RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ソログープ日本語翻訳作品一覧 その1:前書き/凡例及び書式/長編

2013.08.31 Sat


前書き
 ロシアの作家ソログープの日本語翻訳を探したところ、思いの外多くを見つけることが出来た。
 だが翻訳時期が明治から戦前にかけてと古いものは昇曙夢などの一部の翻訳者の手による物以外は今や埋もれており、また最近になり再録あるいは復刻されたものに関しては総覧に未だ反映されておらず、あまり使い勝手が良くない。
 それに総覧の類はネット上からアクセス出来ず、誰にでも門戸が開かれているとは言い難い。この手の情報に強い大規模な図書館が近くにない人もいるだろう。


 ……と無駄に前振りが仰々しくなったが、要するに「折角調べたからまとめるよ」ってことです。
 昇曙夢や中山省三郎などの大御所以外の仕事に、少しでも光が当たれば幸い。ソログープファンの方が、新たな作品と出会う一助となれれば、これにまさる喜びはありません。

 尚、全ては個人的な調査が元となっておりますので、間違い・勘違い等もあるかと思います。英語翻訳に関しては完全に蛇足気味ですので、特に間違いが多いかと思われます。
 それらに気が付かれましたら、拍手やコメント欄、もしくは左下のメールフォームから一報頂けると助かります。

border-005-002.jpg


ソログープ日本語翻訳作品一覧


前書き / 謝辞 / 参考 / 凡例及び書式

 ソログープ日本語翻訳作品一覧 その1:長編
 ソログープ日本語翻訳作品一覧 その2:短編(有名作)
 ソログープ日本語翻訳作品一覧 その3:短編(童話)
 ソログープ日本語翻訳作品一覧 その4:短編(その他)
 ソログープ日本語翻訳作品一覧 その5:超短編
 ソログープ日本語翻訳作品一覧 その6:戯曲と英訳

 ソログープ翻訳作品一覧:全集との比較

border-005-002.jpg

注:
 『児童文学翻訳作品総覧 明治大正昭和平成の135年翻訳目録6 スペイン・ロシア編』にて、ソログープ作品を収録していると記されていた雑誌一覧の内、以下のものは見つけることが出来なかった。
 ・「関西芸術」(大正4年11月「沈黙の声」、大正5年1月「ロシア古譚」、大正5年2月「慈悲と愛」)
 ・「露西亜評論」(大正8年10月に「古い家」)
 故に内容を確認出来ておらず、明確に収録作品の分かる最後の一作を除き、一覧には記載しなかった。


スポンサーサイト
Theme: | Genre:本・雑誌 |
Category:色々まとめ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

今日は何曜日?:購入履歴・新本編121

2013.08.30 Fri


 月曜日に買った本を今更ながらメモ(2回目)。

私のいた場所


 1冊目は、リュドミラ・ペトルシェフスカヤの『私のいた場所』。
 淡々とした筆運びに連れられて、気が付いたら境界を踏み越え、ここではないどこかへと至る印象。

革命の倫敦(ロンドン) (ブックマン秘史1) 少年検閲官 (創元推理文庫)


 創元推理文庫の『少年検閲官』と、そして結局買ってるハヤカワ文庫の『革命の倫敦』。
 この濃い表紙絵はよく見ると全体的にモザイク状(?)になっていて、かなり手の込んだ作品となっている。全三部らしいが、全部この感じで統一するんだろうか。
 ちなみに二部『影のミレディ』は12月、三部『終末のグレイト・ゲーム』は来年4月発売予定。
 この予定が書いてある帯には一緒に「2010年代海外SFの一大潮流スチームパンクの決定版」とも書いてあったりする。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『輸血医ドニの人体実験 ―科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎』感想:★★★☆☆

2013.08.29 Thu


輸血医ドニの人体実験 ―科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎

ホリー・タッカー 河出書房新社 2013-05-18
売り上げランキング : 168965
by ヨメレバ


 予想よりも平易な内容の一冊。いかにもアメリカ発の一般向けの科学書と言ったところか。
 「科学革命期の」とあるが、科学革命なるものがその言葉ほど明確なものではなかったこと、また科学者たちとそのパトロンである国あるいは個人により、それぞれの威信を賭けた発見合戦が繰り広げられたいたことが示されるに留まる。
 また「殺人事件」と謳ってはあるが、その顛末は割と簡易に示されるのみであり、当時の面倒極まりない司法制度には触れる程度で深くは踏み込んでいない。

 そのあたりを期待した読者には肩透かし、けれどもその手の興味を持たない読者にはなかなかに魅力的だろう。
 本書で描かれるのは、人間への輸血なる新たな概念に取り組んだフランスの片田舎出身の医師ドニが、血液循環説を支持するイングランドの王立協会(=新勢力)と、頑なに過去の体液説に固執するフランスのパリ大学(=旧勢力)の両方を敵に回しながら果敢に戦い、そして葬り去られるまでの物語である。


 けれどもドニは決して無垢なる悲劇のヒーローではない。彼も、彼のパトロンとなる貴族モンモールも、功名心に焦る卑小なる人間の一人に過ぎない。
 それは真っ向から睨み合う王立協会の面々も、パリ大学の教授連も同じである。誰が歴史的な発見を成し遂げるのか、誰が「正解」を手に入れるのか、誰もが火花を散らして烈しく鍔迫り合いを繰り広げる。
 けれども「正解」を採点してくれる絶対の存在などいはしない。だからこそ、彼らは「政治」を繰り広げるのだ。

 そしてその構図は、基本的には現代になっても変わってなどいない。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Bloggerデビューしてみた

2013.08.27 Tue






Theme:日記 | Genre:日記 |
Category:このブログに関する覚え書き | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

岩波書店創業百周年記念フェア:購入履歴・新本編120

2013.08.25 Sun


パンフレット


 「読者が選ぶこの1冊」文庫・現代文庫フェアの冊子が、無料配布されていることに今更ながら気が付いたので、貰って来た。
 創業100年を記念して、対象文庫に付いているフェア帯の応募券2枚を送ると、ブックカバーがもれなく貰えるそうな。その他、万年筆やマグカップも抽選で当たる。

 本を積むことに罪悪感のない私は、今回もブックカバー欲しさに2冊買ってきましたよ。
 と、その前に「読者が選ぶこの1冊」のベスト10をご紹介。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

賛美者と人は言うけれど:購入履歴・新本編119

2013.08.24 Sat


いい香のする名前


 と言うわけで、土曜日に無事に届きました。盛林堂ミステリアス文庫『いい香のする名前 ―ソログーブ童話集―』。

 昇曙夢はソログープのことを「死の賛美者」だと論じていたりするけれど、個人的にはその評はしっくりこないと思っている。
 醜い生と美しい己の間に関係を構築できず、その解消として死を指向する作品は確かに多いが、けれどもそれは本当に「死の賛美」なのだろうか。それは、生の醜さに対する告発に他ならないのではないか。
 決して美しくも楽しくもない生に対して、どう身を処するかが問題であって、その場合に生の影として現れるのが死であるに過ぎず、主題は生なのではなかろうか。

 「生きる」ことに執着出来ず、生の此岸に確固たる楔を打ち込むことが出来ないが故に浮遊し、もしくは自分から手を放して去って行く。
 ソログープの描く主人公にはそんなイメージが付きまとう、少なくとも私にとっては。
 その一方で、生の此岸に楔を打ち込むことに成功し生に立ち戻る、あるいは単に手を放すことが出来ずに生に留まる主人公も多いのもあいまって、「死の賛美者」との形容句には首肯しかねる。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

秋は遠いが飽きは近い:購入履歴・新本編118

2013.08.23 Fri


 月曜日に買った本を、今更ながらメモ。

澁澤龍彦訳 暗黒怪奇短篇集 (河出文庫) 澁澤龍彦訳 幻想怪奇短篇集 (河出文庫)


 1冊目は河出文庫の『澁澤龍彦訳 暗黒怪奇短篇集』でした。結局、買ったよ。なんとなく『澁澤龍彦訳 幻想怪奇短篇集』と並べてみたよ。
 気になっていたマンディアルグは「死の劇場」だったよ。既読だよ!

 収録作品を列挙しておくと、
・「草叢のダイアモンド」 グザヴィエ・フォルヌレ
・「罪のなかの幸福」 バルベエ・ドルヴィリ
・「仮面の孔」 ジャン・ロラン
・「ひとさらい」 ジュール・シュペルヴィエル
・「死の劇場」 アンドレ・ピエール・マンディアルグ
・「最初の舞踏会」 レオノラ・カリントン
となっている。
 初出のはなさげ。
 そしてドールヴィイの名前は、日本語表記だと揺れまくっているなと再度。

解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯 (河出文庫)


 同じ河出文庫の新刊だった『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』は、単行本と同じ表紙だった。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『かくれんぼ・毒の園 他五篇』感想:★★★★★

2013.08.22 Thu


かくれんぼ・毒の園 他五篇 (岩波文庫)

ソログープ 岩波書店 2013-03-16
売り上げランキング : 240218
by ヨメレバ


 岩波文庫からソログープ短編集。
 現在は絶版となっている中山省三郎翻訳の岩波文庫『かくれんぼ・白い母 他二篇』(中山省三郎・訳)に、昇曙夢翻訳による創元文庫『毒の園 他』を合本にした一冊。
 同じソログープ作品とは言えども翻訳者の違う二冊を合本することに違和感を覚えなくもないのだが、ソログープの有名作がこれ一冊で読めるとの利点には敵わないかなとも思う。
 合本しても随分と薄いしね。

 収録作品は以下。

・「かくれんぼ」 中山省三郎・訳
・「白い母」 中山省三郎・訳
・「光と影」 中山省三郎・訳
・「小羊」 中山省三郎・訳
・「白い犬」 昇曙夢・訳
・「毒の園」 昇曙夢・訳
・「悲劇 死の勝利」 昇曙夢・訳
 翻訳者それぞれの解説も収録。


 『かくれんぼ・白い母 他二篇』やアンソロジーに収録されることの少ない「白い犬」が、一番レアリティの高い一編だと思っていたら、著作権の切れた『死の勝利 序詞及び三幕(パンテオン叢書第二編)』が国立国会図書館によりデジタル資料化されており、家のパソコンからでも見ることが出来たのでありました。
 まぁ、表記や仮名遣いが現代化されていることに、今回の岩波文庫版は価値があるのかもしれない。
 同じように著作権が切れデジタル化されているソログープ作品としては、『創造される伝説』の第一部「血の滴」もある。三部作だが二部以降の日本語訳は存在していない模様。英訳版はあるものの、中古価格でもかなりお高い。

 もう何度も書いている気がするので、以下は簡単に。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |