RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『八月の暑さのなかで』感想:★★★☆☆

2011.08.01 Mon
八月の暑さのなかで――ホラー短編集 (岩波少年文庫)
八月の暑さのなかで――ホラー短編集 (岩波少年文庫)金原 瑞人

岩波書店 2010-07-15
売り上げランキング : 80457


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 八月になったらこの本を紹介しようと思っていたんだ。周回遅れだけどね!

 激しすぎる日光に白く塗りつぶされる視界。立ち上るアスファルトからの熱気。降り注ぐセミの鳴き声が頭蓋に反響しては外界を埋めていく。
 光と蒸気と音に閉じ込められて、独りぼっち。誰もいない。違う。ただ認識出来ないだけだ。けれど、それは「誰もいない」ことど同義なのではないだろうか。暑さに足下は揺らぎ、セミの鳴き声に今にも己の思考を放り出したくなる。不快さに自分自身を忘れ、真っ白な夏の日差しに溶けて同化してしまいたい、そんな日に相応しい一冊。


 収録作品は以下13作品。
・「こまっちゃった」 エドガー・アラン・ポー 原作、金原瑞人 翻案
・「八月の暑さの中で」 W・F・ハーヴィー
・「開け放たれた窓」 サキ
・「ブライトンへいく途中で」 リチャード・ミドルトン
・「谷の幽霊」 ロード・ダンセイニ
・「顔」 レノックス・ロビンスン
・「もどってきたソフィ・メイソン」 E・M・デラフィールド
・「後ろから声が」 フレドリック・ブラウン
・「ポドロ島」 L・P・ハートリー
・「十三階」 フランク・グルーバー
・「お願い」 ロアルド・ダール
・「だれかが呼んだ」 ジェイムズ・レイヴァー
・「ハリー」 ローズマリー・ティンパリ

 以下は感想。
 


スポンサーサイト
Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |