RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『夏の夜の夢・あらし』感想:★★★★★

2012.12.27 Thu


夏の夜の夢・あらし (新潮文庫)

シェイクスピア 新潮社 1971-08-03
売り上げランキング : 13158
by ヨメレバ


 「夏の夜の夢」(もしくは「真夏の夜の夢」とも)と、「あらし」(「テンペスト」の方が通りが良いか?)の2作品を収めた1冊。
 そのどちらにも人間の英知の及ばぬより大きな存在の気配が満ち、人間の限界を認めると共にそれ故のおおらかさをも有する、豊穣でしなやかな世界が広がっている。
 その淡く切なく不格好に美しい古き良き世界は、極端と奇異を良しとする私にとっては否定したくて堪らない存在ではあるのだが、それでも作者の豊かな手腕を認めないのは、それはそれで醜悪だ。
 個人的な葛藤は後に回すとして、以下2作品のあらすじ。


 「夏の夜の夢」で舞台となるのは、アセンズ(アテネ)の地。
 アセンズの大公シーシアスは、アマゾン族の女王であるヒポリタとの婚礼を目前に控えていた。
 そんな中、アセンズに住まうイジアスは娘のハーミアをデメトリアスと結婚させようとしていた。その話にハーミアを愛するデメトリアスは大いに乗り気であるが、しかし何とハーミアはライサンダーを愛していると、それもライサンダーも自分を愛してくれている、つまりは両思いなのだと言い出す。
 父親の意に背く結婚はアセンズの法律違反。自分たちの気持ちを貫き通すために、ハーミアとライサンダーは駆け落ちを決意する。その前準備として、アセンズの近くの森へ逃げ出すことに。
 しかし彼らの計画を知ったハーミアの友人でありデメトリアスに恋するヘレナは、それをデメトリアスに教えてしまうのだった。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『オセロー(新潮文庫)』感想:★★☆☆☆

2012.12.07 Fri


オセロー (新潮文庫)

シェイクスピア 新潮社 1973-06
売り上げランキング : 32966
by ヨメレバ



 METライビビューイングの『オテロ』を観に行く前に予習がてら読んだのが、オペラの原作シェイクスピアのこの『オセロー』。
 けれど悲劇としての出来映えならば、原作よりもオペラの方が良い。
 それは偏に原作『オセロー』では、悲劇のヒロインとなり愛する夫の手で殺される無垢なる妻デスデモーナと、唆されて嫉妬に狂い妻を殺す悲劇の主人公オセローの結婚そのものに既に「罪」が含まれているからだ。



Theme:読書 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『サロメ』感想:★★★★☆

2011.07.07 Thu
サロメ (岩波文庫)
サロメ (岩波文庫)ワイルド Wilde

岩波書店 2000-05-16
売り上げランキング : 9191


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


エロディアスの侍童 見ろ、あの月を。不思議な月だな。どう見ても、墓から抜け出してきた女のやう。まるで死んだ女そつくり。どう見ても、屍をあさり歩く女のやう。(p.13)



 私は私であり貴方とは違う、なんてのは当然のことだ。
 私は皮膚という境界線で外界から区切られており、孤立している。そんなちっぽけな私が支配出来るのは、せいぜいのところ私本人だけであり、他人の感情に自由に関与するなんてことは不可能だ。

 だが時に、そんな不可能に挑みたくなる時がある。対象となるのは、特定の、執着を抱いた個人である。相手に己を見つめさせたい。相手に己と同じ執着を抱かせたい。相手の心に私を刻み込ませたい。一生忘れられないくらいに強烈に鮮烈に。
 それはドロリとした固体と液体の狭間の重く濁った欲望であり、欲望であるからには逼迫している。相手の心情を忖度してさしあげるほどの余裕などは当然ない。そこに存在するのは、己の欲望が叶うか叶わないかのどちらかの結果だけである。
 故に、手段を問わないのは当然のことながら、未来にも頓着しない。求めるのは、相手に己の存在を刻み付ける一瞬とその成功だけである。そして、その傷跡の種類だって、どうだって良いのである。相手が己に抱くのが愛だろうが憎悪だろうが、どちらでも構わないのだから。欲しいのはただ、その感情の苛烈さと深さだけ、だ。


 そんな誰をも幸福にしない泥沼な視野狭窄に陥るのが、本書のサロメである。
 彼女は前王と妃との間に生まれた娘であり、そして現在は現王エロドの義娘である。彼女の義父は彼女の実父を殺し、その妻を得た。しかしエロドはサロメをも欲していた。

 だが、サロメは
サロメ なぜ王はあたしを見てばかりゐるのだらう、目蓋を震わせ、土龍のやうな目をして?……妙なこと、母上の夫ともあらうに、あんな目であたしを見るなんて。あたしには解らない、どういふ意味なのか……、いゝえ、本当は解つてゐるの。(p.21)

と、王を拒絶する。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |