RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『植物(書物の王国・5)』感想:★★☆☆☆

2011.09.30 Fri
植物 (書物の王国)

オスカー ワイルド 国書刊行会 1998-05
売り上げランキング : 749452
by ヨメレバ


 各巻異なるテーマを掲げ、それに合う物語、エッセイ、評論などを収録するシリーズ「書物の王国」の第5巻『植物』が今回。
 同シリーズの内、私が既読な『吸血鬼』『人形』に比べると収録されている物語数が少ない印象。個人的にはエッセイや評論ではなく、物語を期待して読んでいるので、感想はどうしても辛めに。
 まぁ、面白ければ何でも良いんですけれどね。


 収録作品は以下。編纂責任者は須永朝彦。

・「花の教」 クリスティナ・ロセッティ、上田敏・訳
・「植物の眠り」 ファーブル、日高敏隆・林瑞枝・訳
・「望樹記」 幸田露伴
・「毒よりの脱出」 一戸良行
・「新曼陀羅華綺譚」 須永朝彦
・「疾める薔薇」 ブレイク、日夏耿之介・訳
・「ナイチンゲールと薔薇」 ワイルド、矢川澄子・訳
・「神秘のばら」 ピエール・ルイス、釜山健・訳
・「花魄」 袁枚『子不語』、前野直彬・訳
・「藤の奇特」 井原西鶴『西鶴諸国ばなし』、須永朝彦・訳
・「菊」 内田百聞
・「花のこころ」 小松左京
・「白いダリア」 ラスカー・シューラー、川村二郎・訳
・「相思」 王維、須永朝彦・訳
・「かざしの姫君」 「御伽草紙」、須永朝彦・訳
・「柳の精」 『裏見寒話』、須永朝彦・訳
・「清貧譚」 太宰治
・「牡丹と耐冬」 蒲松齢『聊斎志異』、増田渉・訳
・「晶子牡丹園」 興謝野晶子
・「零人」 大坪砂男
・「人間華」 山田風太郎
・「毒の園」 ソログープ、昇曙夢・訳
・「柏槇の話」 グリム兄弟、金田鬼一・訳
・「受難華」 ベッケル、高橋正武・訳
・「乳母ざくら」 小泉八雲、上田和夫・訳
・「百合」 川端康成
・「風景」 山村暮鳥
・「玉川の草」 泉鏡花
・「庭樹」 鏑木清方
・「サフラン」 森鴎外
・「銀杏とGinkgo」 木下杢太郎
・「植物の閨房哲学」 荒俣宏
・「巨樹の翁の話」 南方熊楠
・「蓮喰いびと」 多田智満子

 全部で34作品。
 例によって長くなるので、以下は折りたたみ。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

焼けているにもほどがある:購入履歴・古本編25

2011.09.24 Sat
怪奇と幻想


 何だかんだ言いつつ、結局買った。角川文庫の「怪奇と幻想」3巻セット。1巻と3巻だけ帯付き。
 1巻からサブタイトルはそれぞれ「吸血鬼と魔女」、「超自然と怪物」、「残酷なファンタジー」。全ての巻でノンフィクションが一作品ずつ収録されているのが特色だろうか。

 問題は、外側だけじゃなく内側までガッツリと、いっそ綺麗と表現したくなるレベルで焼けていること。
 それといつものことながら、触ると猛烈に手が痒くなる。大掃除なんかをする時に感じるのと同じ痒みなので埃かと思うが、でも本にそんな埃含まれてないんじゃなかろうか。まぁ痒いだけで他に特に問題はないのだけど。
 ……実験室でよく見る薄手の使い捨てのビニール手袋買って来て、読むときに使おうかな。売ってるのか知らないけど。


関連記事:
怪奇と幻想で恐怖と幻想:購入履歴・古本編24
恐怖と幻想と幻想と怪奇と怪奇と幻想と幻想と恐怖と: 購入履歴・古本編7
雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.2感想:★★★★☆



Theme:古本 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ヴァンパイアと屍体―死と埋葬のフォークロア』感想:★★★☆☆

2011.09.22 Thu
ヴァンパイアと屍体―死と埋葬のフォークロア
ヴァンパイアと屍体―死と埋葬のフォークロアポール バーバー 野村 美紀子

工作舎 1991-07
売り上げランキング : 689214


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 本書の感想を一言で表すならば「出オチ」。
 著者がこの本で主張したいことは表紙見返しにあっさり記載されてしまっている。「吸血鬼とは、異常な死に方をして特殊な腐敗現象を起こした死体のことだったのだ!
 ……なんという出オチっぷり。吉本新喜劇もビックリだよ。出オチどころか表紙見返しだから、出発すらまだしてないしさ。
 とは言え、著者バーバーの一番の主張がいきなり目に飛び込んでくるからと言って、本書に読む価値がないかと言えば違う。本書の価値は作者が導き出す結論にではなく、著者が使用する資料にこそ宿っているのだ。少なくとも私にとっては。


 本書のテーマは吸血鬼であるがサブタイトルからも分かる通り、扱うのは民間伝承の吸血鬼、つまりは吸血鬼ドラキュラ伯爵以前の土着の吸血鬼である。主な舞台はスラブ圏で長く息づいてきた吸血鬼譚が西欧と出会う時代、即ち18世紀である。
 以下、長くなるので折りたたみ。


Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

怪奇と幻想で恐怖と幻想:購入履歴・古本編24

2011.09.20 Tue
 角川文庫の『怪奇と幻想』が欲しいと書いた気がするのだが、先に月刊ペン社の『恐怖と幻想』を買ってしまった。
 全三巻のアンソロジー。一巻ずつ傾向が違うようで、それぞれ「吸血鬼」、「幽霊」、「怪物」がテーマなようだ。

恐怖と幻想


 『恐怖と幻想』全三巻の表紙は同じ色かと思っていたが、実物を見たらそれぞれ色が違った。
 けれどGoogleイメージ検索では三巻とも似た寒色系の表紙のが出てきたりする。経年による変色なのか写真映りの問題なのか、はたまた色違いverと同色verの二種類ご用意しておりますなのかが気になるところ。

恐怖と幻想・背表紙


 背表紙。 こうしてみると、右端の三巻が少し太いのか。
 背中には代表作としてなのか、収録作品の内一作だけタイトルと作者が表記されている。記載されている作品は左の一巻から順に「吸血鬼の告白/J・ヘイグ」、「闇の海の声/W・H・ホジスン」、「五本指のけだもの/W・F・ハーヴェイ」。
 1枚目の写真に見えるように、表紙にも作品と作者名が記載されているが、これは収録作品の一部のみ。実際には記載されている以上の数の作品が収められている。

 パラパラと目次を捲った限りでは、一巻のトップバッターであるプレストの「恐怖の来訪者」が楽しみだ。これは『吸血鬼ヴァーニー』の一部なのだそう。
 『吸血鬼ヴァーニー』は日本語で読めないものだと思っていたので、ほんの一部とは言えちゃんと翻訳が存在したことが嬉しい。
 誰か翻訳してよ、と言うには今更感が凄まじいし、そもそも大長編すぎるわな。


関連記事:
恐怖と幻想と幻想と怪奇と怪奇と幻想と幻想と恐怖と:購入履歴・古本編7


Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『宮廷社会』感想:★★★★☆

2011.09.15 Thu
宮廷社会 (叢書・ウニベルシタス)
宮廷社会 (叢書・ウニベルシタス)ノルベルト・エリアス 波田 節夫

法政大学出版局 1981-01
売り上げランキング : 542281


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これまた過去に書いた感想文をサルベージ。
 やたらと長い時間を掛けて読み終えた記憶のある『宮廷社会』は叢書・ウニベルシタスの中の1冊。著者はノルベルト・エリアス。
 エリアスならば『文明化の過程』の方が圧倒的に有名だが、私は未読。
 確か高校生の時に一部を英語の授業で読まされ、「一文がクソ長いとか見知らぬ単語だらけだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ、もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……」な気分になったことをうっすらと覚えているような。日本語で読んでも理解出来ないに違いないものを何故英語で読まされているんだと心の底から謎だったっけなぁ。ああ、英語嫌いだ。


 この『宮廷社会』は1930年代前半にエリアスが書いた大学教授資格論文に序章と補遺を付け加えて1969年に出版した"Die höfische Gesellschaft.: Untersuchungen zur Soziologie des Königtums und der höfischen Aristokratie. Mit einer Einleitung: Soziologie und Geschichtswissenschaft "を翻訳したもの。英語版wikipediaによると英語翻訳版が出版されたのは1983年とあるので、日本語版の方が早く出たことになる。
 またしても英語版wikipediaのエリアスの項目によると、彼の代名詞である『文明化の過程』の原著"Über den Prozess der Zivilisation"は1939年に出版されている。つまり『宮廷社会』の執筆自体は『文明化の過程』に先駆けて行われたのであろう。


 以下、折りたたみ。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「づ」に拘る貴方はだぁれ?:購入履歴・古本編23

2011.09.14 Wed
 昨日言っていた『火の精神分析』が届いた。

火の精神分析


 画像、リンク先共に、1999年の新装版の方になっているが、私が買ったのは1969年に出版されたものである。
 ……今の今まで気が付かなかったぞ。ああ、それで安かったのね、うん。値段しか見てなかったすぎた。既にドッグイヤー作ってもうたがな。
 でも、まぁ、たぶん大差ないだろう。半分以上が希望的観測で成り立っている予測だけど。今度新しい方と出会うことがあったら、中身を覗いてみようかな。


 と打撃から立ち直りつつ。
 私が買った本には読者カードとスリップが入っており、てっきり誰にも読まれずに古書店に流れた1冊かと思いきや、読み始めてすぐに鉛筆での書き込みを発見した。その淡い、けれども几帳面な鉛筆書きは、「まづ」を「まず」に訂正していた。
 ほぉ、書き込み。なるほど。古書店め、見逃しやがったなと思ったのもつかの間、また発見。今度は「いづれも」を「いずれも」に書き直していた。「言ひ張る」は「言い張る」に直されていた。その後も「まづ」が出てくる度に「まず」に書き直すマメさっぷり。お前は校正さんか。
 こうなってくると、今度はいつ訂正が入るのかと楽しくなってくる。果たしてこの書き込みをした人は一体どんな人だったのだろうか。



テーマ別:
より詳しくは右カラムのカテゴリから選択してください。



Theme:古本 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Amazonに頼りすぎていたのかもしれないと蝋燭の前で反省する:購入履歴・新本編5

2011.09.13 Tue
 火に関する書物をチマチマ読んでいるというか、もはやただ収集しているだけの今日この頃、バシュラールなる人が『火の精神分析』というタイトルの本を出していることを知った。
 が、Amazonに在庫がない。きっと絶版ないしは品切れ重版未定なのだろうとネット古書店でポチっとな。


 自分の守備範囲外の物に手を出すからには数冊読まないときっと何も理解し得ないぞ、と思いながらバシュラールの他の著書一覧を眺めた結果、『火の詩学』と『蝋燭の焔』が面白そうだったので購入することに。
 『蝋燭の焔』がまたAmazonに在庫どころか表紙すらなかったのできっと絶版ないしは重版未定なのだろうとネット古書店でポチッとやりかけて、その前にふと思い立って出版元の現代思潮新社のサイトで探してみたら、「在庫あり」になっていた。
 しかもご丁寧にも「ネット書店を選択」なるタブが。ここのプルダウンから選択すれば、そのネット書店で目的の本の在庫が確認出来るシステムになっていた。

 ってな訳で調べたら、Amazon以外にはあるじゃないですか。Amazonに在庫がないからと即諦めるのは間違っていたのだなぁ……。
 今まで何度かAmazonで在庫ないのを調べていたけれど、Amazonになくて他にあるという事態に遭遇したことがなかったせいで、すっかり「Amazonに在庫ない=どこにも在庫ない」だと思い込むようになってしまったようだ。 

 なんて言い訳は置いておいて、『蝋燭の焔』を買った。初めてのセブンネットショッピング利用。
 受け取り方法や支払い方法は何種類が用意されているが、今回は近所のセブンイレブンで受け取り&支払いをすることに。この方法だと商品の値段に関わらず手数料等は無料。
 届く前日に「明日の○時以降なら受け取り可能です」と知らせるメールが来たので、そのメールからリンクで飛んだ先の払込用紙を印刷してセブンイレブンへ立ち寄って受け取ってきた。用紙を印刷しなくとも払込票番号を伝えるだけでも良いらしい。

蝋燭の焔



 10日に注文して13日の朝10時に受け取り可能になった。
 それとnanacoポイントがちょっと貯まった。税抜き100円で1ポイント加算され、使うときには1ポイント=1円換算になるんだそうな。ちょっとお得な気分。
 Amazonも似たようなポイント制度が始まったと思ったら見なくなったなぁ。CD予約した時はポイント付いたっけか。



 一方Amazonで在庫のあった『火の詩学』はそのままAmazonで注文。

火の詩学  龍の中の燃える火―フォークロア・メルヒェン・精神分析 (メルヒェン叢書)


 右の『龍の中の燃える火―フォークロア・メルヒェン・精神分析』はオマケ。だがメインよりもオマケの方が高価なのはもはや本末転倒の域。

 こちらも同じく10日に注文して13日の11時半にTMGさんが不在通知をポストに投函していったようだ。再配達の依頼をしようと久しぶりにTMGのサイトに行ったら、快適になっていてちょっと感動した。
 「Amazonは劇的に早い!」とのイメージがあったのだが、セブンネットショッピングとほぼ一緒だなぁ。ポイントも貯まることだし、乗り換えようかしら。


 ところで、『火の精神分析』は一体いつ届くんだ。
 書かれた順番で読みたいので、この3冊では最も早い時期に書かれたコイツが届かないとスタート出来ないじゃないか。
 ちなみに注文した後で調べた結果、『火の精神分析』は出版社でもネット書店でも新本では入手不可だった。良かったような良くないような。


参考サイト:
現代思潮新社
セブンネットショッピング


Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

月がとっても怖いから:購入履歴・古本編22

2011.09.12 Mon
 今夜は十五夜だけれど、こちらはあいにく曇り気味。
 けれど、流れ去る雲の隙間から覗く満月も、雲一つ無い空に浮かぶ月とは異なる凄みがあって良い。
 子供の頃はどこまでも背後から付いてくる満月が怖くて何度も何度も振り返ったっけ。


 そんな狂気の夜に一冊追加。イタリアの魔力――怪奇と幻想の「イタリア紀行」

イタリアの魔力―怪奇と幻想の「イタリア紀行」


 ネットでざっとググった感じ、評判はなかなかのもの。の割に、新本で買えないのは何でなんだろうねー。
 残暑厳しい今は怪奇や幻想物を読む気になれないのでしばらく積むことでしょう。まぁ、アレだよ、積んでる間に熟成されて、「そうだよ君、君だよ、今読みたかったのは!」なタイミングで手に取る日が来るんだよ。
 ……と積ん読タワーから目を逸らしつつ。

イタリアの魔力・帯


 買ったのには帯が付いていた。これがまた地味に凝っている。特に煽り文が付いているわけではないのだが、特殊加工を施された紙で作られているのが個人的にポイント高し。


Theme:この本買いました | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |