RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『吸血鬼』感想:★★★☆☆

2011.07.21 Thu

世界大ロマン全集〈第33巻〉吸血鬼 (1957年)
世界大ロマン全集〈第33巻〉吸血鬼 (1957年)H.H.エーヴェルス 植田 敏郎

東京創元社 1957
売り上げランキング : 1323689


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 吸血鬼は吸血鬼でも、今回読んだのはH・H・エーヴェルスの『吸血鬼』。
 以前言っていたように、読んだのは東京創元社の世界大ロマン全集の33『吸血鬼』。翻訳者は植田敏郎。図書館で借りた。
 創土社のブックス・メタモルファスに収められている前川道介翻訳の『吸血鬼』は買うには高いうえに、図書館にもないので諦めた次第。
 この翻訳者の違う2冊でどれくらい差があるのかは知らない。今回読んだ世界大ロマン全集の33『吸血鬼』末尾の訳者あとがきに「紙面の都合で少しつめた個所もある。(p.282)」と記されているので、全訳とは異なるのだろう。


 吸血鬼とは何か、との問いには明確な答えはない。が、根本的には死してなお生きる存在であろう。
 墓の中から地上に彷徨い出ては、本人の意思がどうであれ、己を生に繋ぎ止めるために生あるものの生命を啜る腐敗せぬ死者。けれども「腐らない」ことは大地に拒絶された悪しき者の証であると同時に、神に愛された聖者の印でもある。
 吸血鬼の面白いところはその両義性だ。聖と邪。そして被害者が加害者へと転化する二義性。簡単に割り切れないグレーな境界線上の存在だ。
 そして血を奪われる被害者とて、必ずしも純粋なる被害者ではない。吸血鬼は己の親しい人間を襲うとも言われている。血を求めて目の前に現れた吸血鬼が旧知の人間であったならば、思わず己の血を提供してしまう者もいるだろう。彼を救えるのは私だけ、一度そう思い込んでしまえば、それは血液を支払うに値する甘美な夢となっても不思議はない。
 
 
 本書の舞台となるのは第一次大戦中のアメリカ。軽くネタバレしておくと、本書には死してなお生きる「吸血鬼」は登場しない。
 主人公はフランク・ブラウン。ドイツ人である。世界を旅する彼がアメリカにたどり着いた時には既に、第一次世界大戦が勃発していた。
 夫を亡くし未亡人となっていたかつての恋人ロッテと再会し、雑誌編集者であるテーヴェスと知り合ったフランクは、彼の祖国ドイツのために敵国アメリカを転々としながら演説をぶつこととなる。
 だが、ロッテと再会してからというもの、彼は己の体に異変を感じ始めていた。自分がストローを差し込まれて中の果汁を吸い尽くされたオレンジになったかのようだとの感覚と、またそれを行っているのがロッテではないかとの考えを彼は抱くようになった。
 ロッテがフランクに渡したピカピカする折りたたみ式のナイフ、彼女が買い求めた己の胸を突いて血液を子供に与えようとするペリカンの紋章、ロッテとフランツの体調変動の一致……。
 積もる疑問を解決するべくロッテに迫るフランクだが、ロッテは答えない。答えたくないの。それがロッテの答えそのものであった。
 だがしかし、最後の最後でフランクは真実を知る。彼自身が知らなかった彼の病を。そして彼女の真意を。 



スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |