RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『フォースタス博士』感想:★★★☆☆

2011.10.30 Sun

noimage.gif


 NO IMAGEもNO IMAGE、Amazon含めどこにも書籍データがなくて泣いた。
 クリストファー・マーロウによる戯曲「フォースタス博士」は複数の本に収録されているが、今回私が読んだのは岩波文庫の『フォースタス博士』。翻訳者は松尾相、発行は昭和四年一月二十五日、定価は二十銭。
 岩波文庫はかつては★の数で値段を表しており、この頃は星一つで二十銭だったようですよ。昭和一桁の時代には既に郵便による注文も受け付けていたのですね。

 っと話がズレた。
 今回の戯曲の主人公はフォースタス博士。綴りはFaustus、つまりはファウスト。
 1589年には初演が行われていたと言われるこの「フォースタス博士」は、ドイツで出版された『実伝 ファウスト博士』そのものか、その英訳版を読んだマーロウが、ファウスト博士を彼の手で書き直した作品であります。
 マーロウの「フォースタス博士」は、1600年には既に書物としての登録が記録されているものの、実物は現存せず、現存する最古のものは1604年、その後1609年、1611年と版を重ね、1616年には他の作家による改編版が出、1631年まで重版を重ねた後、1663年にはさらに改編版、つまりはマーロウの物とはかなり趣が異なる、が出たのだと言う。
 今回、翻訳者が底本としたのは1901年のWard版であり、これは1604年本に基づいたものである。が、この1604年版も純粋なるマーロウの作とは呼べず、他の作家の手がかなり入っているのだそうな。


 その他の詳しい解説は本書を読んでもらうとして、私の感想としては一言。「『実伝 ファウスト博士』とほぼ一緒だなぁ」に尽きる。
 ファウストの面白可笑しい世界旅行や地獄見学のくだりはかなり割愛されているが、それで特に印象が変わるわけでなし。
 だが翻訳者曰く、
しかしマーロウは、後のレッシングやゲーテの如くフアウストの救濟を考へず、原傳説を忠實に劇化しこれに深刻な表現を與ふることに力めたやうである。現存の半ば以上他人の筆になる不完全なテクストに依て斷言することはできぬけれども、フアウスト本に於ては魔法の興味にのみ動かされ勝ちであつたフアウストに限りなく知識を求め魔法の研究により神の如き權能を得むとする靑年學者の巨人的風丯を與え、信仰を失つた者の痛切な苦悶を寫すことがマーロウの意圖であつたと思はれる。(p.87、解説)

 ……深刻な表現? う、うーん、ゴメンなさい、サッパリ分からなかったや。


 一旦ここで折りたたみ。




スポンサーサイト
Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |