徒のそれぞれが、それぞれの不安の中に進路を描き出そうと苦心していた頃、事件は起こった。生徒が一人、いなくなったのだ。

 いや、一人だけではない。次々と。しかもこの事件には、アヤが関わっているとの噂が流れ始める。
 同級生を連続して失った生徒たちは恐慌に陥り、アヤを引っ張り出そうと部屋の扉を狂ったように叩く。日常はもうどこにも残ってはいなかった。
 失った平穏を取り戻すため、そして何よりも消えた友人を取り戻すため、ミチ(森川葵)はこの謎を解くことを決意するのだが――。
 以下、ネタバレかも。


Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |