RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『悪魔 ―古代から原始キリスト教まで』感想:★★★★☆

2012.06.11 Mon


悪魔 6版―古代から原始キリスト教まで

J.B.ラッセル 教文館 1995-07
売り上げランキング : 857561
by ヨメレバ


 書籍データは6版ながら、私が読んだのは初版。


 人間とはいつだって理由を求める生き物である。
 とは言え、恐らくは本当に欲しいのは理由そのものではない。それが正しいかどうかなど、実のところはどうだっていいのかもしれない。怖いのは理由の不在、「分からない」ことなのだ。


 私が子供の頃のある夜中、自室のドアが軋みながら開いた。それも曰くありげな雰囲気をたっぷりと含んで、ゆっくりと。
 その瞬間、ベッドの上でうとうととしていた私に「何故ドアは開いたのか」との絶対に解かなければならない問いが突きつけられた。
 私は当時飼っていた猫がドアを開けたのだと信じた。理由はそこにしか求められなかったからだ。
 けれども私はベッドから顔を上げてドアを確認することはしなかった。出来なかった。
 そこにもしも猫がいなければ、私は再度「何故ドアは開いたのか」との疑問と対面せねばならなくなってしまうからだ。
 猫説が退けられてしまえば、私に打つ手はない。そうなれば「分からない」ことを認めざるを得なくなってしまう。それは恐怖以外の何者でもなかった。

 その夜の私にとって大切だったのは、「何故ドアが開いたのか」との問いに対する真実ではなく、嘘でも良いから信じられる確からしい答えでしかなかった。
 まだ子供だった私は、自分がひねり出した猫説を抱いて眠った。恐怖心故に、真実の確認を放棄した。「分からない」という事態から逃げ出すために、確からしい答えに縋った。
 今となってはあの夜の真実はもう闇の中だ。すっかり灰になってしまった当時の猫にでも尋ねでもしない限り、分からない。だが猫とて、そんな些細な出来事を覚えてなどいないだろう。

 起こったのはただ、ドアが軋みながら開いた、との一点のみである。風の悪戯か、はたまた猫の気まぐれか、理由などきっと下らないことなのだ。
 けれどもその出来事は私に「分からない」ことの恐怖を刻みつけるのに充分であった。
 当時の私ですら、こんなちっぽけなことに心の底から動揺する自身を嗤った。それなのに、自説を確かめる勇気は持てなかった。これほどまでに容易に恐怖に陥る己を不思議に思った。
 「分からない」ことは、「分からない」ことを認めることは、実に恐ろしい。



 だが、分からないことはたくさんある。
 最も分からないことは最も身近なこと、つまりは自分自身である。特に瞬間的にわき出る強烈な感情、他者に対する恨みや嫉み、殺意などのドロドロとしたものの出所は謎だと言われることが多い。
 個人的には凡人である以上、真っ黒い感情が噴出して何が不思議かと思うのだが、作者ラッセルはそれらの「悪」の一文字で括られる感情が「わたし自身をこえたところからくる(p.272)」ように感じられるのだそうだ。
 そして、「この経験は多数の文化圏に住む精神的に健全な人びとに共通している(p.272)」らしい。
 


スポンサーサイト
Theme:最近読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ヴァンパイアと屍体―死と埋葬のフォークロア』感想:★★★☆☆

2011.09.22 Thu
ヴァンパイアと屍体―死と埋葬のフォークロア
ヴァンパイアと屍体―死と埋葬のフォークロアポール バーバー 野村 美紀子

工作舎 1991-07
売り上げランキング : 689214


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 本書の感想を一言で表すならば「出オチ」。
 著者がこの本で主張したいことは表紙見返しにあっさり記載されてしまっている。「吸血鬼とは、異常な死に方をして特殊な腐敗現象を起こした死体のことだったのだ!
 ……なんという出オチっぷり。吉本新喜劇もビックリだよ。出オチどころか表紙見返しだから、出発すらまだしてないしさ。
 とは言え、著者バーバーの一番の主張がいきなり目に飛び込んでくるからと言って、本書に読む価値がないかと言えば違う。本書の価値は作者が導き出す結論にではなく、著者が使用する資料にこそ宿っているのだ。少なくとも私にとっては。


 本書のテーマは吸血鬼であるがサブタイトルからも分かる通り、扱うのは民間伝承の吸血鬼、つまりは吸血鬼ドラキュラ伯爵以前の土着の吸血鬼である。主な舞台はスラブ圏で長く息づいてきた吸血鬼譚が西欧と出会う時代、即ち18世紀である。
 以下、長くなるので折りたたみ。


Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |