RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『ファウスト 第一部・第二部(集英社文庫ヘリテージシリーズ)』感想:★★★★★

2012.05.30 Wed


ゲーテ 集英社 2004-05-20
売り上げランキング : 6188
by ヨメレバ


 中公文庫の手塚富雄翻訳の第一部に続いて、池内紀翻訳の第一部・第二部読了。こちらは第二部もまだ流通に乗っているので、新本で買える。
 韻文で書かれたゲーテの作品『ファウスト』を、日本語の響きに配慮して翻訳した手塚富雄訳に対して、池内紀訳は分かりやすさを重視した散文形式となっている。
 分かりやすければ良いかと問われれば、必ずしもそんなことはないと答えるが、キリスト以前の神話が乱舞する第二部を韻文で読むと意味不明に陥りそうなので、最初に読んだのが散文だったのは幸運かもしれない。
 ただ第一部の翻訳を比べてみれば、個人的には手塚訳に軍配を上げる。池内訳では場面場面の語り口の違いがよく分からない。



 知識の探求に明け暮れ、結果、大先生と慕われるようにまでになったファウストだが、当の本人は全く満足などしてはいなかった。

この世をもっとも奥の奥で動かしているものは何か、それが知りたい。(p.32, 第一部)

 全てを知りたいとの大きすぎる野望と、それを果たすことの出来ない己の限界とに疲れたファウストの前に、悪魔メフィストフェレスが現れる。
 メフィストフェレスはファウストをサイコロとして、神と賭けをしたのだった。ファウストの魂を手に入れた方が勝ちだ。
 そんなことなど当然知らぬファウストは、メフィストフェレスと契約を交わす。
 そして知識の探求など投げ捨てて、人間に備わったもう一つの能力、愛、を欲したファウストが出会うこととなるのは、マルガレーテ、愛称グレートヒェン。
 そうして彼女の悲劇が幕を開ける。
そのわたしが、いまは罪を犯している。でも――そうなるまでの道筋は、とてもよかった、うれしかった。(p.228, 第一部)


すべて生じてくるものは、当然のことながら滅びていく。だからして生じてこないのが、なおのこといい。(p.79, 第一部)


 さりとて、生じてしまったものを「なかったこと」にすることは出来ない。それはメフィストフェレスにも覆すことは不可能だ。
 幸福だった娘グレートヒェンを悲運に突き落としたファウストは、それでも生きていかなければならないのだ。



スポンサーサイト
Theme:紹介したい本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

バロックで悪魔でロココで家具:購入履歴・古本編70

2012.05.29 Tue


 今日も順調に本が増えるよ。

 1冊目は『ルーダンの悪魔』。

『ルーダンの悪魔』


 十七世紀フランスはルーダンの女子修道院で吹き荒れた「悪魔憑き」事件を元にした小説、らしい。
 ルーダンの悪魔憑き事件自体は 『バロックの聖女―聖性と魔性のゆらぎ』でちらっと読んだ記憶があるのだが、どんな事件だったかな。
 女子修道院の院長以下が悪魔に取り憑かれたものの、件の修道院が上級階級の子女御用達だったことから悪魔に憑かれた修道女たちは罰せられず、修道院付きの悪名高き司祭グランディエが全ての罪を被せられて焚かれるって話だったような。
 時のルイ十三世の宰相でもあり枢機卿でもあったリシュリューまで登場する一大劇だったのは記憶にあるのだが、細かいところは忘れた。

 過去に読んだ『バロックの聖女』の方はもう記憶が怪しいが、文体の硬さが場所場所で揺らいでいたことだけを覚えている。
 特につまらなかった気もしないので、古書でしか入手不可ながらも割とお安かったし興味のある方はどうぞ……って今見たらAmazonでの中古価格は割と高くなってるな。

 小説よりも事実に興味がある以上、『ルーダンの憑依』を買った方が良かったような。
 しかしこっちは新本で買えるけれど、値段高いぞ。




Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

オレンジとオレンジ:購入履歴・古本編69

2012.05.28 Mon


 もう随分と集まって来た世界幻想文学大系に更に2冊追加。
 たまたま同じオレンジ色の函カバーだった。

『魔性の女たち』『魔女の箒』函背



『魔性の女たち』『魔女の箒』函


 左側がドールヴィイの『魔性の女たち』で、右がデ・ラ・メアの『魔女の箒』。



Theme:古本 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

本棚は秘匿したい:購入履歴・古本編68

2012.05.25 Fri


 買った本、徒然。

 1冊目は吉田八岑の『魔女異聞考』。新泉社。

『魔女異聞考』


 明らかに写真が歪んでいるのだが、上手く修正出来ないので、もうこのままで……。ゴメンよ。


 2冊目も吉田八岑で、『悪魔考 神に叛かれた者たち』。
 『悪魔考』は1972年に薔薇十字社、74年に出帆社、75年に再度出帆社から新装版が出ているのだが、これは1975年の新装版。

『悪魔考』


 直視し続けると頭痛が生まれそうだ。



Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「大人の科学マガジン デルタ・ツイスター」感想:★★★★☆

2012.05.24 Thu


大人の科学マガジン編集部
学研教育出版 2012-05-17
売り上げランキング : 16490
by ヨメレバ


 前号の卓上ロボット掃除機付きがvol.33だったのだから、今回のは34だと思うのだが、どこにもナンバリングが見つからない。
 そんなわけで今回はタイトルからナンバリングを外しておきました……。
 前号では雑誌の背中一番上に数字が入っていたのに、今号は/になっているんだよね。意味が分からないよ。


 買った日のうちにふろくは作った。今回のふろくはデルタ・ツイスター。
 デルタ(Δ)の形をしているからデルタで、ツイスト(ひねり)ながら飛ぶからツイスターなのだろう、たぶん。
 このデルタ・ツイスターは、動力にゴムを使うものと電池を使うものの二種類の機構が組めるようになっている。が、私には電池で動かす方は未だに上手く飛ばすことが出来ない。

 組み立て所要時間は前号ふろくの卓上ロボット掃除機と同じ60分になっているが、今回は大苦戦。
 力が足りずきっちりとパーツを差し込めない事態が数回あったのに加えて、組み立て説明が分かりにくかったよ今回。
 パーツは全部使い切るもの、との思い込みが私にあったのに対して、今回は予備のパーツが豊富すぎたのも要因だろう。予備が多めにあると途中で理解したおかげで、多少の失敗にはおおらかな気持ちになれたが。

 ちなみにこのデルタ・ツイスター、完成すると長さ40cm、幅40cmほどの代物に。デカイ、デカイよ。
 ゴムなり電池なりで羽ばたかせるとぱたぱた言いながら飛び立つ可愛いヤツではあるが、日本の住宅事情でこの飛行機を自由に飛ばせてやれる家庭はごく僅かじゃなかろうか。
 私の家の場合、羽ばたかせずに自由滑空させるだけで壁とご対面します。安定感がそれなりにあるおかげで、滑空時間が長い。でも外で飛ばすのは、ちょっと……。誰かお仲間がいないと。
 ツイスターが飛ぶ様を見ながら「これは猫に狩られるな」と思ったものの、ぱたぱたぱたと喋る様と大きさにビビった我が家の猫はやたら遠くから眺めているだけでしたとさ。余所様の普通の猫ならば、喜び勇んで狩りに行くんじゃないだろうか。



 デルタ・ツイスターが飛ぶ様子はYouTubeに開発者による動画が上がっている。
 前回と同じく、雑誌本体の感想は折りたたみ。
 



Theme:雑誌(既刊〜新創刊) | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話』感想:★★☆☆☆

2012.05.23 Wed


森川 幸人 新紀元社 2000-12
売り上げランキング : 308123
by ヨメレバ


 タイトルの『マッチ箱の脳』の「脳」の上に「AI」と読み(?)が振られている。

 作者は『アストロノーカ』や『がんばれ森川君2号』でAIを用いたゲームの生みの親。
 SFなどでは人の手のよる被造物ながら、作り手たる人間を超える万能の恐るべき存在として描かれることの多いAIが実際にはどんな代物で、どんな風に使えるのかと言うことを説明した1冊。
 ただ発行は見ての通り2000年である以上、現在はまた時代が変わっているのだろうが。

 複数の種類(?)がある人工知能AIの内、GA(遺伝的アルゴリズム)とNN(ニューラルネットワークモデル)をメインに説明を行っている。
 タイトルにある通りに、マッチ箱とマッチ棒を用いてそれぞれのAIがどう動くかを実際に手を動かして理解することが出来るように工夫されてはいるが、それが成功しているかと問われると、うーん。
 正直その「マッチ箱とマッチ棒でシュミレーション出来るような設問を考える」との縛りが足を引っ張っている箇所が見られるような。最初のGAのマッチ箱シミュレーションは良いと思ったのだが、後半に行くにつれて無理矢理感が。
 ゆるーい感じのイラストは可愛いが、理解の助けになるかと言われれば、それもなぁ。
 



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

揃ってないけど、揃ってるんだよ:購入履歴・古本編67

2012.05.22 Tue


 創土社から出た鈴木武樹個人全訳ジャン=パウル文学全集の1,2,6,7巻を入手した。

 
ジャン=パウル文学全集・函背


 写真の左からそれぞれ「1 見えないロッジ・第一部」、「2 見えないロッジ・第二部」、「6 五級教師フィクスラインの生活」、「7 貧民弁護士ジーベンケーズの結婚生活と死と婚礼・上」。
 五級教師の五級とは、一流二流などの区分ではなく、対象とする生徒の学年による区分だとのこと。

 この文学全集は三期全26巻に別巻1で完結する予定が、翻訳者が7巻を出す前に亡くなられ、それでもなんとか第4回配本の7巻が出たという次第。
 7巻の本文は無事に訳し終えていたものの、訳注は途中だったようで、後半になるにつれて空欄が目立つ。
 そんなわけで、出版されたのは以上の4冊のみとなり、つまりはこれで揃え終わったことに。なんとも寂しい。



Theme:本に関すること | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

bk1改めhontoからホント領収書が届いた:購入履歴・新本編45

2012.05.19 Sat


 これまた昨日18日のお話。統合前のビーケーワンに注文していた本が、統合後のhontoから届いた。
 13日に注文したにもかかわらず、リニューアルした17日に出荷メールが来ていたあたり、注文完了を知らせるメールにあった「1-3日以内出荷 対象としてご注文を承りました。」との文言ではなく、サイト上にあった「新サイト開始以前に、ビーケーワンでご注文いただいた未出荷の商品は、新サイト開始後に順次出荷いたします。」が正しかったようだ。

 hontoに統合されてしまったけれど、ビーケーワンで登録したメールアドレスとパスワードでそのままhontoが利用出来るとのこと。



 購入は2冊。

わが人生の記―十八世紀ガラス職人の自伝


 1冊目は『わが人生の記 十八世紀ガラス職人の自伝』。書き手はフランスの巡歴職人。

 私はどうも十八世紀頃の庶民から下級貴族あたりの人々の暮らしに興味があるらしい。と言うか、過去の「普通」が知りたいのだと思う。
 選帝侯や王族となると記録は数多あるのだが、もう少し下の人々となると情報は激減する。
 けれど、当時の「普通」はそこにあるはずだ。だからこそ、庶民が言葉を残し始めるのが十八世紀頃だという理由でこの時代を選んでいる。情報さえあればもっと過去でも良いのだろう。
 そしてどうしてヨーロッパなのかと言えば、日本に今生きる私と距離があるからだと思う。そこにあった「普通」は、私にとっては驚きに満ちている。「なるほど、意味が分からん」と言わせて欲しいのだ。これが日本となると、それほどワンダーがない。
 同じような理由で、ゲーテ以降のヨーロッパには興味が無い。フランス革命やらナポレオンからは、もう現代の匂いがする。

 ……ああ、私は結局のところ、今という時代が決して「普通」ではないこと、普遍性をもつほどに強固なものではないことを知らされたいのだろう。
 つまりは、根本から否定されたいのか。何と言うか、面倒な趣味だな。足下を破壊してどうしたいの。
 根元を切って回って、それでもまだ自立して残るものが見たいのかもしれない。自分のことなのに、良く分からない。



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |