RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

映画『Virginia/ヴァージニア』感想:★★★★☆

2012.12.20 Thu


Virginia/ヴァージニア [Blu-ray]

ヴァル・キルマー 東宝 2013-01-25
売り上げランキング : 9822
by ヨメレバ


 フランシス・F・コッポラ監督の『Virginia/ヴァージニア』。
 たまたま時間がとれたので、元町まで寒い中震えながら観に行ったのだけれど、いやぁ、行って良かったよ。
 元町映画館でこんな時期にこの映画を上映することになったのは、1本しかないフィルムでの上映に拘ったからとのこと。
 デジタル版との違いがどこになるのかはそちらを見ていないので何とも言えないが、美しい幻と美しくない現実が交差する良い映画でした。

 物語としては破綻が見られるものの、美しい映像と印象的な色使い、はっとさせられる構図などが好印象すぎて、もはや多少の辻褄の合わなさはどうでも良い。
 そもそもが主人公の夢であり、主人公の回想であり、主人公の書く小説なのだと思えば、そこに合理性を求めるのは興ざめでもある。
 最後、怒涛のごとく幻想を畳み掛けて混乱が最高潮に達した時点で、唐突な現実への回帰をやってのけ、あっけにとられる観客に対してサックリと顛末を文字だけで語り主人公の日常生活への帰還を示し、さらにはそのままスタッフロールに突入し映画自体を終わらせ、観客を幻想の美しい世界からクソ寒い夜の映画館へ放り出す幕引きっぷりには驚愕したが、もはやここまで鮮やかに撤収されては賞賛するしかない。


 それになによりも、この映画の舞台となる町に七つの文字盤を持つ時計台を配したことが素晴らしい。
 町のどこからでも見える町のシンボルながら、どの文字盤も狂っており何度も同じ時を告げる古い古い時計台。
 悪魔に呪われているとも噂されるこの怪異の時計台は、エドガー・アラン・ポーの短篇「鐘楼の悪魔」から影響を受けたものだろう。
 ポーが描いた七つの文字盤を有する正確無比な時計台は、この映画では狂っており、鐘楼守りも悪魔も登場しはしない。だが時計台自身は映画内で幻想と怪奇の象徴となり、また今と過去とを混濁を印象付ける。
 ポー自身すらも登場する『Virginia/ヴァージニア』には、他にもポーの作品を思わせるディテールが見られ、その点でも面白い。



スポンサーサイト
Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『ミステリーズ 運命のリスボン』感想:★★★☆☆

2012.12.02 Sun


パンフレット


 声高につまらないと言う気にはならないが、かといって面白いと言い切れるわけでもない、何とも形容し難い映画。
 ただ4時間半もの上映時間が気にならなかったのだから、実は凄く面白かったのかもしれない。

 なのにどうしてこんな微妙な気持ちになるかと言えば、映画の行き着いた先が、つまるところ「タマネギの皮を剥いてはいけない」だったとしか私には判断出来なかったからなのだろう。
 ペロペロと皮を剥く姿を4時間以上も見続けて、最後が「タマネギ無くなりました」なのだから、もうどういう顔をして良いのやら。
 けれど、どこまでが現実だったのか、どこからが空想だったのかもあやふやで、つまるところ、どう解釈するも観客次第な潔さは評価したい。
 そのせいで、私のような「ちょっと夢も希望もなさすぎやしませんか」な人間にかかると、「タマネギの皮を剥き続けていたら、タマネギ消失しました」という上記の解釈に落ち着いてしまっているが、違う人から話を聞けば、また全く違う解釈が聞けそうでもある。

 つまりは、是非一度ご覧下さい、ってことで。
 前篇後篇合わせて4時間半だけど。1,800円じゃ絶対に見れないけれど。そもそも公式HPからして上映館へのリンクが間違っているという、やる気のなさだけど。
 ……日本でDVDちゃんと発売されるかな。
 


 物語は、姓を持たないただの「ジョアン」を主人公として始まる。時代は内戦下にあるポルトガル。
 ディニス神父の修道院で孤児として暮らすジョアンは、自身の両親も生まれをも知らぬ、世界に一人きりの子供であった。
 同じ修道院で暮らす子供に、そんな自分の境遇を嘲られたことから喧嘩に発展し、ジョアンは頭に強打を受けて倒れてしまう。
 ベッドで意識が朦朧とした状態のジョアンが見たのは、ディニス神父と見知らぬけれども見覚えのある女性の姿、そしてベッドと向かい合う形で置かれた舞台の形をした紙芝居の台であった。



Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『推理作家ポー 最期の5日間』感想:★☆☆☆☆

2012.11.17 Sat


20121116-01.jpg


 正直なところ期待値が低すぎたので、実はショックを受けてはいなかったりする。
 脚本や監督がポーのことが好きなのは伝わってくる。が、そういう場合にありがちな、部分部分を忠実に作った結果、全体としてチグハグになってしまった印象。
 この映画のおかげでポーの作品を色々読んでみようと思っただけで、私個人的には成功だが、映画単独で見ると正直ちょっと。
 この映画を見るのに1,800円は、普通の人には高いと思われること請け合い。ポーの作品愛好家なら、まぁ、何とか納得して頂けるかな。
 ちなみに、R15指定。



 連続殺人の幕は、女の悲鳴で切って落とされた。
 その声を聞きつけた警官たちが突入しようとしたところ、内側から微かに届いたのは誰かが鍵を掛ける音。
 犯人は中にいるに違いない、とドアを蹴破るも、そこには既に生きた人間の姿はなかった。あったのはただ惨殺され、今や悲鳴も上げられぬ女の成れの果てのみ。
 しかも奇妙なことに、窓は釘で封印されており、部屋は完全なる密室なのだ。けれども、どこにも犯人の姿はない。一体どこから逃げたのか?
 誰もが疑問に思う中、煙突からまだ幼い娘の死体もが発見される。先の女の娘だ。少女は何と煙突に下から逆さまの状態で詰め込まれていた。



Theme:映画感想 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『マンク~破戒僧~』感想:★★★★☆

2012.07.03 Tue


マンク 破戒僧 [DVD]

ヴァンサン・カッセル 角川書店 2012-09-07
売り上げランキング : 11810
by ヨメレバ


 個人的にはなかなか面白かったのだが、それは原作を知っているからであって、全くの初めての人にはどう感じられたことやら。



 原作である『マンク』は、マシュー・グレゴリー・ルイスが19歳で書き上げた作品。舞台となるのは、中世マドリッド。
 赤子の頃にカプチン教会の前に捨てられたものの、僧たちによって育てられ、僅か30歳にして教会の院長となったアンブロシオと、彼の説教を聞きに教会を訪れた無垢なる娘アントニアの物語。

 アンブロシオは、新入りの修道僧ロザリオ(マチルダ)と出会ったことで容易に今までの聖なる道からの転落し、次なる獲物としてアントニアへと視線を定めるのだった。
 一方のアントニアは、アンブロシオの教会で出会ったロレンゾと恋に落ちる。身分違いの恋に良い顔をしないアントニアの母親を説得するべく奔走するロレンゾだが、その前に妹アグネスとシステルナス侯爵の恋が飛び込んできた。
 アントニアが前システルナス侯爵の勘当された息子の子供であることからも、妹と現システルナス侯爵との問題を解決したいロレンゾだが、彼はアンブロシオが虎視眈々とアントニアを狙っていることを知らないのだった。



 以上が原作のあらすじであり、アンブロシオを主人公とする破滅の物語と、ロレンゾを主人公とする恋の大冒険の2つが互いに交差しながら展開していく。
 だが映画で取り上げられるのは、前者のアンブロシオの破滅物語のみである。アントニエ(原作ではアントニア表記)にロレンゾ、一応はアグネスも登場するが、システルナス侯爵は影も形もない。

 映画はなかなかに原作に忠実ではあるが、やはり細部は異なり、特にアグネスの結末は大きく違っている。
 その他の目に付く差違は、アンブロシオに近づく新入りの僧が顔を隠すために用いるもの。原作ではヴェールだが、映画では「スケキヨかよ!」的なマスクである。
 その奇天烈な見た目も気になるが、ちゃんと周囲が見えるのか、息苦しくないのかが気になって仕方が無かった。
 スケキヨの印象が強烈すぎるからか、そのマスクを脱いだ素顔が実に麗しく見えたが。



Theme:映画館で観た映画 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

映画『ファウスト(ソクーロフ監督)』感想:★★★☆☆

2012.06.16 Sat


『ファウスト』パンフレット


 わざわざ見に行ったついでに、感想でも。
 本作品は、2011年のヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得。

 原作は御存知ゲーテの『ファウスト』。
 冒頭に「ゲーテの『ファウスト』から自由に翻案」とのテロップが出るが、原作の影響をあちこちに見ることが出来て楽しい。
 逆に言えば、ゲーテのこの作品を読んでいないと意味不明状態に陥るようにも思う。突然、人工生命体(ホムンクルス)なんて言われても困るよなぁ。
 ただ、パンフレットでゲーテ『ファウスト』のエッセンスについて分かりやすい説明が行われているので、上映前に目を通して頂ければ宜しいかと。
 このパンフレットには何故か「ファウスト」シナリオ採録が収録されており、日本語字幕の全てとそのシーンの場所、状況説明も少々載っていたりします。
 状況説明が最低限しかないのでこれだけを読んでも足りないだろうが、映画を見た後の復習にはバッチリ。


なぜ、こう臭う? 父は実直な人間だ。でも、それが何になる?(「ファウスト」シナリオ採録より)


 舞台は19世紀初頭。森の中に孤立するように、周囲から己を守るかのように塀を巡らせた中世の面影を残すドイツのある街。
 神学も哲学も、医学すらも学んだファウスト博士は、それでも解けぬ魂の謎に空虚を感じていた。空腹と貧しさに耐えて研究を続けても、空しさは埋まるどころか増えるばかり。
 行き詰まったファウストは弟子ワーグナーに毒ニンジンの入手を頼む。だがそれを呷ったのはファウストではなく、悪魔と噂される高利貸マウリツィウスであった。



Theme:映画 | Genre:映画 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |