RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『小悪魔(モダン・クラシックス)』感想:★★★★★

2013.06.17 Mon


小悪魔 (1972年) (モダン・クラシックス)小悪魔 (1972年) (モダン・クラシックス)
フョードル・ソログープ 青山 太郎

河出書房新社 1972-12-17
売り上げランキング : 1789307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「光と影」や「かくれんぼ」などの短篇で知られるソログープの長編作品。
 彼の描く短篇はごく普通の、まぁ多少は夢見がちな、人々がふとしたきっかけから幻想あるいは思い込みに取り付かれ、その人生を大きく変化させてしまうとの筋書きのものが多い。
 幻想に魅入られる主人公の多くは無垢な子供、少なくとも現実の醜さに耐えられない繊細な人物だ。

 が、今回の『小悪魔』は違う。
 この作品でも主人公ペレドーノフは幻想あるいは思い込みに取り付かれて破滅するし、彼を取り巻く環境は劣悪だ。だがペレドーノフその人もまた、環境に負けず劣らず劣悪な人物なのである。


 ペレドーノフはギムナジウムの教師である。定職を持ち出世欲の強い彼のことを、周囲の人間は自分の娘の良き婿候補と見做し、ことあるごとに結婚の斡旋を行うのだった。
 だがペレドーノフには既に同棲している女があった。この女ワルワーラは美しくもなければ機知に富んだ会話が出来るわけでもなし、更には財産もなく、そもそもペレドーノフは彼女を愛してはいないのだ。
 そんなワルワーラがペレドーノフを捕まえておける理由はたった一つ。彼女の親戚に公爵夫人がいるからだ。その夫人が口をきいてさえくれれば、ペレドーノフは視学官の地位を得られると言うのだ。
 出世欲の強いペレドーノフは、ワルワーラの言う公爵夫人なるあやふやな親戚を当てにして、ワルワーラと暮らし続けていた。ワルワーラはワルワーラで夫人を喜ばすために、早く自分と結婚しろと迫る。
 だが疑り深いペレドーノフは、ワルワーラとの結婚は公爵夫人が自分を視学官にしてくれてからだと譲らない。
 実際のところ公爵夫人とは親しくないワルワーラは焦った。このままではペドーノフは自分の嘘に気が付き、自分を捨てて他の娘と結婚してしまうのではないだろうか。もう若くもないワルワーラには、ペレドーノフほどの良い物件は二度と手に入らないに違いないのに。
 そこでワルワーラは友人と共謀して、公爵夫人の手紙をでっち上げることにした。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |