RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「私が選ぶ国書刊行会の3冊」ランキング

2012.09.28 Fri


可愛げ皆無な我が家の野良猫(自称)氏


 国書刊行会の40周年フェア開催書店で無料で貰える小冊子、『私が選ぶ国書刊行会の3冊』。
 この冊子の中では、国書刊行会に縁のある作家や批評家たち総勢57名が各々3タイトルずつ挙げた上に短文とは言えコメントも載せられており、無料なのにわりと豪華。
 そんな小冊子を読みながらふと、「この57人に一番多く取り上げてもらえた本は何だろう?」と思い立ってしまったので、実際にそれぞれ数えてみた。

 基本的には選ばれる度に1カウント。シリーズ丸ごとが選ばれている場合については色々考えたものの、結局カウントが面倒だったので、該当するシリーズに含まれる本全てに1票加えることにした。
 なので、シリーズに含まれている本の方が有利な結果に。

 以上で前置き終わり。
 さて、それでは「最も選ばれた国書刊行会の3冊」を発表……しようとしたら、思いの外同票が多かったので、得票数の多い3位までの計12冊をご紹介。



スポンサーサイト
Theme:本読みの記録 | Genre:本・雑誌 |
Category:色々まとめ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

悪いのはアイツなんです?:購入履歴・新本編65の2

2012.09.23 Sun


 昨日の続き。国書刊行会の世界幻想文学大系3冊。
 何気に初めて新本で買った。基本的に新本で集める主義なのに、このシリーズだけは何故か一貫して古書で集めていた。

『ヘンリー・ブロッケン』函絵


 1冊目は世界幻想文学大系36、デ・ラ・メアの『ヘンリーブロッケン』。函カバーは黄色。

『不思議な物語』上・下


 続いての2冊も黄色。32のブルワー=リットンの『不思議な物語』上下。
 上下巻なのに、色が違ってややショック。


 この3冊の最終ページにはそれぞれ世界幻想文学大系第三期の一覧が印刷されているのだが、その32がブルワー=リットンの『ストレンジ・ストーリー』になっている。どうやら途中で邦題が変わったらしい。
 後に『神秘のカバラー』として刊行される40も、この時点では『カバラの神秘』になっている。
 これらは些細な問題だが、37としてベン・ヘクトの『悪魔の殿堂』が載っていてびっくり。実際に刊行されたのはレオ・ペルッツの『第三の魔弾』。

 『悪魔の殿堂』は平凡社の『世界猟奇全集08』としてこの時点で既に世に出ていたようだが、昭和9年刊行だし、入手は困難そうだ……。
 それとも他にどこかから出版されていたりするのだろうか。



Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

全てアイツが悪いんだ:購入履歴・新本編65

2012.09.22 Sat


 さすがの暑さもようやく和らいできて、秋の気配漂うこの時期こそ私にとっては最も苛酷な花粉症シーズン。
 今年も先週辺りからついに開幕してしまったようで、滝のように鼻水を生産する鼻と重たいだけで役に立たない頭を投げ捨てたい。
 しかも今年は視力すら怪しくなっているような。問題は入力端子である目ではなく、情報処理を担う脳みそのサボり故なんだろうけれど。働けよ、お前。

 きっとそのせいで綺麗に忘れていたのだろう購入履歴を今更に。
 買ったのは丁度先週の月曜日、千里中央に行く前に立ち寄った梅田は紀伊國屋で買ったもの。全て国書刊行会の40周年フェア商品。
 重たかったので配送して貰った。確かに受け取ったのに、開封もせずにそのダンボール箱を3DSのプレイ台代わりに使い続け、そしてそれが本来何だったのか忘れていたという酷いお話。


 まずは『夜毎に石の橋の下で』と新装版『悪の誘惑』。

夜毎に石の橋の下で 新装版 悪の誘惑


 前回フェア台を覗いた時には両方ともなく、更に『夜毎に石の橋の下で』は対象本に入っていなくてガッカリした記憶があるのに、今回は両方とも在庫があった。
 新刊本をさらっとフェア対象に潜り込ませるのは割と見かける風景ですよねー。

 風景と言えば、新装版の『放浪者メルモス』と『マンク』をまた見かけた。
 が、新装版『マンク』の表紙が映画仕様になっていることと、これまた新装版の『放浪者メルモス』が人を殺せそうな厚みと化していることに初めて気が付いた。
 Amazonにある『マンク』の書影は昔の新装版(妙な日本語だな)表紙のままだけれど、国書刊行会のサイトでは流石に新しい映画仕様の表紙も見ることが出来る。
 ちなみに旧新装版も新新装版もどちらも在庫があるようなので、たぶんAmazonで注文すると表示の通りに旧新装版のおどろおどろしい表紙のものが来るのだろう。
 いやでも、前に見たのはおどろおどろしい表紙の方だったと思うんだけどなぁ。前も映画仕様の表紙だったのなら、私どんだけ節穴よ。

 同じく見かけた『放浪者メルモス』は1000p近いページ数と化していて、手にとってその厚みに吹いた。
 世界幻想文学大系に入っていた旧版は上下分冊だったとは言え、合本して1冊にしたらこの厚みになりましたってのはちょっと。
 しかも余白が大きいし、もっと詰めれば薄く出来ただろうに。何らかの都合があったのだろうけれど。

 上記の2冊と違い、前川道介翻訳の『独逸怪奇小説集成』は見かけることが出来なかった。もう一度遭遇したら買おうと思っていたのに。
 代わりに、ジャン=パウルの『巨人』が鎮座ましましておりました。
 ……なんて巨人。物理的にも凄い存在感。何故この本を一番上の棚に載せたのか。怖いじゃないか。



Theme:購入/売却書籍 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

3DSダウンロードソフト『クラブニンテンドーピクロス』感想:★★★★☆

2012.09.21 Fri


 80ポイントで貰えるダウンロードソフト『クラブニンテンドーピクロス』がニンテンドークラブに増えたので、早速ポイントと交換してダウンロードした。
 クラブニンテンドーの年度の変わり目である10月を前に消えてしまうポイントが60ほどあったので有り難い。
 公式サイトはコチラ


 「ピクロス」とは要するに、お絵かきロジックやイラストロジックと同じもの。それにゲーム性を加えたものが「ピクロス」なのだそうな。
 ゲームであるピクロスはマス目を塗りつぶす動作がボタンを1つ押すだけで終了するのがとても便利。鉛筆を削る手間も手が真っ黒になる心配とも無用。

 数独やクロスワードに比べると人気が一段落ちるような気がするものの、私はこのお絵かきロジックが一番好き。
 何が良いって、完成したら絵が出てくるのが良い。数独、クロスワードは数字なり文字で「全て埋まった!」な達成感はあるものの、その完成図に美しさが存在するかと言うと、完全に方向性が違う。

 個人的には、この遊びを知ったのが子供の頃に親にねだって買って貰ったスーパーファミコンのマリオとワリオのピクロスだったので、思い出補正も加わって今回の『クラブニンテンドーピクロス』がクラブニンテンドーのオリジナルグッズに加わったことがとても嬉しい。
 ちなみにそのスーファミ版のピクロスは全問クリアを目前に、全てのデータが消し飛んだ。ニューゲームしか選択肢のない画面を見た時の「嘘だろ?」感はインパクトが満点すぎて未だに。
 まぁ、スーファミソフトはよくデータが飛んだよね……。



 3DSソフトである『クラブニンテンドーピクロス』では、過去のスーパーファミコン版で存在した「間違ったマス目を埋めると制限時間が減る」仕様は撤廃、そもそも制限時間自体が消え去り、のんびりといつまでもプレイ出来るようになっている。
(2012.09.27追記:「間違えると時間が減る」仕様は撤廃されたが、「間違ったマスを塗るとペナルティとして経過時間がプラスされる」仕様は存在する。)
 かつての私には有り難かったものの、今となってはありがた迷惑でしかない「ヒントルーレット」や「ナビゲーション機能」などの機能はオン・オフが基本的に可能になっており、各自のレベルと好みに応じて組み合わせることが出来る。
 ただしヒントルーレットとナビゲーション機能が使えない問題も存在しているが、これは任天堂の「自力で解くことも学んで欲しい」との考えからなのだろう。



Theme:ゲーム | Genre:ゲーム |
Category:ゲーム感想その他 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

三度目も正直:購入履歴・新本編64

2012.09.18 Tue


 ソフトバンクのお姉さんと延々1時間以上電話越しに指導していただいて、我がiPhone3GSちゃんが元気になった。
 ハードではなくてソフトの問題だったようだ。
 ただ以前からの謎の音消失問題は解消していないし、避難させていたデータを戻したせいなのかカメラロールにまとめてブチ込んでいた写真が何故か全てフォトライブラリーに移動しているし云々と不満は色々あったりするが、「メール受け取れるけど返信無理!」な状態からは脱したので、まぁ良いかな、と。

 ……iPhoneカバーとお揃いにしていた壁紙が消えてしまったのが、地味に一番悲しい。
 あとアプリの並べ順が思い出せない癖に、使い勝手が違うことは分かってイライラする。


 何にせよ、無事にカメラ機能も戻って来たので、たしか先週の金曜日に届いた白い封筒のお話でも。

割と開けにくい


 三度目の白い封筒。福岡のトライデント・ハウスさんからなのでした。

 なので中身は当然。



Theme:本読みの記録 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

3DSデビュー:その他色々

2012.09.16 Sun


 15日に早速行って来ましたポケモンセンターオーサカ。
 その前にLucuaに寄り道して、更に伊勢丹に寄り道して地下の食料品売り場を徘徊してからエレベータを上がったらそこはまたしてもLucuaで、「え?」な気持ちになったりしました。

ピカチュウ3DS LL


 ポケモンセンターでのお目当ては、勿論ニンテンドー3DS LL ピカチュウイエロー。



 何故か楽天ショップで売られていたりするけれど、定価よりもずっと高い。
 Yahoo!オークションの方がまだ安くて手に入れられそうだ。



Theme:ニンテンドー3DS | Genre:ゲーム |
Category:ゲーム感想その他 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

国書刊行会40周年フェア@千里中央田村書店:購入履歴・新本編63

2012.09.15 Sat


 行って来ました千里中央。
 私にとって「千里中央」と言えば、この良く分からない光る円錐。

千里中央のスタバから


 わざわざこの光る円錐のところまで行ったのは、国書刊行会の40周年フェアのためなのでした。

田村書店さん


 凄くお久しぶりな田村書店。千里中央自体がお久しぶりすぎて、どこに何があるのかサッパリ分からないって言うね。
 フェア台は4階(上階)の、モノレールに近い方の入り口近くに設置されておりました。
 梅田紀伊國屋のフェア台と床面積的にはそう変わらないと思うものの、ほぼ全部の本が面陳列だったり高さがなかったりで、商品数自体は梅田の紀伊國屋の方がずっと多いかな。

 ちなみに、この前に梅田の紀伊國屋の国書刊行会のフェア台を覗いてから来てたりする訳ですが、あちらは私が前回見た時と、結構ラインナップが変わっておりました。
 世界幻想文学大系もちゃっかり並んでいたりして、うっかり思いっきり買ってしまい、私の財布はもうすぐ死にます。



Theme:本に関すること | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

新潮文庫のYonda?ブックカバー 2012ver:フェアメモ

2012.09.14 Fri


 新潮文庫から夏の文庫フェア、2冊買うと必ず貰えるブックカバーが昨日届いた。
 対象文庫についているフェア帯から応募マークを切り取って、官製はがきで応募すると貰える。1枚のはがきで2口まで応募可能、とのことだったので3口応募した私ははがき2枚に分けて出した。

 いつ出したかのか忘れてしまったがそんな前ではなかった気がするので、新潮文庫が言っているように「約2ヶ月」待つ必要はなさそうだ。
 ちなみにまだ応募期間中。締め切りは9月24日、当日消印有効。

封筒は黄色


 はがきを2枚出したので、封筒が2通届いた。
 相変わらず真っ黄色な新潮文庫。角川は緑で、講談社は……何色だっけ? 青は集英社だろうし。


 今年の新潮文庫のブックカバーは全部で6種類。柄は2種類で色がそれぞれ2色と4色で展開されている。
 という訳で、6種類ある内のどれが届いたかなー、まずはたぶんブックカバーが2枚入ってるだろう厚みのある封筒から開封。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |