RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

日本ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』感想:★★★★★

2015.09.09 Wed

ST赤と白の捜査ファイル Blu-ray BOX
ST赤と白の捜査ファイル Blu-ray BOX
バップ 2014-12-24
売り上げランキング : 7574


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 貫けB級! 徹しろエンターテイメント!
 揺るぎのない制作陣の姿勢に、俳優陣が豊かな演技力で楽しげに応じる一作。回を重ねるにつれパワーアップする、事件が解けた時の藤原竜也のリアクションがハイライト。
 つまり藤原竜也が凄い。

 前作の二時間ドラマ版で引き籠もりから脱し、上司である百合根警部(岡田将生)との信頼関係を築き始めた赤城左門(藤原竜也)。
 だが現場に姿を現したら現したで、誰にも配慮しない毒舌っぷりで関係者を苛立たせるのであった。赤城筆頭に問題児ばかりを抱えるST(警視庁科学特捜班)の面々を率いる百合根の苦労は尽きない。
 秩序恐怖症の僕っ子プロファイラー青山翔(志田未来)、匂いだけで化学物質を特定するほど鼻が効く肉体派の無口・黒崎勇治(窪田正孝)、黒崎が唯一心を許す相手にして僧侶でもある山吹才蔵(三宅弘城)、声から嘘を見抜く異能の持ち主であり閉所恐怖症の美女・結城翠(芦名星)。

 STの全員がそれぞれに抱えている問題故に、まともに人間関係を築けない。社会に溶け込めない。彼らが唯一他人と関係を結べるのは、事件を解くことを介してのみである。
 だからこそ必死に、事件に立ち向かう。毒舌であったり上から目線であったりと、その姿は傲慢そのものに映るが、それは社会から疎外された自分を守るための鎧に過ぎない。その鎧故に、彼らはさらに疎外されるのだが。
 それでも次々と起こる事件を解決することによって、彼らSTは少しずつ信頼を得ていく。また彼ら各々の背景が徐々に明らかにされ、己の抱える問題と向き合うこととなる。


スポンサーサイト
Theme:テレビドラマ | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本ドラマ『ST 警視庁科学特捜班』感想:★★★★☆

2015.08.26 Wed

ST 警視庁科学特捜班(Blu-ray Disc)
ST 警視庁科学特捜班(Blu-ray Disc)
バップ 2014-07-02
売り上げランキング : 3835


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 全力でB級を貫く姿を愛したい。戦隊モノみたいに、それぞれに専用カラーがあるとか、もうある意味徹底している。
 2014年の連続ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』に先だって単発で放送された二時間ドラマ。

 STとは、Scientific Taskforce(警視庁科学特捜班)の略称。優秀な科学者たちを集めて科捜研内に新設された部署――のはずだが、設立して二年、一度も事件を解決していない。
 その尖った優秀さと同じくらいに尖った個性のせいで、彼らは警察内での問題児であった。そんなSTの統括官として新たに任命されたのは、キャリア組の百合根友久(岡田将生)。……体の良い左遷の匂いがする。

 百合根警部が任命されてから一週間後。日本初の無差別発砲事件が起こる。この捜査に久しぶりに呼ばれたのが、STであった。
 だがSTを率いるリーダーである法医学者・赤城左門(藤原竜也)は、会議の場にも出て来ず自宅に居た。当然その態度に、他の捜査官からは不満が噴出する。
 実は赤城は、過去のある事件のせいで人間不信になり、結果、引き籠もりになってしまったのであった。

 リーダー以外もメンバーは問題だらけである。
 青山翔(志田未来)はアメリカの大学を飛び級で卒業した天才であり、専門はプロファイル。だが極度の秩序恐怖症であり、整理整頓されている環境に遭遇すると取り乱す。
 結城翠(芦名星)は物理学者。異様に聴覚が発達しており、千里耳な上に話者の嘘をも見抜く異能の持ち主である。が、閉所恐怖症を拗らせた結果、服装が超開放的。だが束縛されることを嫌うが故に彼氏も作れず、未だに経験は無い。
 黒崎勇治(窪田正孝)はST唯一の肉体派。専門は化学。異常に鼻が効き、現場に残された臭いから化学物質を特定することすら可能である。負け知らずの肉体派だが、先端恐怖症。尖った鉛筆すら許せない。先端恐怖症が悪化した結果、人間の言葉にすら棘を感じるようになってしまい、会話すらままならなくなってしまった。唯一の例外は山吹である。
 黒崎とコンビを組むのが山吹才蔵(三宅弘城)。黒崎の言葉を皆に伝える役割である。化学担当。寝るとそのまま死んでしまうのではないかという恐怖に囚われており、いっそ眠らずにいればいいとの極論に達した。それを実行するために昼間はST、夜は僧侶として働いている。


Theme:テレビドラマ | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本ドラマ『Doctor-X 外科医・大門未知子 2』感想:★★★★☆

2014.01.19 Sun


Doctor-X ~外科医・大門未知子~ 2 DVD-BOX
Doctor-X ~外科医・大門未知子~ 2 DVD-BOX
ポニーキャニオン 2014-03-19
売り上げランキング : 1666


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 今更ながら、このドラマの感想を。他にもいくつか書きそびれているのがあるので、その内に頑張る予定。
 ただ私の予定はだいたいその内に失踪していると言う……。


 「私、失敗しないので」と言い切る女医・大門未知子を主人公とするドラマのシーズン2。
 一話で完結する物語+シリーズを貫く物語の二段構えを基本とするアメドラに多い構成。このドラマでは、前者として患者の治療に纏わる物語が描かれ、同時に後者として未知子が「私、失敗しないので」記録を絶やさずに伸ばし続けられるのか、また病院内での医者たちの出世競争が語られる。

 患者にとって一世一代の大イベントである病気や手術が、医者にとってはごく普通の日常であり、彼らにとっては一人の患者以上、少なくとも同等には己の出世が大事なのだとの非等価な構図が描かれるのも見もの。
 とは言えども、病院に所属する医者たちではなくフリーランスであり一種の部外者である未知子を主人公としたことで、ドロドロとした競争社会は俯瞰され矮小化されており、不快感は少ない。

 医者もまた人間なのだ、との当たり前の話が当たり前に描かれるのがこのドラマの良いところでもある。
 立場が違えば、何を大切にするかが異なれば、当然ながら重要と見做す物事も変わってくる。それもまた当たり前の話だ。
 必死なのに滑稽で醜く、そしてどこか間抜けな医者たちの人間模様を肩肘を張らずに展開し、そこに「失敗しないので」と言い張る異物・未知子でケレン味を効かせたドラマ。
 ふっきれた演技を見せた未知子役の米倉涼子と、情けない中間管理職を演じきった遠藤健一、それから安定感ある脚本の勝利。
 ただ帝都医科大学の本院まで行ってしまった以上、続編は作りにくそうだ。


Theme:ドラマ・映画 | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本ドラマ『リーガルハイ(シーズン2)』感想:★★★★☆

2013.12.20 Fri

リーガルハイ 完全版(仮) DVD-BOX
リーガルハイ 完全版(仮) DVD-BOX
TCエンタテインメント 2014-03-28
売り上げランキング : 103


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 真実・正義と呼ばれ「正しい」とされるものの不確かさとその不在を強烈に突き、固定化された価値観にNOを高らかに宣言するドラマ。
 一つの宗教のみを肯定することに抵抗を感じ、理不尽な天変地異に歯を食いしばり、多様性を尊び個々を尊重することを是としようと必死に己に言い聞かせる、そんな日本の混沌とした風土に相応しい、非常にらしい作品とも言える。

 9.11の後、当時のアメリカ大統領が"Justice"とカッコよく言い放つのを聞いて、私は飲んでいたお茶を吹き出した。
 その演説を聞く聴衆たちが盛り上がる姿に、私は「なにこの国、気持ち悪い」との感想を抱いた。当時のアメリカは私にとっては「なんかよく分からないけど偉大な国」だったのだが、それが綺麗に崩壊した瞬間でもあった。
 私は「正義」と叫ぶ指導者を欲しはしない。何の含みもなく愚直に己を正義だと言い張る人物など、気味が悪いだけだ。

 さて、今シーズンの『リーガルハイ』で無敗の敏腕弁護士・古美門研介(堺雅人)の敵役として立ち上がるのは、この手の不気味さを持つ若手検事(途中から弁護士)の羽生晴樹(岡田将生)。
 彼の正義をどう感じるかで、大きく評価が変わりそうなシーズン2であった。



 理想主義者である弁護士・黛真知子(新垣結衣)が、今回引き受けて来たのは安藤貴和(小雪)の弁護依頼。
 交際のある男性が次々と死に、その度に多額の保険金を手に入れて来た彼女は、稀代の悪女として世間からのバッシングを受けていた。
 ついに徳永光一郎殺人容疑で起訴され死刑を言い渡された貴和は、控訴審を前に死刑を回避するべく負け知らずの敏腕弁護士・古美門を頼って来たのだった。
 黛は殺人犯かつ世間からのバッシングを受ける彼女の弁護に躊躇するものの、1億円と貴和が男たちを落としてきた「拘束回転三所責め」プレイの成功報酬に目が眩んだ古美門は快諾。
 状況証拠に加えて敏腕検事が待ち構える圧倒敵に不利なはずの控訴審をその手腕と裏工作で有利に進めるが、しかし、途中で貴和が証言を撤回。自身の罪を認めてしまう。

 結果、控訴審は棄却。貴和の死刑判決が確定となった。無敗の古美門研介に傷が付いたのだった。
 これを知った古美門のライバル三木長一郎(生瀬勝久)は激怒。貴和に上告させ、今度こそ無罪を勝ち取ることで無敗に戻ることを古美門に要求する。
 無敗の古美門を破ることこそが、三木の望みなのだ。初の敗北に項垂れる古美門など見たくないと、三木は秘書の沢地君江(小池栄子)を連れて、世界一周のクルーズへと旅立ってしまう。

 「人間を辞めたい」と言い出すほどに打ちひしがれる古美門、何故か上告を頑なに拒否する貴和。
 果たして古美門研介は、無敗を誇る敏腕弁護士に戻れるのだろうか。貴和は本当に殺人犯なのだろうか。殺人犯だとすれば、彼女に無罪を勝ち取らせることは、倫理的に正しいことなのか?
 貴和の背後に見え隠れする他者の思惑に、不可解な貴和の心変わり。
 古美門は、彼女を巡る謎にどう決着を付けるのか。


Theme:ドラマ感想 | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本ドラマ『SRO~警視庁広域捜査専任特別調査室~(月曜ゴールデン特別企画)』感想:★☆☆☆☆

2013.12.10 Tue


木村佳乃メモリアルブック「YX(Yoshino's 10years)」

イジマ カオル ワニブックス 2006-04-26
売り上げランキング : 435442
by ヨメレバ


 人を動かすドラマには二種類ある。素晴らしいか、徹底的にクソか、である。そしてこれは後者なのである。
 そんな訳で、一週間と少し振りにブログを書いているよ。
 つまり以下は罵詈雑言が並ぶよ。付き合ってくれとは言わないよ!


 一応あらすじ。

 総理大臣の肝煎りで設置された「広域捜査専任特別調査室(通称SRO)」は、アメリカFBIを手本とする凶悪・広域犯罪捜査を担う部署としてスタートした。
 FBI帰りの山根(田辺誠一)を室長とし発足したSROだが、彼の下に集ったメンバーは暗澹たるものであった。
 同僚を殴ったことで出世コースから外れた尾形(木下隆之)、人質を取った犯人を威嚇射撃なしに射殺した過去を持つ針谷(徳山秀典)、疲れ果てた相貌の経理担当課長の富田(日野陽仁)。事務員の木戸(安藤玉恵)も、やる気とは無縁である。
 SROの副室長として配属された芝原麗子(木村佳乃)には、全てが気に入らない。出世こそが全ての彼女にとって、これは屈辱であった。
 早速、自分をSROに配属した上司を問いただした芝原は、SROが縄張りに固執する警察組織から嫌悪されていること、また出来たばかりのSROだが近々解体されるだろうことを知らされる。
 SROが消滅するまで何もせずにいれば、出世への道は開かれると言うのだ。
 不満を抱きながらもSROに戻った芝原を迎えたのは、白骨死体であった。室長の山根はこの死体に連続殺人犯の影を見つけ、早速捜査に乗り出すのだが。

 以下、ネタバレ。ただ言いたいことは一つ。
 後で見ようと思って録画した人がいるなら、そのまま消せ。二時間を費やす価値などないぞ、に尽きる。



Theme:ドラマ感想 | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本ドラマ『山田くんと7人の魔女』感想:★★★☆☆

2013.09.30 Mon


山田くんと7人の魔女 DVD-BOX

西内まりや TCエンタテインメント 2014-02-07
売り上げランキング : 460
by ヨメレバ


 物事には「ハードル」というものがありまして、同じ3点でも5点満点を期待していた上での3点と、どうせ2点くらいなんでしょと思っていたのに3点だったでは、感じ方が違うのであります。
 個人的にこの『山田くんと7人の魔女』は後者だったおかげで、もう毎週毎週楽しみで楽しみで。
 ただ最終回は、なんかみんな顔色悪かったね……。ウチのテレビの調子が悪かっただけだと良いんだけど。


 話の内容としては、何だか毎日がツマラナイと感じている高校生たちがひょんなことから出会い、強制的に関係を持つようになることで、友情だの恋だのが芽生え、毎日が楽しいものに変わっていくとの王道極まりないもの。
 だからこそ役者陣がどれほど高校生を明るく生き生きと演じられるかキモになってくるのだが、主役の西内まりや、山本裕典を筆頭にみなさん割と頑張ってくれているんじゃないかな、と。
 その人に高校生役は勘弁してあげてよ、な年齢の人も混ざっているのはもうお約束ということで何とか。

 王道の青春物語ではあるものの、「朱咲高校には7人の魔女がいる」なんてファンタジー要素が入り込むことで、多少の棒演技も緩和され、さらに「魔女はキスする相手にその能力を及ぼす」との設定故に無駄にキスシーンが連続するというお楽しみもあり、若さ弾ける内容に遠い目になりそうになりながらも、何も考えずにニヤニヤしながら見るには最適でした。
 男女どころか男対男すらアリなキスシーンの連発には、みんな体張ってるなぁと感心すること然りですよ。
 山本裕典演じる山田竜の、素直な馬鹿さ加減が愛らしいので、好みの役者さんが出演しているなら見て損はないかと。
 細かいところでは整合性が破綻している気がしないでもないが、高校生活の若さに免じてあげて頂きたい。


 メインキャストはこんな感じ。西内まりや、山本裕典、トリンドル玲奈、井出卓也の4人が最も出番が多い。
 続いて、大野いと、徳山秀典、小林涼子、間宮祥太朗が準じ、美山加恋、松井愛莉、川村ゆきえ、小島藤子らは途中登場。
 個人的に、小林涼子さんが凄く好みです。このドラマで初めて知ったけれど。彼女が出てくるシーンはもう彼女しか見えません!


Theme:ドラマ | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本ドラマ『DOCTORS 2 最強の名医』感想:★★★★☆

2013.09.05 Thu


DOCTORS 最強の名医 Blu-ray BOXDOCTORS 最強の名医 Blu-ray BOX

TCエンタテインメント 2012-04-06
売り上げランキング : 5020

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 (※上記のDVDはシリーズ1のもの)


 特に見る気はないのに、気が付いたら毎週見ている。
 一昨年放送された『DOCTORS 最強の名医』はそんなドラマだったが、今日最終回を迎えたシーズン2である『DOCTORS2 最強の名医』も全く同じように気が付いたら毎週キッチリ見ていた。
 毎週毎週「相良先生の白衣短すぎない? ジャケットみたいだな」と気になって気になって……。


 シーズン1では各々の事情から視野狭窄に陥り、患者を見れていない堂上総合病院の医者たちをスーパードクター相良浩介(沢村一樹)が変えて行く物語だった。
 そのテンプレートな主題には当初はネガティブな印象を持っていたのだが、相良という人物の謎を絡めて不穏な空気を醸し出す一方で、相良を演じる沢村一樹の意味ありげな微笑み、ライバル役である森山卓(高嶋政伸)のキャラクターのぶっ飛びっぷりにより、途中から嵌まってしまったのだった。



Theme:テレビドラマ | Genre:テレビ・ラジオ |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |