RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『殺人者の顔』感想:★★★★☆

2015.08.29 Sat

殺人者の顔 (創元推理文庫)
殺人者の顔 (創元推理文庫)ヘニング マンケル Henning Mankel

東京創元社 2001-01
売り上げランキング : 59881


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 日常。常なる日々。だがそんなのは、まやかしだ。変わりの無い日々は、突然に変わる。
 平凡な家族だと思っていたのに、娘は十五の時に突如自殺を図った。田舎にはどこにでもいる貧しい農夫の隣人は、突如惨たらしく殺された。


 スウェーデンの片田舎イースタ署に務める刑事、クルト・ヴァランダーの人生は狂ってしまった。平凡だけれどもそれなりに幸せな家庭を築けていると思っていたのに、十五歳になった娘リンダは自殺を図った。その理由は、今でも分からないままだ。
 それからリンダとの関係はこじれてしまった。彼女は家を出て行方もよく分からない。たまにヴァランダーに寄越す電話だけが彼と娘とを繋いでいる。
 妻のモナは家を出た。ヴァランダーといると自分の人生が駄目になると言う。ヴァランダーには分からない。
 ヴァランダーに分かるのは、自分は孤独だということだけだ。そんな彼に追い打ちを掛けるように、老夫婦の惨殺事件が起こる。
 第一発見者である隣人が言うには、彼らはこの田舎ではありきたりな貧しい農民夫婦だったと言う。だが彼らの殺され方は「ありきたり」とは言えない。妙だ。
 虫の息の妻が残した最後の言葉は「外国の」。外国人排斥運動が吹き荒れるスウェーデンでは、その言葉は致命的になり得た。この惨たらしい事件の犯人が外国人だなどと知られれば、その報復に国内で保護されている亡命者が襲撃されるのは必須であった。

 ヴァランダーたちはこの情報を秘匿することを決めるが、しかし情報は漏れてしまった。署内に裏切り者がいるのだ。
 そして彼の危惧した通り、外国人を襲撃するとの予告がもたらされる。何の罪もない亡命者たちを守るため、何の罪もない老人を殺した犯人を捕まえるため、ヴァランダーは精神的にも肉体的にもボロボロになりながらも事件を追う。

ヴァランダーは理解しようと努めた。しかし、結局最後には、さんざん考えてきたことに戻るのだった。いま自分がいるのは新しい世界なのだ。そのことがいままではよくわからなかった。警官としての自分は、ほかの、もっと古い世界に生きている。どうしたらこの新しい世界についていけるのだろう。世の中の大きな変化、それもとんでもない速さで変わる世の中に、自分は不安を抱いている。その不安を、どうしたらいいのだ?(p.349)



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本ドラマ『ST 警視庁科学特捜班』感想:★★★★☆

2015.08.26 Wed

ST 警視庁科学特捜班(Blu-ray Disc)
ST 警視庁科学特捜班(Blu-ray Disc)
バップ 2014-07-02
売り上げランキング : 3835


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 全力でB級を貫く姿を愛したい。戦隊モノみたいに、それぞれに専用カラーがあるとか、もうある意味徹底している。
 2014年の連続ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』に先だって単発で放送された二時間ドラマ。

 STとは、Scientific Taskforce(警視庁科学特捜班)の略称。優秀な科学者たちを集めて科捜研内に新設された部署――のはずだが、設立して二年、一度も事件を解決していない。
 その尖った優秀さと同じくらいに尖った個性のせいで、彼らは警察内での問題児であった。そんなSTの統括官として新たに任命されたのは、キャリア組の百合根友久(岡田将生)。……体の良い左遷の匂いがする。

 百合根警部が任命されてから一週間後。日本初の無差別発砲事件が起こる。この捜査に久しぶりに呼ばれたのが、STであった。
 だがSTを率いるリーダーである法医学者・赤城左門(藤原竜也)は、会議の場にも出て来ず自宅に居た。当然その態度に、他の捜査官からは不満が噴出する。
 実は赤城は、過去のある事件のせいで人間不信になり、結果、引き籠もりになってしまったのであった。

 リーダー以外もメンバーは問題だらけである。
 青山翔(志田未来)はアメリカの大学を飛び級で卒業した天才であり、専門はプロファイル。だが極度の秩序恐怖症であり、整理整頓されている環境に遭遇すると取り乱す。
 結城翠(芦名星)は物理学者。異様に聴覚が発達しており、千里耳な上に話者の嘘をも見抜く異能の持ち主である。が、閉所恐怖症を拗らせた結果、服装が超開放的。だが束縛されることを嫌うが故に彼氏も作れず、未だに経験は無い。
 黒崎勇治(窪田正孝)はST唯一の肉体派。専門は化学。異常に鼻が効き、現場に残された臭いから化学物質を特定することすら可能である。負け知らずの肉体派だが、先端恐怖症。尖った鉛筆すら許せない。先端恐怖症が悪化した結果、人間の言葉にすら棘を感じるようになってしまい、会話すらままならなくなってしまった。唯一の例外は山吹である。
 黒崎とコンビを組むのが山吹才蔵(三宅弘城)。黒崎の言葉を皆に伝える役割である。化学担当。寝るとそのまま死んでしまうのではないかという恐怖に囚われており、いっそ眠らずにいればいいとの極論に達した。それを実行するために昼間はST、夜は僧侶として働いている。


Theme:テレビドラマ | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『蜘蛛 (世界恐怖小説全集・11)』感想:★★★☆☆

2015.08.22 Sat

蜘蛛 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第11〉)
蜘蛛 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第11〉)植田 敏郎

東京創元社 1959
売り上げランキング : 2246199


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 H・H・エーベルスの短編集かと思ったが、違ったぜ。
 収録作品は以下。

・「ロカルノの女乞食」 クライスト
・「たてごと」 ケルナー
・「蜘蛛」 エーベルス
・「みいら」 エーベルス
・「死んだユダヤ人」 エーベルス
・「イグナーツ・デンナー」 ホフマン
・「世襲地」 ホフマン

 エーヴェルスとホフマンが同居してるって時点で結構アレだよなぁ……。
 特にどこにも書かれていないけれど、ドイツ縛りでお送りしている模様です。
 あとどうでもいいが、目次では解説は251pからとなっているが、実際は283pから。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アメリカドラマ『サムの戦術(バーン・ノーティス 元スパイの逆襲シーズン4 スピンオフ)』感想:★★★★★

2015.08.21 Fri

バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン4 スピンオフ [レンタル落ち]
バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン4 スピンオフ [レンタル落ち]
2012-01-07
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 タイトルはhuluに従ったが、FOXなどでは「サム・アックス最後のミッション」になっている。
 シーズン4で男前っぷりを上げたサム・アックスが主役な一時間半の特別編。マイアミで金持ち女を引っかけてヒモ生活を満喫していたサムの過去、知られざる最後の軍務を描いた一作。
 ちょっとだけ登場するマイケルがちゃんと若く見えることに感動した。


 海軍特殊部隊所属のもて男サム・アックス(ブルース・キャンベル)が夜を満喫した美女は、なんと海軍提督の妻だった。慌てて逃げ出すサムだが、置き忘れたベルトによってあえなく御用に。
 怒り狂う提督によりサムが送り込まれたのはコロンビア。ご丁寧に目立つ色の迷彩服まで与えられての特別任務だ。仕事内容はテロ組織「エスパーダ・アルディエンテ」を、コロンビア民兵と組んで掃討すること。
 民兵の代表者は英語の堪能なベラクルス隊長(ペドロ・パスカル)。サムとの共通の話題もあり、なかなか好調な滑り出しだ。
 が、エスパーダ・アルディエンテが次に襲うとの情報が入った診療所に向かったサムと民兵の一行だが、テロ組織に狙われる理由はないと医師のベン(ロンリーコ・リー)と、居合わせた食糧支援を行っている女性アマンダ(キエレ・サンチェス)にけんもほろろに追い払われてしまう。

 食べ物欲しさに駐在地に泥棒に入った地元の少女ベアトリス(イルザ・ロザリオ)を厳しく問い詰める民兵達の振る舞い、サムをまるで監視するかのようなベラクルス隊長の行動。違和感は徐々に強まっていく。
 真実を見出すために一人駐在地から抜け出たサムは、ついに民兵たちの狙いの真相を知ってしまい……。


Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アメリカドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲(シーズン4)』感想:★★★★★

2015.08.14 Fri


バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン4 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン4 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-07-03
売り上げランキング : 9646


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 「重要なのは個々の能力ではない。チームワークだ」なんて言っちゃうマイケルかっこいい!な今シーズン。個々の能力も十分なメンバーがいるのに、こう言えちゃうのが素敵なんだよね。

 そんなマイケル(ジェフリー・ドノヴァン)だが、シーズン3ラストで「これで何回目だよ」な連れ去り被害に遭う。やたらと豪華な部屋に通された彼の前に姿を現したのは、いかにも裏のありそうな男、ヴォーン(ロバート・ウィズダム)。
 マイケルはスパイに復職するため、とりあえず彼の指示に従うふりをすることを決めた。
 マイケルがいない間も仲間のフィオナ(ガブリエル・アンウォー)、サム(ブルース・キャンベル)は以前と変わらず人助けに勤しんでいた。母親のマデリン(シャロン・グレス)も健在だ。
 以前はあれほどに自分の失踪に動揺していたのに、今回は普段と変わらぬ仲間たちの姿に逆に動揺するマイケルだが、彼らは彼らでマイケルのためを思い動いていたのだ。
 両者の間に生まれるしこり。しかしヴォーンの命令は待ってはくれない。フィオナの嫌みをいなしながらも彼の指示通りに情報を盗みに行った結果、目の前で無実のスパイが逮捕される。彼は解雇されるだろう。

 自身の復職のために他者を解雇させてしまった。解雇される苦しみを知るマイケルは大いに動揺する。己を嵌めた相手に復讐心を滾らせる元スパイ2号の名は、ジェシー(コビー・ベル)。
 マイケルは彼も復職させるべく、自分が彼の解雇の原因であることを伏せたまま、仲間に引き入れるのだった。
 直情であるだけに、マイケルのその行動に反発を抱くフィオナ。マイケルもまた後ろ暗い自分に葛藤を抱える。その脳裏に甦るのは、「いつか俺のようになる」と鋭く笑った凶悪犯サイモンの声。
 仲間はこのまま分裂してしまうのか? ジェシーに真相を伏せ続けることは出来るのか?
 マイケルを自分好みの人殺しにしようとするラリー(ティム・マシスン)も、マイケルに凄まじい執着心を見せる頭の切れるサイコ野郎ブレネン(ジェイ・カーンズ)も健在だ。

 果たしてマイケルはスパイに復職できるのか? その前に彼を付け狙う敵に殺されてしまうのだろうか。
 フィオナとの不協和音、そして新しい仲間ジェシーに秘密を抱えたまま、マイケルは今日も復職のため、またのっぴきならない事情を抱えた依頼人のために硝煙の匂いの中を走るのだった。


Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『森は生きている』感想★★★★☆

2015.08.11 Tue


森は生きている (岩波少年文庫)
森は生きている (岩波少年文庫)サムイル マルシャーク Samuil Marshak

岩波書店 2000-11-17
売り上げランキング : 74321


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 タイトルだけを見ると、環境問題を扱った作品かのように思えるが、これは『シンデレラ』に代表される継子イジメ物語のロシア版。
 なお原題は"Двенадцать Месяцев"、直訳すると『12か月』。これはこれで『クレヨン王国十二か月の旅』を連想する……のは私だけだろうか。
 人形劇のために書かれたので、物語は戯曲形式を取っている。そんな訳もあり、登場人物に名前はない。


 主人公である「ままむすめ」には、継子イジメ物語にはお約束ながら、継母と義理の姉が。そして二人の性格は悪い。
 しかしこの物語には、性格の悪い人物がもう一人。それはこの国の女王様。早くに両親を亡くし、ままむすめとそう歳の変わらぬ子供ながら、この国の君主となった。両親の悪いところばかりを受け継いだと作中で噂される彼女だが、しかし教えを垂れてくれる教師はいない。

 大晦日の寒い日、ままむすめは薪を取りに森へと行かされる。そこで見たのはリスとウサギの会話。
 思わず笑う娘に話しかけたのは、女王のための新年のモミの木を手に入れよと命令された老兵士。彼は言う、大晦日にはどんな不思議なことだって起こるのだと。老兵士は彼女に、彼のおじいさんのおじいさんのおじいさんが大晦日に12の月の全て、つまり1月2月3月…、と出会ったとことがあると教える。

 兵士に手伝ってもらいようやく薪を集め終えたままむすめは家へと帰るが、そこで待っていたのは意地悪な義理の家族だけではなかった。なんと我が侭女王による我が侭なお触れが出ていたのだ。
 なんの気の迷いか、女王は新年の祝いの席にはマツユキソウ(スノードロップ)がなくてはならぬと言う。この地では4月にしか咲かぬ花だ。目的の花を持ってきた者には褒美をやるとのお触れを出したものだから、さぁ大変。欲深い継母と姉は、早速ままむすめを再び森へと追い立てるのでありました。
 ままむすめに言い渡される、「マツユキソウを見付けるまで帰ってくるな」との残酷な命令。渡された籠は、失っても惜しくないボロなのだから、意地悪もここに極まれりである。
 己の死を覚悟しつつ夜の森へと踏み出す、哀れなままむすめ。しかし今日は大晦日。どんな不思議だって起こりえる日なのだ。




Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |