RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

第二回文学フリマ大阪に行って来た:購入履歴・新本編183

2014.09.16 Tue

第二回文学フリマ大阪


 14日に開催された「第二回文学フリマ大阪」に行って来た。
 場所は大阪堺市の堺市産業振興センター、イベントホール。最寄り駅は大阪市営地下鉄御堂筋線なかもず駅、南海高野線中百舌鳥駅。

 最近は大雨に見舞われまくっていた大阪だけれど、当日は気持ちの良い晴れっぷり。あまり暑くもなくてなかなかに快適でした。

よいお天気


 私は12時くらいに会場に到着。あまり会場は広くはないけれど、思った以上の人足でビックリ。
 刻々と人出は増えて、私が帰った14時くらいが一番人が多かった印象。その後、更に増えたのかもしれないけれど。
 アットホームな感じでなかなか楽しかったです。気軽に足を止めて立ち読み出来るし、気軽に会話も出来るしで、距離感が丁度良い感じ。
 あちこち回って表紙や装丁を眺めてみたけれど、どこも凝っていて感動しました。
 なお、立ち読みする度胸がない方にも安心なことに、舞台上に見本誌が一箇所に集めてあるのでここで思う存分物色してから実際にお買い物に旅立つことも可能となっております。
 次回があればまた行きたいです。


 と、イベントに関してのレポはこの程度で止めて、続き以下は私のお買い物メモ。


スポンサーサイト
Theme:最近読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

思いの外のサイズ:購入履歴・新本編182

2014.09.08 Mon


 以前にも書いたけれど、書肆盛林堂さんのネット販売の取り扱いが拡大されていたので、一冊注文してみた。

ガニメデ テイクオーバー


 タイロス出版という名前で個人出版されている「未訳作品 翻訳シリーズ」の一冊『ガニメデ テイクオーバー』でした。


Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『超高速! 参勤交代』感想:★★★☆☆

2014.09.07 Sun


超高速! 参勤交代


 上映終了ギリギリで見に行ったよ、『超高速! 参勤交代』。
 なんと言うか……うーん。お約束でも面白く感じる時と感じない時の差は、一体どこに宿るんだろうなぁと考えてしまった一作。


 徳川八代目将軍吉宗の時代、藩主たちは幕府から課される参勤交代に難儀していた。
 その中の一人、現在の福島県に位置する湯長谷藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は、江戸での生活を終えて無事に戻って来た。参勤交代とは金の掛かるもの。此度の参勤で、弱小藩である湯長谷の懐は空っぽになってしまった。
 政醇の家老であり知恵者との評判高い相馬兼嗣(西村雅彦)は増税を提案するが、政醇は首を縦には振らない。数年前の飢饉の余波がまだ残っていると言うのだ。
 あの金山が生きていれば良かったのに、と二人は顔を見合わせる。だがそれも、絵に描いた餅。無いものは無いのだ。
 貧乏でもこの地の土から生み出される作物だけで充分だとのんびり宣う政醇の元に、意外すぎる知らせが届けられる。

 なんと湯長藩が金の産出を隠していると疑われたのだ。その疑惑に対して申し開きがあるのならば、五日以内に江戸に参勤せよとの仰せ。
 金が出るとの誤った情報を信じた幕府要人が、湯長藩を取り潰して自分のものとするための難癖だと政醇らは感じたが、しかしこちらは田舎の弱小藩。取り潰しを免れるためには、期限内に江戸に参らなければならない。
 とは言え、普段の参勤交代では八日は掛かる道のりだ。果たして五日で辿り着けるものなのだろうか?


Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |