RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

たぶん今年最後:購入履歴・新本編81

2012.12.28 Fri


 年の暮れに歯を削られに行って来ました。
 手作業でキシキシ削ってくださったその音が頭蓋に残って、しばらく夢の中で何かしらの形を取ってくれそうです。
 ……個人的には、黒板をひっかく音と同レベルのトラウマになった。しかもまだ残り数回同じ作業をされることになってたりするあたり、精神的に保つのか私。


 そんなトラウマを抱えたまま、雨の中本屋まで足を伸ばして買った。

暗殺教室 2 (ジャンプコミックス)


 『暗殺教室』。殺せんせーの色シリーズで行くのね。
 カバー裏になにかあるようだが、まだ見ていない。



スポンサーサイト
Theme:本に関すること | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『夏の夜の夢・あらし』感想:★★★★★

2012.12.27 Thu


夏の夜の夢・あらし (新潮文庫)

シェイクスピア 新潮社 1971-08-03
売り上げランキング : 13158
by ヨメレバ


 「夏の夜の夢」(もしくは「真夏の夜の夢」とも)と、「あらし」(「テンペスト」の方が通りが良いか?)の2作品を収めた1冊。
 そのどちらにも人間の英知の及ばぬより大きな存在の気配が満ち、人間の限界を認めると共にそれ故のおおらかさをも有する、豊穣でしなやかな世界が広がっている。
 その淡く切なく不格好に美しい古き良き世界は、極端と奇異を良しとする私にとっては否定したくて堪らない存在ではあるのだが、それでも作者の豊かな手腕を認めないのは、それはそれで醜悪だ。
 個人的な葛藤は後に回すとして、以下2作品のあらすじ。


 「夏の夜の夢」で舞台となるのは、アセンズ(アテネ)の地。
 アセンズの大公シーシアスは、アマゾン族の女王であるヒポリタとの婚礼を目前に控えていた。
 そんな中、アセンズに住まうイジアスは娘のハーミアをデメトリアスと結婚させようとしていた。その話にハーミアを愛するデメトリアスは大いに乗り気であるが、しかし何とハーミアはライサンダーを愛していると、それもライサンダーも自分を愛してくれている、つまりは両思いなのだと言い出す。
 父親の意に背く結婚はアセンズの法律違反。自分たちの気持ちを貫き通すために、ハーミアとライサンダーは駆け落ちを決意する。その前準備として、アセンズの近くの森へ逃げ出すことに。
 しかし彼らの計画を知ったハーミアの友人でありデメトリアスに恋するヘレナは、それをデメトリアスに教えてしまうのだった。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』感想:★☆☆☆☆

2012.12.23 Sun


The Woman In Black/ウーマン・イン・ブラック-黒衣の女[日本語字幕無][リージョンA]

ダニエル・ラドクリフ
売り上げランキング : 113713
by ヨメレバ


 まずは言わせて欲しい。金返せ。ついでに時間も返せ。
 そんな映画でございました。


 ハリーポッターのイメージも濃いダニエル・ラドクリフが今回挑む役柄は、イギリスは19世紀末を生きる若き弁護士アーサー・キップス。
 4年前の愛妻の死は、彼の精神をも殺してしまったかのようだった。妻が残した子供を愛してはいるものの、上手く生きることが出来ない。
 当然ながら仕事も悲惨の一途であり、いつ雇い主からクビを切られるか分からない状況だ。だが子供のためを思えば、ここで失業するわけにはいかない。
 アーサーは己のクビをかけて、ロンドンを遠く離れた田舎町クライシン・ギフォードの故アリス・ドラブロウ夫人の屋敷「イールマーシュの館」に赴く。夫人の遺言書を探し出すことこそが、彼の使命だ。

 だが、クライシン・ギフォードの住人たちはアーサーに冷たい。
 予約していたはずの宿に彼の部屋はなく、宿の夫人が代わりに提供してくれた屋根裏部屋では壊れた人形と古い子供の写真が哀しい雰囲気を漂わせていた。
 誰もがアーサーを避ける。
 町の弁護士であるジェロームは非協力的であるばかりか、ドラブロウ夫人の書類はこれだけだと封筒をアーサーに手渡すと共にロンドンに帰れと言い渡す。館には行く必要はないと、強固に言い張るのだった。
 そんな彼の態度にアーサーは抵抗する。この仕事には自分のクビが、息子の将来がかかっているのだ。
 ジェロームの御者であるケックウィックを金で買収したアーサーは、廃墟と化したイールマーシュの館に強引に降り立つ。
 そこは町から離れ、唯一の細い道も満ち潮になると沈んでしまう孤島の館だ。
 早速仕事を始めたアーサーは、無人のはずの館で「黒衣の女」を目撃する。
 それと共に、館と町を繋ぐ唯一の道の周囲を埋める沼地にて、沈む馬車と子供の悲鳴を聞いたのだった。

 早速その事を町の警察に話すアーサーであったが、全く聞き入れてはもらえない。あの道はもう使われていない、ドラブロウ夫人の子供が死んだ日から、と警察官は言う。
 そこに現れたのは、真っ青な顔をした少女。洗剤を飲んだのだと言う。たまらず駆けつけるアーサーの目の前で、少女は絶命する。
 そしてアーサーはようやく知るのだった。町の住人たちが自分に冷たい理由を。
 そう、「黒衣の女」を見た者の周囲の子供が死ぬのだ。「黒衣の女」はもう何年もクライシン・ギフォードの町に死をもたらし続けていた。
 アーサーは驚愕する。この仕事が終わる予定の金曜日に、子供をクライシン・ギフォードに招いていたのだ。女を見た周囲の子供が死ぬのなら、自分の子供も。



Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

意外や意外:購入履歴・新本編80

2012.12.22 Sat


 セビンネットで予約していた本に関して、発売日の朝に引き渡し出来ますメールが届いたので、出しなに寄って受け取ってきた。
 『とびだせどうぶつの森 超完全カタログ』を。

とびだせ どうぶつの森 超完全カタログ


 受け取ったところ、思いがけずに立派なダンボールで梱包されており、「……、私は今日一日これを持って動くのか?」な気持ちになったものの、開けて納得した。
 これ640ページもあるよ。分厚いにも程がある代物だよ。1200円程度で買えたから、ちょっと油断していたよ。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

うっかりしみじみしてしまった:購入履歴・新本編79

2012.12.20 Thu


 国書刊行会から『新編バベルの図書館』が届いた。
 代金引換で購入しているから、最近は在宅確認兼財布の中身確認のために事前に電話が掛かってくるようになったのだが、それの留守電が18日に入っているあたり、本来ならこの日に受け取れたようだ。
 ……2日もぶっちしてすいませんでした。

 日本郵便以外はどこもこまめに運んでくれて、ありがたいことこの上ない。たまに不在通知に気が付く前に再配達がやって来てしまい、「この不在通知は何だ?」状態になったりするけれど。
 いやー、本当に日本郵便以外はみなさん働き者だな。日本郵便以外は。


新編バベルの図書館 第4巻


 そんな『新編バベルの図書館』、今回はフランス編の4。
 4巻か……、つまり私の部屋のどこかに既に3冊埋まっているってことか、どれも読んでないぞ……と神妙な気持ちになりかけたが、よくよく思い返してみれば、これは発刊順で言えば4巻目ではなく3巻目だった。
 1.アメリカ編→2.イギリス編Ⅰと来て、何故か次に4.フランス編が登場した次第。
 3となる予定だったイギリス編Ⅱはこの次に発刊されるのか、それとももっと後回しになるのかは、知らない。


 ……何にせよ、3冊とは言わずとも既に『新編バベルの図書館』を2冊部屋の埋めてることに気が付かずにいたい。ついでにこれで3冊目になることにも。



Theme:本に関すること | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『Virginia/ヴァージニア』感想:★★★★☆

2012.12.20 Thu


Virginia/ヴァージニア [Blu-ray]

ヴァル・キルマー 東宝 2013-01-25
売り上げランキング : 9822
by ヨメレバ


 フランシス・F・コッポラ監督の『Virginia/ヴァージニア』。
 たまたま時間がとれたので、元町まで寒い中震えながら観に行ったのだけれど、いやぁ、行って良かったよ。
 元町映画館でこんな時期にこの映画を上映することになったのは、1本しかないフィルムでの上映に拘ったからとのこと。
 デジタル版との違いがどこになるのかはそちらを見ていないので何とも言えないが、美しい幻と美しくない現実が交差する良い映画でした。

 物語としては破綻が見られるものの、美しい映像と印象的な色使い、はっとさせられる構図などが好印象すぎて、もはや多少の辻褄の合わなさはどうでも良い。
 そもそもが主人公の夢であり、主人公の回想であり、主人公の書く小説なのだと思えば、そこに合理性を求めるのは興ざめでもある。
 最後、怒涛のごとく幻想を畳み掛けて混乱が最高潮に達した時点で、唐突な現実への回帰をやってのけ、あっけにとられる観客に対してサックリと顛末を文字だけで語り主人公の日常生活への帰還を示し、さらにはそのままスタッフロールに突入し映画自体を終わらせ、観客を幻想の美しい世界からクソ寒い夜の映画館へ放り出す幕引きっぷりには驚愕したが、もはやここまで鮮やかに撤収されては賞賛するしかない。


 それになによりも、この映画の舞台となる町に七つの文字盤を持つ時計台を配したことが素晴らしい。
 町のどこからでも見える町のシンボルながら、どの文字盤も狂っており何度も同じ時を告げる古い古い時計台。
 悪魔に呪われているとも噂されるこの怪異の時計台は、エドガー・アラン・ポーの短篇「鐘楼の悪魔」から影響を受けたものだろう。
 ポーが描いた七つの文字盤を有する正確無比な時計台は、この映画では狂っており、鐘楼守りも悪魔も登場しはしない。だが時計台自身は映画内で幻想と怪奇の象徴となり、また今と過去とを混濁を印象付ける。
 ポー自身すらも登場する『Virginia/ヴァージニア』には、他にもポーの作品を思わせるディテールが見られ、その点でも面白い。



Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

寒すぎるのが悪いんだ:購入履歴・新本編78

2012.12.19 Wed


 たまにサボったりたまにアホみたいにやり込んだりしながら継続中な、3DSの『とびだせ どうぶつの森』。
 その攻略本が複数の出版社から21日に揃って発売となるので、セブンネットで予約した。
 が、1500円に達せずに送料が無料にならなかったので、その底上げのために一緒に注文した文庫が先に単独で届いたのでご紹介。

ガラスの道 (中公文庫)


 購入したのは『ガラスの道』でした。
 何気に単行本版は持っているのだが、文庫版は改訂が入っているようなので買い直すことに。
 黒色に銀文字の帯が妙に格好良かった。

 で、この本を受け取りにセブンイレブンに行ったついでに買ってしまったのがコレ。
 

とびだせどうぶつの森 村のくらしをはじめようブック 2012年 12月号 [雑誌]


 『とびだせどうぶつの森 村のくらしをはじめようブック 2012年12月号』。



Theme:読書 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

前倒しにしたところで、実は予定は減っていないような気がする:購入履歴・新本編77

2012.12.17 Mon


 hontoから「特集『国書刊行会40周年』開催中! 在庫僅少本を含めた数々の名著をご紹介!」なんてメールが来ていたのでご紹介。
 国書刊行会特集は、トップの左端にある注目情報から飛べます。





 が、良く分からない方は直接右のリンクからどうぞ→国書刊行会40周年特集
 いつまで開催中なのかは、特に明記されず。40周年のフェア帯が付いてくるかどうかも、記載はない。


 他にもhontoでは、

文庫全品ポイント10倍キャンペーン(2012年12月15日(土)0:00~21日(金)23:59)
10,000円(税込)以上のご購入でポイント最大10倍キャンペーン(2012年12月1日(土)~2013年1月31日(木))
年間ランキングキャンペーン2012(2012年11月19日(月)~2012年12月31日(月)23:59:59)

などを開催中。
 一応リンクを張っているものの、アドレスが変わり飛べなくなっている可能性もあるので、その場合はhontoのトップページから探して頂けると宜しいかと。


 なんて書いておきつつhontoではなく、「本・コミック・雑誌を1回のご注文でまとめて4,000円以上ご注文いただくと、その分の出荷金額の20%分がエルパカクーポンにて還元されるキャンペーンです」とメールをくれたエルパカで本を買った。
 このキャンペーンは14日までだったので、既に終わってしまっている。


HMVジャパン


 買ったのは、その内に買う予定だったもの諸々。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |