RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

METライブビューイング2013-2014『鼻』感想:★★☆☆☆

2013.11.18 Mon


METライブビューイング2013-2014


 私の今年度初METライブビューイングは、ショスタコーヴィチの『鼻』。

 オペラって何? 総合芸術さ!
 とでも言いたくなるほどに、オペラというか演劇というかな一作でした。
 原作がゴーゴリの同名の短篇だけに、オペラにするには尺が足りなかったのだろう。原作はほぼそのままに、場面それぞれが膨らまされ、結果、主題が分かりにくくなった印象。
 話の流れを知ってる私ですら「あれ、今何やってるところなんだっけ?」状態に何度か陥ったので、初見の人がどう感じたのか気になる。



 今回の指揮はパヴェル・スメルコフ、演出はウィリアム・ケントリッジ。
 コワリョフ役はパウロ・ジョット(バリトン)、コワリョフの鼻役がアレキサンダー・ルイス(テノール)、警察分署長はアンドレイ・ポポフ(テノール)。


 呑んだくれの床屋のイワンは、朝食のパンの間から鼻を発見する。
 普段から客のヒゲを剃るのに、相手の鼻を強くつまんでいた彼のこと。もしや鼻を捥いだか切り取ったかしてしまったかと大混乱。
 とりあえず隠しておこうとするのだが、妻は誰のものかも分からない鼻を家に置いておくなど言語道断と夫を鼻ともども追い出す。
 仕方なくイワンは鼻をこっそり捨てようと試みるのだが、周囲の状況がなかなかそうはさせてくれない。

 一方、目覚めた八等官のコワリョフは、昨日こしらえてしまった鼻の上のニキビの具合を見ようと鏡を手にしていた。
 だがコワリョフが見たのは潰れたニキビでも巨大化したニキビでもなければ、つるつるすべすべに治癒された皮膚でもなかった。そもそも鼻そのものがなかったのだ。
 目を疑うコワリョフ。だが夢ではない。その証拠に、下男に捻らせた尻は痛い。
 昨日まで鼻があった場所は、いまや空白! 大変だ。こんな間抜けな姿では、出世どころか笑いものだ!

 慌てて外へと飛び出したコワリョフは、逃げ出した鼻を追い求めて右往左往。しかしようやく出会えた鼻は、自分よりも身分の高い五等官の姿をしていて……。


スポンサーサイト
Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

METライブビューイング2012-2013『アイーダ』感想:★★★★★

2013.01.26 Sat


METライブビューイング2012-2013


 『仮面舞踏会』に続いてのヴェルディ。またしても三角関係だが、今度は女2、男1の構成になり、さらには戦争を背景とするだけにスケールが大きくなっている。

 指揮は『仮面舞踏会』に続いてファビオ・ルイージが連投。次の『トロイアの人々』も同じく。
 幕間のインタビューでも聞かれていたが、連続は大変そうだ。
 演出はソニヤ・フリゼル、キャストはアイーダ:リュドミラ・モナスティルスカ(ソプラノ)、ラダメス:ロベルト・アラーニャ(テノール)、アムネリス:オルガ・ボロディナ(メゾソプラノ)、アモナズロ:ジョージ・ギャグニッザ(バリトン)、ラムフィス:ステファン・コツァン(バス)、エジプト王:ミクローシュ・シェベスチエン(バス)。
 アイーダ役のモナスティルスカは、これがMETデビューとのこと。


 舞台はエジプト。敵対するエチオピアの軍勢が迫っているとの一報を受け、神の信託によりラダメスが司令官に選ばれた。
 喜び勇むラダメス。勝利を手にすることが出来たならば、それを秘密の恋人であるエチオピア人奴隷のアイーダに捧げようと誓う。
 だが実はエチオピア王女であるアイーダの心境は複雑であった。ラダメスが勝てば彼女の祖国には手痛いダメージになる。けれど彼女の祖国が勝てば、ラダメスは敗軍の将どころか死ぬかもしれない。

 アイーダには他にも心配事があった。
 アイーダの主人であるエジプト王女アムネリスが、アイーダとラダメスの仲を疑っているのだ。ラダメスを愛するアムネリスには、アイーダがどうにも怪しく思える。
 ラダメスが無事にエチオピア軍を破ったとの報に触れたアムネリスは、そこで一つ芝居を打った。アイーダに「エジプト軍との戦いでラダメスが死んだ」と嘘をつき、その言葉にアイーダがどう反応するかを見たのだ。
 祖国がエジプトの名将ラダメスを討ったと知ったアイーダは大きく動揺した。アムネリスの疑惑は確信へと変化する。
 だがアムネリスは、奴隷に過ぎぬアイーダにはラダメスを手に入れることなど不可能だと嘲笑う。今やラダメスは英雄、そしてアムネリスは王女なのだ。勝敗など目に見えているではないか。



Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

METライブビューイング2012-2013『仮面舞踏会』感想:★★★★★

2013.01.18 Fri


METライブビューイング2012-2013


 1月は毎週あるよ、なMETライブビューイング。正直財布が痛いのだが、新演出とのことなので今回も見に行って来た。
 1月2週目はヴェルディの『仮面舞踏会』。
 今シーズンでは『オテロ』と同じくらいに個人的には好き。演出と言うよりも、舞台装置が華麗で素晴らしい。ただどうしてイカロスをこれほどまでに全面に押し出して来たのかは、サッパリ理解出来なかったが。

 大がかりな舞台装置も素敵だが、舞台狭しと大量に登場するキャストたちの迫力と、息の合ったダンスが圧倒的。
 「最近のオペラでは歌って演じて、更には踊らなくちゃならんのか、大変だなー」と思わなくもなかったが。



 今作の指揮はファビオ・ルイージ、演出はデイヴィット・アルデン。
 出演は、グスタヴ3世:マルセロ・アルヴァレス(テノール)、アメーリア:ソンドラ・ラドヴァノフスキー(ソプラノ)、アンカーストレム(レナード):ディミトリ・ホヴォロストフスキー(バリトン)、ウルリカ:ステファニー・ブライズ(メゾソプラノ)、オスカル:キャスリーン・キム(ソプラノ)。

 レナード役のホヴォロストフスキーが良心の徒から復讐の鬼へと変わる役どころを非常にスタイリッシュにこなしていて、もうそれだけで私は満足でした。
 オスカル役のキャスリーン・キムは今回まるで小人のようで、ズボン役と言うよりも道化に近く、この三角関係が濃縮されて裏切りへと発展する物語の中で非常に心休まる息抜きどころであった。



Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

METライブビューイング2012-2013『皇帝ティートの慈悲』感想:★★★☆☆

2013.01.08 Tue


METライブビューイング2012-2013


 『フィガロの結婚』に続いて、これまたモーツァルト作品。
 映画館の上映予定やチケットでは「皇帝ティートの恋」になっていたが、実際の映像に入っていたクレジットは「皇帝ティートの慈悲」だったので、一般的でもある後者を記事タイトルにした。
 しかし何故「恋」になったんだろう。



 キャストは、セスト:エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)、皇帝ティート:ジュゼッペ・フィリアノーティ(テノール)、ヴィッテリア:バルバラ・フリットリ(ソプラノ)、アンニオ:ケイト・リンジー(メゾソプラノ)、セルヴィリア:ルーシー・クロウ(ソプラノ)、プブリオ:オレン・グラドゥス(バス)。
 さらに、指揮:ハリー・ビケット、演出:ジャン=ピエール・ポネルとなっている。

 元々がズボン役のアンニオに加え、本来はカストラートが演じるセストも現代ではズボン役となったために、女性率がやたらと高いことに。
 男性が演じるのはティートとプブリオだけで、けれども後者はあまり出番がない。

 このオペラの屋台骨となるセストは安定感があり、ティートは若さと誠実さを持つ皇帝というキャラクターを演じきっており、またヴィッテリアはどこか箱入り娘っぽさを有し、その悪巧みに対してもあまり嫌悪感を抱かない。
 脇役のプブリオの、ティートに心から仕えているものの、そのあまりの「正しさ」に対して凡人らしく心配する様が、一歩間違えば絵空事になりかねないティートの性格に現実味を与えている。
 セストの妹セルヴィリアはその明朗さが爽やかで、そう歳も変わらないのだろうヴィッテリアと対照的だ。
 セルヴィリアの恋人でありセストの友人でもあるアンニオも好青年で、セルヴィリアと二人並ぶと見ているこちらも何だか幸せな気持ちになってしまう。



Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

プラハ国立劇場オペラ『フィガロの結婚』感想:★★★☆☆

2013.01.04 Fri


パンフレットは1,500円


 3日の大阪はオリックス劇場(旧・大阪厚生年金会館)で行われたプラハ国立劇場オペラ『フィガロの結婚』を見に行って来た。
 私ですら知っている曲がいくつも登場する有名かつ華やかなこの作品は新年早々に見るには相応しい上に、このオペラの作者であるモーツァルトを最も愛した街との自負を持つプラハ国立劇場オペラによる公演と、期待するには十二分の要素を備えている。



 私が見た3日オリックス劇場でのキャストは以下。
 指揮:ヤン・ハルペツキー
 演出;ヨゼフ・プルーデク
 舞台美術:ヤーン・ザヴァルスキー
 衣装:エヴァ・ファルカショヴァー=ザーレシャーコヴァー

 フィガロ:ミロッシュ・ホラーク
 アルマヴィーヴァ伯爵:イジー・ブリクレル
 伯爵夫人:イザベル・レイ
 スザンナ:ヤナ・シベラ
 ケルビーノ:ミハエラ・カプストヴァー
 マルチェッリーナ:イヴォナ・シュクヴァロヴァー
 バルトロ:ルジェク・ヴェレ
 バジーリオ:マルティン・シュレイマ
 ドン・クルツィオ:ヴァーツラフ・レムベルク
 アントーニオ:カレル・ドゥラーベク
 バルバリーナ:オレシア・パラノヴァ



Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

METライブビューイング2012-2013『オテロ』感想:★★★★★

2012.11.26 Mon

METライブビューイング2012-2013


 2012-2013シーズン2作目は、ヴェルディの『オテロ』。
 原作はご存知、シェイクスピア。4大悲劇の一角&ヴェルディ生誕200年の節目のシーズンとくれば、期待するなと言う方が無理。
 折角なので予習をかねてお安いデアゴスティーニの『オテロ』を注文したのに、一向に来ない。火曜日の深夜、実質水曜日に注文したってのに、一体いつ来るんだろう?
 まぁデアゴスティーニはMETの上映にさっぱり間に合わなかったが、私自身はギリギリ最終日に間に合ったので良しとしよう。


 キャストは、オテロ:ヨハン・ボータ(テノール)、デスデーモナ:ルネ・フレミング(ソプラノ)、イアーゴ:ファルク・シュトルックマン(バリトン)、カッシオ:マイケル・ファビアーノ(テノール)。
 指揮はセミヨン・ビシュコフ、演出はエライジャ・モシンスキーという布陣。



Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

関西二期会第77回オペラ公演『コジ・ファン・トゥッテ~恋人たちの学校~』感想:★★★★☆

2012.11.11 Sun


パンフレット


 10日土曜日の関西二期会『コジ・ファン・トゥッテ』に行って来た。
 席には余裕が見られたものの、私の前の席はどこまでも詰まっていた上に、真ん前の人がとても姿勢が宜しくて、私は泣いた。

 10日のキャストは以下。
 フィオルディリージ:平野 雅世、ドラベッラ:西村 薫、フェランド:二塚 直紀、グリエルモ:西尾 岳史、ドン・アルフォンソ:松森 治、デスピーナ:西田 真由子


 『コジ・ファン・トゥッテ』とは、「女はみんなこうしたもの」という意味だそうな。
 登場人物は姉妹とそのそれぞれの恋人、哲学者先生、姉妹の小間使いの計6人。
 人間関係はこれだけだし、血なまぐさい事件も悪魔だの何だのと言った壮大なテーマも登場しなければ、舞台もほぼ姉妹の家とその周囲くらいしかないという、実にこじんまりとしたオペラ。
 けれど、喜劇に混ぜ込んだ皮肉の効き方がなかなかに良い。



Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

METライブビューイング2012-2013『愛の妙薬』感想:★★☆☆☆

2012.11.06 Tue


METライブビューイング2012-2013


 ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場での上演を手軽に映画館で見られる! という触れ込みのMETライブビューイングを見るために、土曜日になんばパークスシネマまで行って来た。
 「この映画館、地下鉄難波駅から遠すぎ!」と思ったが、3DSLLによれば歩数は普段の生活と同じ程度に収まっていた。人ごみのせいで長く感じただけのようだ。

 このMETライブビューイング、大阪では唯一なんばパークスシネマのみで上映。
 しかも他のところは知らないが、大阪では公開期間はかっちり一週間、上映も一日一回ぽっきり、となかなか都合付けられない人も多そうなシステムながら、私が行った土曜日はかなり客席が埋まっていた。
 割と早い時期にネットからチケットを買ったおかげか、前の方ど真ん中というとても良い席に当たって個人的には嬉しい限り。
 ただ上映を待ちながらフロアでポップコーンを貪り食っていた時に隣に座っていたご夫婦と、劇場内でもこれまた席がお隣になったのには笑ってしまった。

 その貪っていたポップコーンのキャラメル味は、キャラメルが掛かっている部分は美味しかったものの、他がちょっと加熱しすぎで苦い。とうふナゲットは豆腐感と微妙なヘルシーさに溢れていてなかなか良かった。
 ……昼ごはんの時間が微妙すぎてハラ減りだったせい&以外に移動に時間がかかったせいで、映画館でガッツリ食べる羽目になっちゃったよ。

 ただプレミアムの9番シアターかと思っていたのに、普通に6番シアターに回されたのにはガッカリ。
 収容人数が9番:111人、6番:217人なのを考えれば、METライブビューイングの集客数が向上して9番では賄いきれなくなったのだろうけれど。
 なんばパークスの入り口に、METのポスター貼ってあったことだし、割と力を入れて宣伝していたりするのかもしれない。
 けれどそのポスターがアディーナとドゥルカマーラなのに若干の悲しみを。ネモリーノはどこに行った?
 ちなみに9番シアターでは、『推理作家ポー 最期の5日間』を上映していた。時間の都合がつけば、これも一緒に見たかったなぁ。



 METライブビューイング2012-2013シーズンのトップはドニゼッティの『愛の妙薬』。
 このオペラについては以前だらだらと書いたばかりなので、今回は気になった箇所だけ簡単に。

 キャストは、アディーナ:アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)、ネモリーノ:マシュー・ポレンザーニ(テノール)、ベルコーレ:マリウシュ・クヴィエチェン(バリトン)、ドゥルカマーラ:アンブロージョ・マエストリ(バス)。
 指揮者はマウリツィオ・ベニーニ、演出はバートレット・シャー。



Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

魅惑のオペラ第23巻『愛の妙薬』感想:★★★☆☆

2012.11.03 Sat


魅惑のオペラ 第23巻 愛の妙薬 (小学館DVD BOOK)

ドニゼッティ 小学館 2009-12-15
売り上げランキング : 366255
by ヨメレバ


 オペラは悲劇ばかりじゃない、と言うわけでもないがドニゼッティの『愛の妙薬』。
 村の農場主の娘で多少鼻持ちならないところもありつつも美しくもてるアディーナと、彼女を愛する純朴で素直ながら冴えないネモリーノの恋物語。
 追われるとからかいながら逃げるくせに、相手が引くと躍起になるアディーナのリアリティあふれる性格が好きになれないと、実に辛い。

 付属のそれなりの厚みのあるカラーの冊子には、あらすじや対訳に加えて劇場案内その他もあり、なかなかに充実。
 ただ、対訳とDVDの日本語字幕には誤差どころか一箇所はまるっきり意味が逆になっている謎が。

 DVDに収められているのは、2002年8月マチェラータ音楽祭でのライヴ。
 キャストはアディーナ:ヴァレリア・エスポジド(ソプラノ)、ネモリーノ:アキレス・マチャード(テノール)、ベルコーレ:エリンコ・マッルッチ(バリトン)、ドゥルカマーラ:アーウィン・シュロット(バス)、ジャンネッタ:ロベルタ・カンツィアン(ソプラノ)。
 全2幕。


 最初に驚いたのは、オーケストラが舞台の上にいること。通常は舞台の下、客席と舞台の間に置かれ、「楽譜読めるのかな?」と疑問に思うくらいに暗闇の中にいる彼らが、今回は舞台の奥におり、ずっと視界に入る。
 オーケストラは段々になった壇の上に、指揮者を中央にして展開されており、そのせいで、舞台装置は何もない。背景の絵もない。
 ただオケの乗っている段と指揮者の後ろ(舞台手前側)のピアノくらいしかない。シンプル極まりない。

 ただこのオケ、舞台奥で黙々と演奏しているだけかと言えばそんなことはない。
 オケの段中央、指揮者の向こうからベルコーレが登場したかと思えば、別の機会にはオケの人に足を引っかけられて転けそうになる演出が入ったり、アディーナがベルコーレに渡すワインの壜をオケの人から受け取ったり、ドゥルカマーラにホルンが襲われたり云々と、オケもまた演出に組み入れられていて、見ていて楽しい。
 指揮者が一番チャーミングだったし、なかなか美味しい役どころだった。

 冒頭すぐのソロでアップになったフルートの楽譜を、隣のピッコロが「捲るよ捲るよ、そーれ」って具合に捲ってあげてた様もなんだか微笑ましかったし。みんな楽しそうだ。
 しかしあのフルート、1本なのに他の楽器に負けずにちゃんと存在をアピールしてて偉いな……。


 一応記載しておくと、以下ネタバレ



Theme:オペラ | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

DVDオペラ・コレクション26『ファウスト』感想:★★★★☆

2012.10.10 Wed




 ベルリオーズの『ファウスト』に続いて、シャルル・グノーの『ファウスト』を。
 グノーのこちらもゲーテの『ファウスト』を原作としているものの、マルグリート(マルガレーテ)の悲劇で終わる第一部のみを対象としている。
 今回DVD2枚組みに収められているのは、ウィーン国立歌劇場で行われた1985年の公演らしい。
 一緒についてくる薄い冊子には、解説とDVDに収録されているオペラのチャプター毎の説明が付いており、便利。凄まじいネタバレっぷりだが、オペラは最初からストーリーを知った上で楽しむものらしいので、たぶん誰も気にしないのだろう。

 DVDに収録されている公演では、ファウスト(テノール)にフランシスコ・アライサ、メフィストフェレ(バス)にルッジェーロ・ライモンディ、マルグリート(ソプラノ)にガブリエラ・ベニャチコヴァー、ヴァランタン(バリトン)にウォルトン・グレンロースが扮し、そしてグノー版『ファウスト』オリジナルの登場人物シーベル(ソプラノ)にガブリエレ・シーマを配している。

 このズボン役のシーベルが一途で可愛いのなんの。それに何よりメフィストフェレがカッコいい!
 マルグリートを演じるベニャチコヴァーは85年の時点で既に若いとは言いがたいものの、純粋で無垢な印象を纏うことに成功していて、なかなか良い。

 本来は5幕のグノー『ファウスト』ながら、今回収録されているのは「ワルプルギスの夜」を省き3幕に編成したもの。
 幕間に客席が映る上に、合間合間には拍手やブラボーの声が飛び交ったりもするので、いっそのこと自分も客席に座っているつもりになりきるべく、部屋を暗くしてみたところ、これが割と面白い。
 ただし85年の映像なので、画質はそれなり。

 舞台装置は色々と用意されており豪華ながらも私が以前見たベルリオーズの『ファウスト』の「サイロ」の如き大掛かりなものがある訳ではないのだが、ケン・ラッセルの即物的な分かりやすい演出のおかげで気楽に見られる。
 「ワルプルギスの夜」は省略されてしまっているものの、バレエが印象的に使われていて華やかさを添えている。


 ゲーテの原作との違いとして、シーベルが追加されている。彼はマルグリートを一途に思う少年。
 またマルグリートの母親は既に亡くなっている設定になっている。つまり兄ヴァランタンが出征してしまえば、ファウストにとっての障害はゼロになる。
 更に今回の演出として、マルグリートは尼僧に。

 文章が長くなってきたので、ここで折りたたみ。以下はネタバレ注意。



Theme:クラシック | Genre:音楽 |
Category:映画その他感想 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |