RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『かくれんぼ・毒の園 他五篇』感想:★★★★★

2013.08.22 Thu


かくれんぼ・毒の園 他五篇 (岩波文庫)

ソログープ 岩波書店 2013-03-16
売り上げランキング : 240218
by ヨメレバ


 岩波文庫からソログープ短編集。
 現在は絶版となっている中山省三郎翻訳の岩波文庫『かくれんぼ・白い母 他二篇』(中山省三郎・訳)に、昇曙夢翻訳による創元文庫『毒の園 他』を合本にした一冊。
 同じソログープ作品とは言えども翻訳者の違う二冊を合本することに違和感を覚えなくもないのだが、ソログープの有名作がこれ一冊で読めるとの利点には敵わないかなとも思う。
 合本しても随分と薄いしね。

 収録作品は以下。

・「かくれんぼ」 中山省三郎・訳
・「白い母」 中山省三郎・訳
・「光と影」 中山省三郎・訳
・「小羊」 中山省三郎・訳
・「白い犬」 昇曙夢・訳
・「毒の園」 昇曙夢・訳
・「悲劇 死の勝利」 昇曙夢・訳
 翻訳者それぞれの解説も収録。


 『かくれんぼ・白い母 他二篇』やアンソロジーに収録されることの少ない「白い犬」が、一番レアリティの高い一編だと思っていたら、著作権の切れた『死の勝利 序詞及び三幕(パンテオン叢書第二編)』が国立国会図書館によりデジタル資料化されており、家のパソコンからでも見ることが出来たのでありました。
 まぁ、表記や仮名遣いが現代化されていることに、今回の岩波文庫版は価値があるのかもしれない。
 同じように著作権が切れデジタル化されているソログープ作品としては、『創造される伝説』の第一部「血の滴」もある。三部作だが二部以降の日本語訳は存在していない模様。英訳版はあるものの、中古価格でもかなりお高い。

 もう何度も書いている気がするので、以下は簡単に。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『昇曙夢 翻訳・著作選集<翻訳篇2> 六人集、毒の園』感想:★★★★☆

2013.05.19 Sun


昇曙夢翻訳・著作選集 翻訳篇 2 六人集

昇曙夢,源貴志 クレス出版 2011-04
売り上げランキング :
by ヨメレバ


 1910年(明治43年)に貿易社から刊行された『露西亜現代代表的作家 六人集』と、1912年(明治45年)に新潮社から刊行された『露国新作家 毒の園』を復刻したもの。
 オリジナル版では書名も旧字体なのだが、本書では新字で紹介されているので、これに倣った。
 当時の復刻を謳うだけはあり、中身はオリジナルそのままである。つまりは旧字旧仮名の上に、オリジナルからして薄いのだろう読みにくい箇所も存在する。ところどころ振り仮名が振られるべき漢字からズレてもいる。

 この『六人集』と『毒の園』は既に一度1939年に、正教時報社から『還暦記念 六人集と毒の園 附・文壇諸家感想録』とのタイトルで復刻・合本されて刊行されている。
 ただし、この正教時報社版では、オリジナルの『毒の園』に収録されていたクープリンの「囈言」が、同著者の「生活の河」に変更されているとのこと。
 また「露西亞現代代表的作家 六人集」収録の作品は一部が伏せ字にされており、それが甚だしい「夜の叫」や「霧」などは内容が分かりにくくなってしまっている。
 前後の文脈と、それが伏せ字の対象とされたという事実から、穴埋めをするしかない。


 今回のクレス出版による『昇曙夢 翻訳・著作選集<翻訳篇2> 六人集、毒の園』に収録されている作品は以下。括弧内は私による注釈。

露西亞現代代表的作家 六人集
・「夜の叫」 バリモント
・「静かな曙」 ザイツェフ
・「閑人」 クープリン
・「かくれんぼ」 ソログーブ(ソログープ)
・「妻」 アルツイバーセフ(アルツィバーシェフ)
・「霧」 アンドレーエフ

露國新作家集 毒の園
・「毒の園」 フョードル・ソログーブ(ソログープ)
・「地下室」 レオニード・アンドレーエフ
・「夜」 ミハイル・アルツイバーセフ(アルツィバーシェフ)
・「白夜」 アナトリイ・カアメンスキー
・「三奇人」 アレキセイ・トルストイ
・「嫉妬」 コンスタンチン・バリモント
・「囈言」 アレキサンドル・クープリン
・「死」 ボリス・ザイツェフ




Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

パンテオン叢書第二編『死の勝利 序詞及び三幕』感想:★★★★★

2013.05.09 Thu




 国会図書館デジタル資料内の外部からもアクセス可能な一冊でした。
 ただ「ソログープ」ではヒットせずに、「ソログーブ」で検索して初めて出て来たおかげで、今の今まで外部からも読める資料だと気が付かなかった。
 ソログープの表記揺れとしては、「ソログーブ」の他に「ソログウブ」とあともう一つ見かけた気がするがなんだったかな。後は作品名で検索しておいた方が良いのだろうか、って割と邦題にブレがある上に割と一般的なタイトルが多くて泣ける。

 収録作品は3篇。
・「死の勝利」
・「白いお母樣」
・「白い犬」

 国会図書館のデジタル資料では序が乱丁しており、Ⅲページの後にⅥページ、Ⅴページ、Ⅳページという順になっている。
 デジタルなのだからこうちゃちゃっと直してくれたりしないのかな。それとも現物そのままなところに価値があるのかな。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『近代劇全集 29 露西亜篇』感想:★★★★★

2013.05.02 Thu




 図書館本。例によって書影が見つからない。
 ここ一ヶ月はこの手の、書影の見つからない本が多くなると思われます。ソログープの翻訳作品を探す旅に出ましたので……。

 ただこうやって書庫の奥から発掘する本が意外と面白くて、眠らせておくには勿体ないなぁと。
 大正から昭和初期あたりの日本の世相を反映して、この時代に産み出された本はどれも成長期といった面持ちで若々しく、そして何故か著者の欄に翻訳者の名前が書かれていたりと稚拙さも見られて、微笑ましい。いや笑えないのもあるけどさ。

 いつか今生まれた本も書庫の深くに追いやられる日が来るのだろうが、それを取り上げる未来の人は何を思うのやら。


 この露西亜篇に収録されている「近代劇」は5作品。翻訳は昇曙夢による。
・「人の一生」 レオニード・アンドレーエフ
・「我等が生活の日」 レオニード・アンドレーエフ
・「毆られる彼奴」 レオニード・アンドレーエフ
・「死の勝利」 フヨードル・ソログーブ
・「森の祕密」(別の題「畫家の夢」) エウゲニイ・チリコフ



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |