RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『MORSE―モールス』感想:★★☆☆☆

2011.07.30 Sat
MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト John Ajvide Lindqvist

早川書房 2009-12-30
売り上げランキング : 1980


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 8月5日に全国ロードショー(公式サイトはコチラ)とのことなので、今更ながらの読書感想文。
 ちなみに今年公開されるハリウッドのはリメイクであり、最初に本書を映画化したのはイタリア。こちらも去年、日本で公開されていた。公式サイトはコチラ
 既にこちらは『ぼくのエリ 200歳の少女』のタイトルでDVDが販売されております。


 ある日、いじめられっ子の少年オスカルが住むマンションの隣に美しい少女エリが引っ越して来た。
 エリのしゃべり方は古風だし、ルービックキューブも知らないと言う。それにとても不潔だ。どう考えても普通じゃない。
 そうオスカルは思うものの、彼女と出会ったことで勇気を得る。彼女に見せても恥ずかしくない生活を手に入れたいと願うようになったのだ。
 時を同じくして、恐るべき犯罪が新聞を賑わした。
 オスカルの住むブラックベリからそう遠くない場所で、少年が殺されたのだ。それも奇妙な方法で。再度の犯行が囁かれる中、実際に犯人は次なる犯行を企て、そして……。


 と言うのが本書の簡単なあらすじ。
 そもそもとして、貴方は吸血鬼物が好きですか? 私は大好きです。吸血鬼に限らず、「人間の形をした人間ではないモノ」が好きだ。
 何せ彼らは常識からの逸脱が許されているのだもの。どれだけ普通の人間から離れていても問題視されることはない。だって「人間じゃない」んだもの。違うのは当然だ。
 普段から他者と己の認識の違いに戦慄しがちな私としては、そんな許された彼らが羨ましくて仕方がない。私が世間の「普通」と違うのに理由はない。けれど、吸血鬼が世間の「普通」と違うのは当然だ。
 しかし、そんな「人間の形をした人間ではないモノ」である吸血鬼ではあるが、彼らは生きていくために生き血を必要とする。つまり人間の常識から解き放たれている筈の彼らは、人間の近くで生活する必要があり、そのために人間の振りをしなくてはならないのだ。
 そして場合の多くにおいて、彼らは元人間でもある。人間であった頃の記憶を有し、その昔を懐かしく思い返したりもする。

 人間から逸脱した存在でありながら、人間の振りをして暮らし、人間生活を懐かしく愛おしく思う。そんな矛盾を抱えた吸血鬼というファンタジーがとても私は好きだ。
 が、やっぱり個人的には吸血鬼には人間から抜け出した「人間の形をした人間ではないモノ」として超然としていて頂きた。い。吸血鬼と化したその日の姿のまま永遠を生きる彼らに、年齢を重ねたが故の「何か」を期待したい。それは若さを喪失しながら生きる私という一個の人間に希望を与えてくれるものだから。
 化け物でありながらある意味で人間でもあり、若くありながらも年寄りであり、死者でありながら生き物である。その解決されない矛盾こそが私の吸血鬼への傾倒の理由だ。
 もう既にお気づきのことと思うが、私はこの作品が気に入らない。なので以下は覚悟してどうぞ。ネタバレも全開です。


スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

岩波のブックカバーが届いていた:フェアメモ

2011.07.29 Fri


※2012年の話はコチラ

 先日申し込んだ岩波文庫の「2011年岩波文庫フェア 名著・名作再発見!」のブックカバーが昨日届いていた。
 住所と名前だけを記載しておけば届くようだ。まぁ当然か。

 下が封筒。

岩波書店封筒


 茶色封筒に赤みを帯びた色で岩波書房の文字。
 新潮文庫からは真っ黄色の封筒を、角川からは白に緑の涼しげな封筒を受け取った記憶があるのだが、岩波は茶。
 何とも岩波らしい。

 あとどうでも良いが、上にクロネコヤマトの配達シール(?)があるのに、なんで左脇に「ゆうメール」の文字があるんだろう?
 シールがあるってことはヤマトが配送してくれたんだろうし、地味に失礼な気がしなくもないんだけど。
 元から「ゆうメール」の文字は封筒に印刷されていて消せないとかそんな理由でもあるのだろうか。

岩波書店封筒・裏


 封筒を裏向けて笑ってしまった。
 まさかのガムテープ。まぁ丈夫だからね!

中身


 中にはフェアに応募したことへのお礼状と、ビニールの袋に入ったブックカバーが収まっておりました。
 写真を撮ったらビニールが光ってしまった。



Theme:本に関すること | Genre:本・雑誌 |
Category:本にまつわるエトセトラ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』感想:★★★★★

2011.07.27 Wed
解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯ウェンディ ムーア Wendy Moore

河出書房新社 2007-04
売り上げランキング : 93926


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 絶版もしくは重版未定の1冊。そんなわけで古書で買ったのでした。こんなに良い本なのに、新本で買えないなんて、とても悲しいことだ。
 ……と書いてから調べたら普通に新本が流通していた。
 今年の1月に探し回った時はどこも中古しかなかったように記憶しているのだが、まぁ良いか。折角の良書ならば、やっぱり新本で流通している方が嬉しい。
 私も新本で買いたかったなぁ。タイミングが悪すぎたのか。


 貴方は神を信じますか? この問いに対しては日本人ならば多くが「いいえ」と答えるだろう。
 貴方は全ての生物が神によってエデンの園で作られたと信じますか? との問いになれば、更に「いいえ」の比率は上がる。
 私たちは進化論を信じている。生物は神が創りたもうたものなどではなく、環境と運によって淘汰され進化してきたのだと思っている。それは最近の新型インフルエンザの発生などで理解出来るところだろう。

 だが進化論が異端とされていた時代があったのだ。本書の主人公であるジョン・ハンターは進化論で名高いチャールズ・ダーウィンの祖父と同世代であり、ハンターが生きた18世紀後半のイギリスは丁度そんな時代の真っ只中にあった。
 ほぼ全ての人間がキリスト教を信じ、全ての生物は神が創りたもうたのだ、そして永遠にその形態は変わらないのだと思い込んでいた時代にあって、ハンターはその「先入観」を退け、己の目と思考と心に忠実に理論と実践を繰り返し、失敗と成功から生命の真理を見いだそうと足掻き続けた人物である。己の屍体すら解剖に回させ、己の死因であろう心臓と、過去に自然治癒したアキレス腱を標本にさせ後世の医者たちの学習資料にしようとしたのだから、その入れ込みようはいっそ天晴れの領域である。
 彼は己だけの力で生命の真理に辿り着けるとうぬぼれず、弟子を育てた。確立された教義にただ従うのが人間の正しい姿だとされていた18世紀にあって、彼は己の頭で考えることに拘泥し、その姿勢を弟子に叩き込んだのである。そんな彼は今、「実験医学の父」と呼ばれている。また彼のレスター・スクウェアの邸は『ジキル博士とハイド氏』のモデルとされている。
 そんなジョン・ハンターの強烈な人生を描いたのが本書なのだから、これが面白くないわけがない。しかもこのジョン・ハンター、野生児かつ問題人物である。
 彼は良くも悪くも己の知識欲にどこまでも忠実であり、そのためならば墓荒らしすら厭わない。自分が行った手術のその後を知るために、かつての患者の屍体を買い取っては解剖して標本を作る。ジョン・ハンターに自分の屍体が渡るのは嫌だと言い張った巨人症患者の屍体すら、彼の友人たちを騙してまで手に入れてしまう。
 だが先述のように己の屍体すら同じように解剖させたのだから、彼の主旨は一貫してはいるのだ。同時代の他の解剖医たちが自分の屍体だけは墓荒らしに遭わないように腐心したのとは大違いである。



Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

基本的に気が付くのが普通より二周くらい遅い:購入履歴・古本編12

2011.07.24 Sun
 そしてようやっと気が付いたことがあるんだ。

世界幻想文学大系


 安くで売られているのを発見したので、予算の限り買ってみた本たちが届いていた。
 買ったのは見ての通り、国書刊行会が発行した世界幻想文学大系で、34『ロシア神秘小説集』、41『現代イタリア幻想短篇集』、42A・B『ヘリオーポリス』の4冊。

 綺麗にパラフィン紙でカバーしてくれているので、写真はもうそのまま。順番もテキトー。 
 月報付き。それぞれ青、緑、緑、緑色。たまたまだろうが、ロシアのだけ色違い。
 一部にはスリップが付いたままであった。美品だし、もしかたら今まで誰にも読んで貰えなかった本なのかもしれない。
 発売されたのが1984もしくは1985年、つまり20年以上も誰にも読まれなかったのかと思うと、なかなかに可哀想な気がしなくもない。けれど、そんなこと言っている私も一体いつ読むことか……。読む前に死んだらゴメンよ。


 そしてようやっと気が付いたが、この世界幻想文学大系って場所取るね。
 積ん読タワーに足すと、タワーの高さがえらいことになったんだけど。
 ……あれ、これって全部揃えたらどうなっちゃうの?



Theme:古本 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『吸血鬼』感想:★★★☆☆

2011.07.21 Thu

世界大ロマン全集〈第33巻〉吸血鬼 (1957年)
世界大ロマン全集〈第33巻〉吸血鬼 (1957年)H.H.エーヴェルス 植田 敏郎

東京創元社 1957
売り上げランキング : 1323689


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 吸血鬼は吸血鬼でも、今回読んだのはH・H・エーヴェルスの『吸血鬼』。
 以前言っていたように、読んだのは東京創元社の世界大ロマン全集の33『吸血鬼』。翻訳者は植田敏郎。図書館で借りた。
 創土社のブックス・メタモルファスに収められている前川道介翻訳の『吸血鬼』は買うには高いうえに、図書館にもないので諦めた次第。
 この翻訳者の違う2冊でどれくらい差があるのかは知らない。今回読んだ世界大ロマン全集の33『吸血鬼』末尾の訳者あとがきに「紙面の都合で少しつめた個所もある。(p.282)」と記されているので、全訳とは異なるのだろう。


 吸血鬼とは何か、との問いには明確な答えはない。が、根本的には死してなお生きる存在であろう。
 墓の中から地上に彷徨い出ては、本人の意思がどうであれ、己を生に繋ぎ止めるために生あるものの生命を啜る腐敗せぬ死者。けれども「腐らない」ことは大地に拒絶された悪しき者の証であると同時に、神に愛された聖者の印でもある。
 吸血鬼の面白いところはその両義性だ。聖と邪。そして被害者が加害者へと転化する二義性。簡単に割り切れないグレーな境界線上の存在だ。
 そして血を奪われる被害者とて、必ずしも純粋なる被害者ではない。吸血鬼は己の親しい人間を襲うとも言われている。血を求めて目の前に現れた吸血鬼が旧知の人間であったならば、思わず己の血を提供してしまう者もいるだろう。彼を救えるのは私だけ、一度そう思い込んでしまえば、それは血液を支払うに値する甘美な夢となっても不思議はない。
 
 
 本書の舞台となるのは第一次大戦中のアメリカ。軽くネタバレしておくと、本書には死してなお生きる「吸血鬼」は登場しない。
 主人公はフランク・ブラウン。ドイツ人である。世界を旅する彼がアメリカにたどり着いた時には既に、第一次世界大戦が勃発していた。
 夫を亡くし未亡人となっていたかつての恋人ロッテと再会し、雑誌編集者であるテーヴェスと知り合ったフランクは、彼の祖国ドイツのために敵国アメリカを転々としながら演説をぶつこととなる。
 だが、ロッテと再会してからというもの、彼は己の体に異変を感じ始めていた。自分がストローを差し込まれて中の果汁を吸い尽くされたオレンジになったかのようだとの感覚と、またそれを行っているのがロッテではないかとの考えを彼は抱くようになった。
 ロッテがフランクに渡したピカピカする折りたたみ式のナイフ、彼女が買い求めた己の胸を突いて血液を子供に与えようとするペリカンの紋章、ロッテとフランツの体調変動の一致……。
 積もる疑問を解決するべくロッテに迫るフランクだが、ロッテは答えない。答えたくないの。それがロッテの答えそのものであった。
 だがしかし、最後の最後でフランクは真実を知る。彼自身が知らなかった彼の病を。そして彼女の真意を。 



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

買うまでは良かったが、読んだ後まで保証できない:購入履歴・古本編11

2011.07.20 Wed
 『火の賜物―ヒトは料理で進化した』でちょこっと言及されていた驚嘆の書が『ブリンジ・ヌガグ―食うものをくれ』。
 なんでも「お願いだ、フィクションだと言ってくれ!」と叫びたくなるようなノンフィクションなんだとか。

ブリンジ・ヌガグ


 「へー、どんなの?」と買ったのは良いのだが、こうして手に入れてみると読みたいような、読みたくないような。
 読後の私の精神状態を保証してくれるなら、今すぐにでも読みたいですがね。失恋保険ならぬ、読後保険。うん、これは流行らない。
 と言うか、このネタ自体も時機を失しているよね……。


関連記事:
『火の賜物―ヒトは料理で進化した』感想:★★★★★


Theme:古本 | Genre:本・雑誌 |
Category:積ん読記録 | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |

『白衣の女』感想:★★★★☆

2011.07.19 Tue
白衣の女 (上) (岩波文庫)
白衣の女 (上) (岩波文庫)ウィルキー・コリンズ 中島 賢二

岩波書店 1996-03-18
売り上げランキング : 25814


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 面白い物語に出会うことは、それだけで幸運である。それが寝食忘れて眼精疲労にも負けず腕の痺れすら打ち負かし、ひたすらにページを繰ることしか考えられないレベルに遭遇するとなれば、それは一種の奇跡ですらある。
 しかも歳を重ねるに従って、その奇跡との遭遇率はひたすらに下がり続ける。まだ見るもの読むもの全てが真新しかった子供の頃とは違い、私は既に色んなことを知ってしまった。己の器の狭さを知り、限界を知った。故に私はもうかつてのようにヒーローに己を投影することは出来ないし、「頑張れば報われる」と励まされても素直に頷けない。
 
 そんな中にあって、久しぶりに登場人物に感情移入して読めたのが『白衣の女』である。
 正しく生きる人物に眩さと反感を、せせこましい悪党に共感を抱く傾向にある私に、まっすぐ主人公側へ感情移入させただけで私はこの作者の手腕を評価する。


 物語の舞台はヴィクトリア朝イギリス。登場人物たちの証言、または日記・手記などからの抜粋の形で物語は展開されていく。
 最初の証言者は主人公でもあるハートライト。しがない絵画教師である彼は、かつて助けたイタリア人ペスカから素晴らしい仕事を紹介される。それはカンバランドにある金持ちの邸でフェアリー氏のお嬢さん二人に四ヶ月間絵画を教える、との内容であった。
 給金は上々、仕事内容も気楽、と申し分の無い仕事であったのだが、彼は何故か不思議と気が乗らない。それでもペスカ、母と妹に背中を押されるようにして、彼はロンドンからカンバランドに旅立つこととなる。
 しかし出発の前夜、ハートライトはロンドン郊外で奇妙な邂逅を果たすこととなる。「ロンドンに行くには、この道でよろしいのでしょうか?」突然そう問いかけてきた女は、全身白ずくめであった。「准男爵」を酷く恐れる白衣の女はハートライトから現実感を奪い、代わりに深い印象を刻んで去った。
 白衣の女の影を引き摺ったままカンバランドに到着したハートライトは、そこで驚愕することとなる。その地での彼の生徒の一人であるフェアリー嬢は、白衣の女そっくりなのであった。

 不吉な女の影を感じながらも、フェアリー嬢、そして彼女の異父姉であるハルカム嬢との日々は穏やかに過ぎて行った。
 しかしここでハートライトに問題が持ち上がる。彼は身分の違いも顧みず、フェアリー嬢を愛してしまったのであった。件のフェアリー嬢も彼に好意を持っている様子。だが、彼女には既にグライド卿なる「准男爵」の婚約者がいるのであった。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『阿呆物語』感想:★★★★★

2011.07.18 Mon
阿呆物語 上 (岩波文庫 赤 403-1)
阿呆物語 上 (岩波文庫 赤 403-1)グリンメルスハウゼン 望月 市恵

岩波書店 1953-10-05
売り上げランキング : 146289


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 腹を抱えて大爆笑して、そして後に笑った分だけ呻吟する羽目になる面白くて恐ろしい本。

 三十年戦争はドイツに多大な被害を与えた。
 ドイツ国民の1/3が死んだとも言われ、生き残った人々とて心は荒涼し、大地も荒れ果てた。そしてドイツは紛れもない二流国に落ちぶれ、それ以後フランスの不格好なフォロワーとして機能しない体を引き摺りながら生き続けることとなる。
 フランスの偽物・亜流が跋扈する惨状のドイツにあって、唯一そのオリジナル性が評価されていたのがこの『阿呆物語』なのである。

 主人公はジムプリチウス。ラテン語で「阿呆」との意味である。
 ジムプリチウスは純真で何も知らない阿呆者。そんな彼が三十年戦争に巻き込まれ、兵士として成り上がり、人間として落ちぶれ、そして立ち直り、己の生まれを知り、結婚し浮気し、また軍隊に雇われてロシアに行き、その後日本を含む世界一周の大旅行の末にドイツに戻り、隠者になり、巡礼としてイギリスを旅したと思ったら無人島に流れ着き、そしてそこで一人ぼっちで敬虔に暮らし続けることを決める。
 ……と言うのがストーリーだが、無垢な少年が成長の過程で悪に染まりつつも、最終的には敬虔な大人になるなんて在り来たりな成長物語ではない。
 一応はその形式を取ってはいるのだが、ジムプリチウスが最後に敬虔に暮らせていたのは彼が一人だったからであり、最後の最後に彼の住まう孤島に流れ着いたオランダ人たちから別れの土産に色々と物を貰ったからには、またぞろ堕落しかねないと私は思う。
 作者であるグリンメルスハウゼン(名前長いよ!)はそんな素直な性格をしていないだろうし、一度悟りを開けたらそれが一生持続するほど人間は善に満ちた生き物ではないだろう。現にジムプリチウスは作中で何度も失敗しているのだから。



Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |