RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『ST 赤と白の捜査ファイル』感想:★★★★☆

2015.09.10 Thu

映画「ST赤と白の捜査ファイル」 [Blu-ray]
映画「ST赤と白の捜査ファイル」 [Blu-ray]
バップ 2015-07-01
売り上げランキング : 1500


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ドラマ版のSTは楽しんだか? 赤城が好きか? 百合根警部が大好きか? 全問Yesなら、さあレンタルに走れ! この映画は君のためのものだ。
 あ、それ以外の方は、お呼びじゃないんでハイ。

 一言で表すのならば、ドラマ版STのファンディスクのような作品。
 とは言えど、ST大好きな私をもってしても前半は「なんという二時間ドラマクオリティ……。二時間ドラマをCMナシで見るためにお金払ったのかな私」との感想を持った。後半は派手な演出が増えて2時間ドラマ感は薄れるのだが、代わりにご都合主義感が頭をもたげてくる。
 個人的には星4つだが、これは私がST大好きだから評価がゲロ甘なだけです。これ私の個人的感想なんで。客観的に評価をするなら、星2つが精々だと思います。



 百合根警部(岡田将生)がSTを去るまで、あと三日。そんなタイミングで事件が起きた。百合根が率いるSTとしては最後の事件になるだろう。
 彼らが追うのは、信号機をハッキングし自動車同士の衝突を誘発させた天才ハッカー・鏑木徹(ユースケ・サンタマリア)。科捜研の中でも特に優秀な者を集めたSTが担当するに相応しい相手だ。
 張り切る百合根に対して、赤城左門(藤原竜也)の暴走はいつも以上に酷い。協調性を身に付けたハズなのにと憤る百合根に目もくれず、赤城は独走を続ける。
 性格に問題はあるが優秀なのは確かな赤城は、犯人の部屋としてある住所を捜査陣に提示する。が、それは赤城が仕組んだ嘘であった。

 赤城の行動に疑問を覚えながらも、向かった鏑木の部屋。だがそこは火に包まれていた。そこに転がっていたのは鏑木の焼死体。彼のパソコンから発見されたのは、何と赤城の捜査費着服の証拠データであった。
 その上で赤城は鏑木殺害の犯行を自供。手錠を嵌められSTの面々の前から連行された――のも一時、脱走。
 赤城の無罪を信じる百合根に対して、残されたSTのメンバーは赤城逮捕のためにウッキウキで捜査を開始するのだった。

 そんな彼らの姿に衝撃を受けつつも、それでも一筋に赤城を信じる百合根は、捜査本部を抜け出し赤城との合流を図る。
 STメンバーvs赤城&百合根。果たして勝つのはどちらだ? 鏑木殺害の犯人は本当に赤城なのだろうか?
 以下、ネタバレっぽい。


スポンサーサイト
Theme:映画レビュー | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』感想:★★★★★

2015.09.09 Wed

ST赤と白の捜査ファイル Blu-ray BOX
ST赤と白の捜査ファイル Blu-ray BOX
バップ 2014-12-24
売り上げランキング : 7574


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 貫けB級! 徹しろエンターテイメント!
 揺るぎのない制作陣の姿勢に、俳優陣が豊かな演技力で楽しげに応じる一作。回を重ねるにつれパワーアップする、事件が解けた時の藤原竜也のリアクションがハイライト。
 つまり藤原竜也が凄い。

 前作の二時間ドラマ版で引き籠もりから脱し、上司である百合根警部(岡田将生)との信頼関係を築き始めた赤城左門(藤原竜也)。
 だが現場に姿を現したら現したで、誰にも配慮しない毒舌っぷりで関係者を苛立たせるのであった。赤城筆頭に問題児ばかりを抱えるST(警視庁科学特捜班)の面々を率いる百合根の苦労は尽きない。
 秩序恐怖症の僕っ子プロファイラー青山翔(志田未来)、匂いだけで化学物質を特定するほど鼻が効く肉体派の無口・黒崎勇治(窪田正孝)、黒崎が唯一心を許す相手にして僧侶でもある山吹才蔵(三宅弘城)、声から嘘を見抜く異能の持ち主であり閉所恐怖症の美女・結城翠(芦名星)。

 STの全員がそれぞれに抱えている問題故に、まともに人間関係を築けない。社会に溶け込めない。彼らが唯一他人と関係を結べるのは、事件を解くことを介してのみである。
 だからこそ必死に、事件に立ち向かう。毒舌であったり上から目線であったりと、その姿は傲慢そのものに映るが、それは社会から疎外された自分を守るための鎧に過ぎない。その鎧故に、彼らはさらに疎外されるのだが。
 それでも次々と起こる事件を解決することによって、彼らSTは少しずつ信頼を得ていく。また彼ら各々の背景が徐々に明らかにされ、己の抱える問題と向き合うこととなる。


Theme:テレビドラマ | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |