RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

作った素材のメモ

2013.12.31 Tue


 「ソログープ日本語翻訳作品一覧 その1」他のソログープまとめ記事で使った素材と、作ったものの使わなかった素材を、折角だからご紹介。
 全ての元は「亡き王女のための研究室」サイト様。
 元のサイト様の姿勢を受け継いで、利用・加工はご自由に。



大きい
border-001-001.jpg



小さい




スポンサーサイト
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ソログープ翻訳作品一覧:全集との比較

2013.12.31 Tue



 "БИБЛИОТЕКА РУССКОЙ КЛАССИКИ"のサイトにて、モスクワにある出版社Интелвакによるソログープの全集がほぼ全て公開されていたので、それを利用させて頂き、ソログープの翻訳作品を纏めた。

 本当にほぼ全てが公開されており、ロシア語が出来る方ならば何の問題も無くソログープの全作品にアクセス出来る。
 が、悲しいかな私は読めないので、こうやって馬鹿に長いリストを作ることにした。

 詩人としても知られるソログープではあるが、あまりに膨大となるので対象は小説・戯曲のみとした。
 小説・戯曲以外の収録作は灰色表記、また翻訳があるものに関しては代表的な邦題を付し、太字表記とした。
 日本語翻訳がなくとも英語翻訳版が存在する場合は、英題を記載した。



 ロシア語は機械翻訳に全面的に依存している。
 勘違い、間違い等があれば指摘いただけると助かります。また情報の抜けがありましたら、どうぞご指摘ください。


 基準にしたソログープ全集は全8巻(本体6巻附録2巻)。
 目次内容ともに、БИБЛИОТЕКА РУССКОЙ КЛАССИКИサイト内Федор Кузьмич Сологуб(1863–1927)のページによる。
 付されている日本語・英語部分は私の手による。
 日本語あるいは英語翻訳があるものは太字で示した。翻訳タイトルは共に最も一般的と思われるものを選んだ。
 小説以外は灰色表示で区別した。


Собрание сочинений в восьми томах
                                 (Интелвак, モスクワ, 2000年)
ТОМ 1. ТЯЖЁЛЫЕ СНЫ
ТОМ 2. МЕЛКИЙ БЕС
ТОМ 3. СЛАЩЕ ЯДА
ТОМ 4. ТВОРИМАЯ ЛЕГЕНДА
ТОМ 5. ЛИТУРГИЯ МНЕ
ТОМ 6. ЗАКЛИНАТЕЛЬНИЦА ЗМЕЙ
ТОМ 7. СТИХОТВОРЕНИЯ
ТОМ 8. СТИХОТВОРЕНИЯ. РАССКАЗЫ




Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:色々まとめ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ソログープ日本語翻訳作品一覧 その6:戯曲と英訳

2013.12.31 Tue

 border=


・「死の勝利」 原題:Победа смерти
・「」 原題:Любви

・「古い家」 原題:Старый дом
・'The Queen of Kisses' 原題:Царица поцелуев
・'Lohengrin' 原題:Лоэнгрин
・'The Worm' 原題:Червяк
・'The Beloved Page' 原題:Милый паж
・'Death by Advertisement' 原題:Смерть по объявлению
・'The Way To Damascus' 原題:Путь в Дамаск


 戯曲に加え、現時点では日本語翻訳は存在しないが英語翻訳ならば入手可能な短篇作品を。
 「古い家」には日本語翻訳が存在するものの入手不可であるため、日本語翻訳はないが英訳はある作品群として扱った。
 長編の情報、凡例等はソログープ日本語翻訳作品一覧 その1に記載。

 border=



Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:色々まとめ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ソログープ日本語翻訳作品一覧 その5:超短篇

2013.12.31 Tue



・「かよわい子供」 原題:Нежный мальчик
・「砂糖菓子の欠片」 原題:Леденчик
・「小さい砂糖の塊」 原題:Кусочек сахару
・「こうして誤解が起こった」 原題:Что будет?
・「金の柱」 原題:Золотой кол
・「小石の冒険」 原題:Путешественник-камень
・「二つの鍵」 原題:Ключ и отмычка
・「道とあかり」 原題:Дорога и свет
・「」 原題:Лягушки
・「小さな棒」 原題:Палочка
・「対等」 原題:Равенство
・「独立した葉」 原題:Самостоятельные листья
・「牡牛」 原題:Бык
・「二本の蝋燭一本の蝋燭三本の蝋燭」 原題:Две свечки, одна свечка, три свечки
・「未来」 原題:Будущие
・「百合の着物とキャベツの着物」 原題:Одежды лилии и капустные одежки
・「二少女と砂」 原題:Две девочки и песок
・「何々というところ」 原題:Та самая
・「悪い子とおとなしい子」 原題:Злой мальчик и Тихий мальчик
・「はしゃいだ娘」 原題:Весёлая девчонка
・「そうして小さくなった」 原題:Стал маленьким
・「彼ら」 原題:Они
・「天の監視人」 原題:Небесные сплетники
・「お爺さんとお婆さん」 原題:Хрыч да хрычовка
・「ランプとマッチ」 原題:Лампа и спички
・「二つの洋杯」 原題:Два стекла
・「龍と太陽と角笛」 原題:Злая гадина, солнце и труба
・「花壇のお話と宮殿のお話」 原題:Сказки на грядках и сказки во дворце
・「」 原題:Песенки
・「」 原題:Ворона
・「囚われたる死」 原題:Плененная смерть
・「黄色くなった白樺の葉と雫と下の空」 原題:Пожелтевший берёзовый лист, капля и нижнее небо
・「バイ」 原題:Бай
・「」 原題:Сны(I. Дрова)
・「曲がれる足」 原題:Сны(II. Согнутые ноги)


 日本ではあまり取り上げられない短い作品たちを。
 凡例等はソログープ日本語翻訳作品一覧 その1に記載。
 あまりに短いため、あらすじは省略した。




Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:色々まとめ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ソログープ日本語翻訳作品一覧 その4:短編 その3(その他)

2013.12.31 Tue



・「餓の光」 原題:Голодный блеск
・「振動する家」 原題:Колебание стен
・「縛られた女」 原題:Дама в узах. Легенда белой ночи
・「生まれて来ない子供のキス」 原題:Поцелуй нерожденного
・「赤い唇の客」 原題:Красногубая гостья
・「死の棘 二少年の物語」 原題:Жало смерти (Рассказ о двух отроках)
・「赤いリボン」 原題:Алая лента
・「嘆ける花嫁」 原題:Опечаленная невеста
・「白樺」 原題:Белая березка
・「微笑」 原題:Улыбка
・「」 原題:Обруч
・「レーリカ」 原題:Лелька
・「」 原題:Красота
・「賢き処女」 原題:Мудрые девы
・「楽しき夢」 原題:Сон утешающий
・「星の世界へ」 原題:К звёздам
・「小男」 原題:ロシア短篇24 (現代の世界文学)
・「水より葡萄酒を」 原題:Претворившая воду в вино
・「慰安」 原題:
・「群集の中にて」 原題:В толпе
・「悲しみの美」 原題:Очарование печали


 日本ではあまり取り上げられない作品を。
 凡例等はソログープ日本語翻訳作品一覧 その1に記載。




Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:色々まとめ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ソログープ日本語翻訳作品一覧 その3:短編 その2(童話)

2013.12.31 Tue



・「」 原題:Крылья
・「いい香のする名前
  原題:Благоуханное имя
・「地のものは地へ」 原題:Земле земное
・「ツランディナ」 原題:Турандина
・「花冠」 原題:Венчанная
・「森の主」 原題:За рекою Мейрур
・「少年の血」 原題:Отрок Лин
・「魂の結合者」 原題:Соединяющий души
・「獣の使者」 原題:Призывающий Зверя
・「身体検査」 原題:Обыск
・「とらわれ」 原題:В плену
・「お前は誰だ?」 原題:Мечта на камнях
・「雪だるま」 原題:Снегурочка


 数多あるソログープ作品から、童話として扱われることの多いものを。
 凡例等はソログープ日本語翻訳作品一覧 その1に記載。




Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:色々まとめ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アメリカドラマ『ホームランド(シーズン1)』感想:★★★★☆

2013.12.30 Mon

HOMELAND/ホームランド ブルーレイBOX [Blu-ray]
HOMELAND/ホームランド ブルーレイBOX [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-05-31
売り上げランキング : 18641


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 アメリカの「正義」。
 捕虜となった兵士の帰還から始まる物語。彼は敵の長い拘留に耐え抜いた英雄か、それとも敵に洗脳されたテロリストなのか。
 後半に明らかになるアメリカの作戦を担う幹部のクソさに、一体どちらが「テロリスト」なのかとの基準すら揺らぎ始める。



 イラク赴任中に行方不明となり、死亡したものと思われていたアメリカ海兵隊のニコラス・ブロディ軍曹(ダミアン・ルイス)が8年ぶりに発見された。その一方で、彼と共に失踪したウォーカーは死んだとされた。
 8年間もの苦境に耐え、無事に生還したブロディをアメリカ全土が祝福していた。その中で一人、彼に違和感を覚えるのは、CIA所属のキャリー・マティソン(クレア・デインズ)。
 イラクに派遣されていた彼女は、当時「アメリカ人捕虜が寝返った」との情報を得ていたのだった。

 アルカイダがブロディを8年もの長い間、生かしておいたのには理由があるはずだ。そう信じるキャリーは己の疑念を上司デビッド・エスティース(デヴィッド・ヘアウッド)に報告するが、英雄の帰還に沸き立つ中では取り合ってすら貰えない。
 苦楽を長らく共にしてきた恩師のソール・ベレンソン(マンディ・パティンキン)は一定の理解を示してはくれたものの、やはり正式な捜査許可を得るには至らなかった。
 ついに思いあまったキャリーは、捜査令状もないまま独断でブロディの家に隠しカメラを仕掛ける。


Theme:ドラマ感想 | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アメリカドラマ『アンダー・ザ・ドーム(シーズン1)』感想:★★★☆☆

2013.12.29 Sun

アンダー・ザ・ドーム 上 アンダー・ザ・ドーム 下
※画像は原作小説


 無料のBS放送Dlife(BS 258)で放送されていた、『アンダー・ザ・ドーム(シーズン1)』。
 いっそ清々しいまでのクリフハンガーで、次のシーズンはいつだよと思ったら、アメリカ本土でも2014年夏放送予定だった。
 に、日本にはいつ、いつ……。


 舞台となるのは、田舎町チェスターズミル。
 そこでは何故か大量のプロパンガスが運び込まれていた。この謎の搬入には、中古車販売を営み町政委員の一員でもある通称ビック・ジム(ディーン・ノリス)と、警察署長、牧師の三人が関与しているようなのだが。
 彼らの動きを察知した市民から情報提供を受けた新聞記者ジュリア・シャムウェイ(レイチェル・レフィブレ)は、この謎を解こうとするのだが。

 取り立て屋デイル・バーバラ(マイク・ヴォーゲル)、通称バービー、は仕事のためにチェスターズミルを訪れていた。だが取り立ては上手くいかず、遂に相手を殺害してしまう。
 やむにやまれず死体を森に埋めたバービーは、町を後にしようと車を走らせていたが、その途中、突如空から巨大な「ドーム」が落ちてきた。
 運転を誤ったことで「ドーム」との衝突を避けられたバービーだが、彼ほど幸運な人ばかりではなかった。
 「ドーム」によって切断される体、衝突する車、飛行機、鳥。
 ただの田舎町だったチェスターズミルは突如、隔離された土地と化してしまった。

 閉ざされた空間で、徐々に狂っていく歯車。
 ビック・ジムは己の権力志向を剥き出しにし、彼の計画の妨げとなる人間たちを武力と策略で抹殺し始める。
 彼の息子ジュニア(アレクサンダー・コック)は、自身を振った恋人アンジー・マカリスター(ブリット・ロバートソン)を監禁し、彼女の弟ジョー(コリン・フォード)は奇妙な発作を起こして倒れた。
 バービーと同じく偶然チェスターズミルを訪れていた問題児ノリー・カルバート=ヒル(マッケンジー・リンツ)もまた、ジョーと同一の発作を起こし、全く同じ文句を口にした。
 ピンクの星が降ってくる。

 この文句は一体どういう意味なのだろうか。
 突如現れたこの透明なドームは、果たして何なのだろうか。そして一体誰がこれを作り、このチェスターズミルに設置したのだろうか。
 そして、ピンクの星とは一体?
 謎が謎を呼び、人間関係もまた複雑に交差していく。


Theme:海外ドラマ | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |