RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『馬車の歴史 古代&近代の馬車(うまはくブックレット No.3)』感想:★★★☆☆

2014.02.28 Fri


馬車の歴史 古代&近代の馬車 (うまはくブックレット(3))
馬車の歴史 古代&近代の馬車 (うまはくブックレット(3))川又 正智 末崎 真澄

神奈川新聞社 2000-12
売り上げランキング : 1184292


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ブックレットの名前の通り、薄い一冊。

 収録は以下。
・「古代中国の馬車」 川又正智
・「東西文明に見る馬車文化」 末崎真澄
・座談会 馬車を操縦する



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

思いの外:購入履歴・新本編152

2014.02.27 Thu


 割と久しぶりに、大きな書店に行って来た。
 目的は、

S-Fマガジン 2014年 04月号 [雑誌] アルクトゥールスへの旅


こちらの2冊。「SFマガジン」の2014年4月号と、『アルクトゥールスへの旅』なのでした。
 どちらも見つけられなくて右往左往してしまった。
 「SFマガジン」は普段雑誌を買わないから、そして『アルクトゥールスへの旅』は表紙が背景に溶け込みすぎていて。
 『アルクトゥールスへの旅』の表紙は、凝っているんだろうけれど、なんだかイマイチぱっとしない気が……。
 この文遊社さんは変わったラインナップなので、末永く頑張って頂きたいですね。
 「SFマガジン」は、ピーター・ワッツの短編が載っているからだったのだけれど、今見ると「オマージュ」って書いてあるぞ。オマージュ元知らないんですけど!


Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

本棚にて眠る:購入履歴・新本編151

2014.02.23 Sun


 先日huluで見たBBCのドラマ『刑事ヴァランダー』が最高に面白かったので、近所の本屋さんでその原作を探してみた。
 小さなところなので期待していなかったけれど、けれどもそのお店は創元文庫が割と充実しているのでちょっと期待しながら行ったところ、半分ほどあった!

殺人者の顔 (創元推理文庫) リガの犬たち (創元推理文庫) 白い雌ライオン (創元推理文庫)
ファイアーウォール 上 (創元推理文庫) ファイアーウォール 下 (創元推理文庫)


 刑事ヴァランダーシリーズ1『殺人者の顔』、シリーズ2『リガの犬たち』、シリーズ3『白い雌ライオン』、シリーズ8『ファイアーウォール』でした。
 『フィイアーウォール』は邦訳が出ている中では最新作。現時点ではあと2作ほど、未翻訳の作品が存在する模様。

 残りのシリーズは注文してきた。まぁその内に手に入れられるだろう。
 何気にいつも疑問なのだが、小さな書店に客注を出させるのって書店側からしたら別に儲からないのだろうか。
 特に書店側に利点がないのなら、Amazonその他で買っても良いのですけれど。


Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

微熱なる日々:購入履歴・新本編150

2014.02.22 Sat


 風邪なのか花粉症なのか、判然としない今日この頃。3日ほど前に書肆 盛林堂さんから、『船長ブラスバオンドの改宗』が届いたよ。

表紙 裏表紙


 表紙が綺麗だったので、裏表ともに写真を撮ってみた次第。
 透明なカバーが付いていたので、変に光りが入ったのを補正したら、裏と表で色味に差が出てしまったよ



Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

イギリスドラマ『ホワイトチャペル 終わりなき殺意(シーズン1)』感想:★★☆☆☆

2014.02.22 Sat

ホワイトチャペル シリーズ1[PAL-UK][リージョン2][日本語字幕無]
Whitechapel Series1/ホワイトチャペル シリーズ1[PAL-UK][リージョン2][日本語字幕無]

売り上げランキング : 143687


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 またしてもhuluで見たよ。
 『刑事ヴァランダー』、『時空警察 ライフ・オン・マーズ』に続いてBBC制作の作品。ただBBCも複数に分かれている(?)みたいだけれど。
 各45分、全3話のサックリ見終わる作品。シーズン2以降もあるそうだが、huluにはない。



 2008年、ホワイトチャペルで女性が殺害される事件が起こる。ただの殺人事件ではない。被害者は無残な姿であった。
 事件の解決を任されたのは、順風満帆な出世街道を歩むキャリア、ジョー・チャンドラー(ルパート・ペンリー=ジョーンズ)。
 初めての殺人捜査に張り切るチャンドラーに対して、彼の部下となった叩き上げの刑事たちの反応は冷たい。お偉方が次々と腰掛けては去っていく様を見てきたせいだ。
 チャンドラーもまた「腰掛け」の一人に過ぎないと見做した彼らは、ベテラン刑事レイ・マイルズ(フィリップ・デイヴィス)を実質的な指揮官と仰ぎ、捜査を開始する。

 一方、切り裂きジャック研究家であるエドワード・バッカン(スティーヴ・ペンバートン)は、今回の殺人者が120年前の伝説的殺人鬼・切り裂きジャックの模倣犯であると確信する。
 その考えを聞いたチャンドラーは賛同するが、マイルズたち部下には鼻も引っ掛けて貰えない。
 それでも上司の権限で次なる殺人が行われるであろう場所に張り込みを行ったところ、予想された通りの事件が起こる。
 切り裂きジャックの再来だ。
 マイルズと同じくチャンドラーの意見を否定していた警察上層部にも動揺が走る。だが殺人を予期しながらも阻止出来なかったとのスキャンダラスな事態を隠すため、報道陣に一切を伏せることが求められるが、しかしどこかから情報が漏れてしまい……。


Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

イギリスドラマ『時空刑事1973 ライフ・オン・マーズ(シーズン1)』感想:★★★☆☆

2014.02.16 Sun

時空刑事1973 ライフ・オン・マース DVD-BOX I
時空刑事1973 ライフ・オン・マース DVD-BOX Iマシュー・グラハム

ポニーキャニオン 2008-11-28
売り上げランキング : 134085


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 ライフ・オン・マーズ。それはまるで火星で暮らすかのように。
 2006年。マンチェスター警察のサム・タイラー警部(ジョン・シム)は、連続女性殺人事件の捜査に必死になっていた。
 事件に関係していると確信した人物には、だが完璧なアリバイがあった。しかしサムの元恋人で現在の部下であるマヤ(アーチー・パンジャビ)は納得がいかない。彼女はサムに黙って調査に乗り出し、そして拉致されてしまう。
 彼女の窮地を知ったサムは慌てて車から飛び降り、そして後続車に轢かれた。
 地面に横たわるサムは、瞬きすらしない。そう彼は死んだ……わけではなかった。

 次にサムが目を覚ました時、彼の車も服もそれどころか道路すらも、古めかしい代物へと変わってしまっていた。目の前には、時代がかった衣装の警官が。
 サムはなんと、2006年から1973年へとタイムスリップを果たしたのだった。
 だがサム・タイラーの肩書きは警部から警部補に降格してはいたが、あった。異動届までちゃんと出ていたのだった。

 腑に落ちないことだらけながらも、警部補として働き始めたサム。だがそこは1973年。刑事は勤務中にも関わらず酒を呷り、女性蔑視と暴力と汚職が渦巻く時代。
 現代人であるサムには理不尽と思えることだらけの中、彼は上司であるジーン・ハント警部(フィリップ・グレニスター)と対立しながらも、必死に捜査を始める。
 この1973年に別れを告げて、2006年に戻るために。同じ場所のはずなのに、火星に来たかのような違和感だらけの中、サムの必死さが捜査チームを徐々に変えて行く。


 シーズン1は各50分の全8話。
 同じBBC制作ながら『刑事ヴァランダー』や『シャーロック』とは異なり、アメリカドラマのようにスッキリしない最終回を迎える。
 このシリーズはシーズン2までが既に制作され、ラストシーズンが現在制作中らしい。


Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン2)』感想:★★★★★

2014.02.16 Sun

刑事ヴァランダー シーズン2 DVD-BOX
刑事ヴァランダー シーズン2 DVD-BOX
角川書店 2011-08-05
売り上げランキング : 71847


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 シーズン2のDVD-BOXデザインも、シーズン1とほぼ一緒のやる気のなさで私は悲しい。という訳で連続して『刑事ヴァランダー』の話。
 シーズン1の最終話で「ヴァランダー可哀想」とか言ってたのに、このシーズン2ではもっと可哀想なことになっていたよ。もう止めてあげて、真面目に。
 このシーズン2の最終話のラストシーンはなんだか爽やかな顔してたけど、本当に大丈夫なのかいヴァランダーさん。
 とりあえず早くシーズン3を作ってくださいBBCさん。


 私生活に問題を抱えながらも、一部に折り合いをつけ一部を無視することで何とか暮らすクルト・ヴァランダー。彼が勤務するのはスウェーデンの小都市の警察署だが、その割に深刻な事件が頻発する。
 関係者が語らない・語れない真実を求め、事件の真相を深く烈しく求め続けるヴァランダーが辿り着くのはスウェーデンの抱える闇、そして人間が抱える闇。
 真実が明らかになったとしても、それが人を救うとは限らない。むしろ暴かなくてもよい影に光を当て、醜悪なる存在を直視する羽目になるかもしれない。

 そんなことはヴァランダー自身が一番良く知っている。ならばどうして求めるのか。
 殺された被害者のために? だが被害者が善人だとは限らない。
 混沌を終息させ、一つの真実に終着させるため?
 ――いいやきっと、犯人のためなのだ。人を殺すという重大な判断を下した、追い詰められた人間のために。
 あるいは単に、それがヴァランダーの存在意義だからなのかもしれない。


 今回もシーズンは全3話、各90分。タイトルはそれぞれ、「殺人者の顔」、「笑う男」、「五番目の女」。
 シーズン1のような衝撃的な死体はなかった気がするが、それ以上に精神的に辛い展開が多い。
 一話完結タイプなので、シーズン1を見ていなくとも問題はないと思う。


Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

イギリスドラマ『刑事ヴァランダー(シーズン1)』感想:★★★★☆

2014.02.15 Sat

刑事ヴァランダー シーズン1 DVD-BOX
刑事ヴァランダー シーズン1 DVD-BOX
角川書店 2011-07-07
売り上げランキング : 68095


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 またしてもhuluで見たよ。配信期限が今月16日までなのが悔やまれる秀作。
 黄色が印象的なオープニングなのに、DVD-BOXのデザインには採用されていなくて心底残念。

 私生活が崩壊しそうな中年刑事が仕事に打ち込む、とのよくあるドラマだと最初は思っていたが、これがこれが。
 徐々に明らかになる事件の真相が照らすのは、人間の闇。関係者たちが中核を語らないのは、それが語れないからだと知る。
 ああもう止めてくれ。何度もそう願うけれども、ドラマは止まらない。止められない。
 私生活どころか精神的にも崩壊しそうになりながらも、中年刑事クルトは真っ直ぐに真実を追い求める。その行為自体が、彼が彼である根源すらをも揺らしても。

 各シーズンは全3話、各90分。タイトルはそれぞれ「目くらましの道」、「混沌の引き金」、「友の足跡」。
 舞台となるのはスウェーデンで表記もあちらの文字だが、台詞は全部英語というちょっと謎めいた状態。
 ロケ自体もスウェーデンで行ったそうだ。

 それと死体が何気にグロいので、その手のが苦手な方はご注意ください。


Theme:海外ドラマ(欧米) | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |