RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『生命とは何か―物理的にみた生細胞』感想:★★☆☆☆

2014.03.11 Tue

生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波文庫)

シュレーディンガー 岩波書店 2008-05-16
売り上げランキング : 17163
by ヨメレバ


 ワトソンとクリックによる発見により、生命システムに大きな変更が加えられるようになる以前に書かれた一冊。当時は遺伝情報を担っているのは巨大分子、一番可能性があるのはタンパク質だと見做されていた。
 まさか単なる四種類のDNAによって遺伝情報が担われているとは思われておらず、生命はもっと複雑で神秘的な存在だと思われていた時代に、偉大なる功績を残しながらも研究の最前線から身を引いた物理学者シュレーディンガーが一般向けに語った生命論がこの一冊。

 歴史の最前線に立ち続けられる時期には限りがある。それは悲しいけれども現実だ。
 身を引く理由は能力の衰えの場合もあれば、人間関係のもつれのせいもある。単なる自主的な理由の時もある。
 一線から退いた研究者が何をするかと言えば、語るのだ。今までの研究人生を元手にその分野を俯瞰し、あるいはその経験を元に他所の分野について語るのだ。
 シュレーディンガーが今回行っているのは、その両方である。生命の分野は彼の専門外だが、タンパク質その他の構造は物理学の守備範囲でもある。
 そして生命論は彼の、いや、生きている者ならば誰だって語る資格のある分野である。


スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |