RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「大人の科学マガジン」VOL.33感想:★★★☆☆

2012.04.30 Mon


大人の科学マガジン編集部
学研教育出版 2012-01-30
売り上げランキング : 8461
by ヨメレバ


 買ったので早速ふろくを作ってみた。
 作業スペースとしては、机の上で寛ぐ猫を撤去しただけで賄えたので、A4サイズ程度あれば可能かと。
 強制的に撤去された猫が激怒して流血沙汰(勿論私が)なんてこともありましたが、500mlペットボトルの蓋が時折開けられないほど非力&ネジの頭を潰すことに定評のある私でも1時間かからず作ることが出来ました。
 ぱちぱちぱち。

ルンバ的な何か


 ふろくの卓上ロボットは直径12cmほど。
 大きさ比較用に、『影をなくした男』を一緒に映しております。
 『影をなくした男』は岩波文庫なので、ごく一般的な文庫本サイズです。この本を選んだ理由は、単純に一番近くにあったからです。

 主題のふろくそのものの出来映えとしては、なかなかに面白い。でも動作音がうるさい。私の組み立てが悪いのか?
 「赤外線センサー等を使わずに、物理的な仕組みだけで段差や障害物をどう検知して方向転換するのだろう?」との問いの答えは、是非、実際に作り動かした上で発見してみて頂きたいところ。
 動作させてみれば、「あーなるほどー」とアッサリ理解出来る程度には、シンプル。まぁお値段的にルンバ並の精度を積んでいるわけもないのだが。
 掃除機の機能は……正直、今表紙を見直して、「そういえば掃除機だったんだっけ」と思い出したほどなので、お察し下さい。でも一応は、一生懸命に吸おうとしているのは分かる。


 組み立てには、プラスドライバー(JIS規定のNo.1)、はさみ、つまようじ、鉛筆(押し込むのに背を使うだけなので削ってないものでも可。鉛筆サイズのものならばたぶん何でも良い)、単三形アルカリ乾電池2本が必要。
 このロボット掃除機は電池喰いなので、素直にアルカリ電池をご用意下さい。
 ねじをねじ込む先である、ねじどめには最初から溝が刻まれておらず、ねじを押し込みながら自分で溝を作って行くことになる。力で押し切ろうとするのではなく、垂直にまっすぐねじ込むのがキモだろうか。最初、二進も三進も行かなくて、やや途方に暮れてしまったが、慣れれば溝を付けていく手応えがクセになる。


 組み立てていて気になったことを以下、箇条書き。
 1) p.78の2図と実際のスイッチ金具の形状が違った。
 2) p.81の17図下に「電池をセットしてスイッチを入れ、動くことを確かめよう」とあるが、スイッチON1にした時には外側の歯車は動かないことを明記して欲しい。
  本当は動くのかと思い込み、延々と手直しを加えてしまった。
 ……くらいですかね。ああでも、スイッチそのものが入れにくいのももうちょっと何とかして欲しかった。
 一応2の不満の方は、いきなりふろくを組み立てずに、雑誌本体を読んでいれば、頭の方でふろくの動作機構の説明があるので気が付いたことと思う。
 けれど、この手のふろくを楽しみに買うタイプの人間が、ふろくを組み立てることもなく動作させてみることもなく、いきなり機構説明を読むと思うのかね、君。
 そういうのは、実際に考えて仮説が組み上がった後に答え合わせとして、もしくは悩んだ末に辿り着けずギブアップした末に読むものだと思うんです、私。
 その手の人間ならば、試行錯誤するのも楽しみの内なので、上記に挙げた不満もちっぽけなことではあるものの、同じように悩んでいる人もいるかなぁーと思って書いてみました。

 いやぁ、三回くらい本気で組み上がらないんじゃないかとドキドキしてしまった。無事に完成して良かったです。
 ちなみに、部品を無くした場合でも、予備品がある内は対応してくれるとのこと。
 詳しくは大人の科学netのvol.33専用ページ「補足説明・ダウンロード」の項目から。



 「大人の科学マガジン vol.33」の雑誌本体の話は、折りたたみ。




スポンサーサイト
Theme:本、雑誌 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

2012年春の古書祭り:即売会メモ

2012.04.23 Mon


クレマチス


 ゴールデンウィークも近いので、メモ。


 4月28日(土)から5月3日(木)まで、第10回四天王寺春の大古本祭りが開催されます。
 場所は四天王寺 極楽門前広場、時間は午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)。
 今年の特集は「リメンバー1960年代」。
 主催は、関西古書研究会。交通アクセスその他は、和宗総本山 四天王寺のサイトが便利。


 5月1日(火)から5日(土)までは、第30回春の古書大即売会が開催予定。
 開催場所は京都市勧業館 みやこめっせ、時間は午前10時~午後4時45分。
 主催は京都古書研究会
 



Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

左→右と右→左:購入履歴・新本編43

2012.04.22 Sun


 買ったのは、本当は金曜日。
 2冊購入。

結晶とはなにか (ブルーバックス)  ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか (ブルーバックス)



 共にブルーバックスの、『結晶とはなにか』と『ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか』でした。

 左の『結晶とはなにか』の作者である平山令明さんが割と好きなのですよ。
 そんな私の好みを御存知らしいAmazonから新刊が出るよとのお知らせメールを頂きまして、「言われてみれば結晶って何だっけ? 固体とは違うの?」なんて素朴な疑問を抱いたので、買ってみたのでした。
 右側の『ロボットはなぜ~』はついで買い。そうしてうっかり増え続ける私の本の山……。


 ペラペラ捲った感じでは、どちらも軽い話題のようなので、さっくり読み終われるんじゃないかなーと夢見ているけど実際はどうなんだろうね。
 Amazonや読書メーターを見た限りでは、『ロボットはなぜ~』の方が売れているようで、嫉妬。
 化学よりも工学の方がみんな好きなのだろうか。ちっ。



Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

何とも言えぬお色:購入履歴・古本編58

2012.04.18 Wed


 『ルヴェル傑作集』を購入。何とも形容しにくいお色の函。本物はもうちょっと灰色気味。

『ルヴェル傑作集』函


 オレンジの帯は似合っていて良いな。

 ルヴェルは「フランスのポー」とも「フランスのサキ」とも呼ばれた人物だそうな。そんなことを言われると、読む前からハードルが最大値まで上がってしまうじゃないですかー。

 「フランスのサキ」とのフレーズで、サキがフランス人ではないことを今知った……。スコットランドの人なのか。何故にフランス人だと思っていたんだろう。

『ルヴェル傑作集』函裏


 函裏にはお馴染みの創土社のマーク。
 今まで集めてきた創土社の本とは本の作りが違うように思う。よりカッチリしていると言うか。
 印刷所でも変わったのかと思ったものの、調べるにも既に持っている創土社の本を取り出すのが面倒すぎて断念。整理整頓された部屋に暮らしたいものです……と他人事みたいに言ってちゃ駄目だよなぁ。
 とりあえず本棚買い足さないと。目的の本を探すこと自体がちょっとした肉体労度じみてる現状は問題すぎる。




Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

まぁ読めないんですけどね:購入履歴・古本編57

2012.04.16 Mon


Vom Doctor Faustus zu Goethes Faust


 たまたま見かけたので買った。
 "Vom Doctor Faustus zu Goethes Faust"というタイトルらしい。作者はFranz Neubert、ドイツ語。
 Google翻訳に放り込んだところ、「ファウスト博士からゲーテのファウストへ」との意味だとか。タイトル通り、実存したとされるファウスト博士の肖像画から、ゲーテの『ファウスト』の挿絵までを多数収録。
 前書き・後書き部分以外には文章はなく、収録している図などの解説が記されている程度。前書き後書きはもう諦めるとして、解説部分は読みたいなぁ。

 ただ、1932年に発行されているようで、劣化がかなり。お陰様でパラパラ捲っているだけで手が痒い痒い。
 サイズもA4よりもまだ大きく32cm×22.5cmほど。上の写真に写っているのはタイトル部分のみ。全体を写すには場所が足りなかったもので。
 この本をどこにどう置けば幸せになれるんだ私。立てて置くと背中が割れて分裂してくれそうだし。うーん。

 ただ表紙は深い緑色に金文字とカッコ良い。だいぶ禿げてきているが、布装丁のようだ。
 とりあえず、ゴールデンウィークの晴れた日に陰干しでもしようかな……。



Theme:本、雑誌 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『魔女の死んだ家』感想:★★☆☆☆

2012.04.12 Thu


篠田 真由美 講談社 2003-10-26
売り上げランキング : 418430
by ヨメレバ


 珍しく、図書館本。
 これは「ミステリーランド」シリーズの1冊でして、そのコンセプトは「かつて子どもだったあなたと少年少女にための」ミステリーを提供することなんだそうな。
 つまりは子ども向けでありながら大人が読んでも楽しめる物語なんて、結構難しいことに挑戦しているシリーズらしい。 


 本作のストーリーを説明するならば、未だに大正時代の空気を漂わせる洋館に住む美しい女の死の謎についてが主題。
 この洋館に君臨する彼女は白い肌と黒い髪に切れ長の瞳の絶世の美女であり、その館には彼女の信奉者の男たちが集う。
 だが、魔女とも天使とも女王とも称される彼女は、ある日死んだ。
 場所は洋館の中の一つの密室。その中には死してもなお美しい彼女と、泥酔したかつての婚約者の男、そして十九世紀の拳銃だった。
 この状況から元婚約者の男が犯人とされ、警察的には一件落着で事件は終わってしまうのだが、彼が彼女を殺す動機が無いことなどから、関係者には彼の犯行だとは考えられなかった。
 そうなると当然出てくる疑問は「彼女を殺したのは誰なのか?」の一点である。
 この謎を追って、読者は全三部から成る物語を読み進めることになる。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

アルパカ、じゃなかった、エルパカさんからお荷物ついた:購入履歴・新本編42

2012.04.10 Tue


 エルパカBOOKSから本が1冊届いた。文庫が1冊届いた。

エルパカさんからお荷物ついた


 こんなに立派なダンボール梱包で。
 メール便で届くのだとばかり思っていたので、ポストに不在通知を見つけて首を傾げてしまったじゃないですか。送料無料の上に文庫1冊だけしか購入していないのに、ご丁寧にありがとうございます、エルパカさん。
 スッカスカな箱の中は、箱の底と同じ大きさのダンボール板+文庫本1冊+まとめてビニール包装、そして振動で本が傷まないようにそれが箱の底に接着されている状態となっておりました。Amazonと同じ形式と言ったところ。
 まぁ今Amazonで文庫1冊だけを買うと、妙に大きなボール紙の封筒に入れられてメール便で来るけれど。だからそんなにポスト大きくないってば。


 エルパカBOOKSのエルパカって何だろうと思ったら、ローソンのオンラインショッピングモールの総称を指すんだそうな。
 何故このネーミングかと言えば、ローソンの公式サイト曰く、「ローソンの頭文字である「L(エル)」と、南米に生息するラクダ科の哺乳類「アルパカ」を合わせた造語。「アルパカ」のように皆様から愛され、親しんでいただきたいという想いがこもっています」とのこと。
 セブンイレブンの7net shoppingのローソン版ですかね。
 ローソンの公式サイトはコチラ→LOWSON HOT STATION

 ダンボールの上面にHMVのロゴが見えるのは、2010年にローソンに買収され、今やローソンのオンラインショッピングモール「エルパカ」の一部となったからなのでしょう。
 実は今回、HMV Yahoo!店から注文したので、エルパカマークが入っていることの方に驚いた。買収されていたことも「そういえばニュースで聞いたかも」レベルだったし。



Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

目的以外のものもつい買ってしまう不治の病:購入履歴・新本編41

2012.04.08 Sun


 今度こそホフマンを買うべく本屋へ。またしても在庫がないと泣けるので、在庫確認してから出発。

 光文社古典新訳文庫の『黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ』と悩んだが、岩波文庫の『ホフマン短篇集』にした。

ホフマン短篇集 (岩波文庫)


 帰ってからペラペラ頁を繰っていたら、何故か栞が2枚登場。

岩波文庫の栞


 同じ栞が2枚と言うことは、誰かが他の岩波文庫から栞を移動させたのではなくて、製本の作業の途中で多く入れられてしまったのだろうか。
 後者なら栞がない不幸な岩波文庫がなくて良いのだが。
 

 ホフマンを1冊我慢したので、以前から欲しかった『さかしま』を求めて河出文庫の棚へ。
 1冊減らして1冊増やしてたら±0ですやん……、と自分でも思ったのだが、どうせ在庫ないだろうし買えないよと油断していた。



Theme:あたしの本棚 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |