RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『輸血医ドニの人体実験 ―科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎』感想:★★★☆☆

2013.08.29 Thu


輸血医ドニの人体実験 ―科学革命期の研究競争とある殺人事件の謎

ホリー・タッカー 河出書房新社 2013-05-18
売り上げランキング : 168965
by ヨメレバ


 予想よりも平易な内容の一冊。いかにもアメリカ発の一般向けの科学書と言ったところか。
 「科学革命期の」とあるが、科学革命なるものがその言葉ほど明確なものではなかったこと、また科学者たちとそのパトロンである国あるいは個人により、それぞれの威信を賭けた発見合戦が繰り広げられたいたことが示されるに留まる。
 また「殺人事件」と謳ってはあるが、その顛末は割と簡易に示されるのみであり、当時の面倒極まりない司法制度には触れる程度で深くは踏み込んでいない。

 そのあたりを期待した読者には肩透かし、けれどもその手の興味を持たない読者にはなかなかに魅力的だろう。
 本書で描かれるのは、人間への輸血なる新たな概念に取り組んだフランスの片田舎出身の医師ドニが、血液循環説を支持するイングランドの王立協会(=新勢力)と、頑なに過去の体液説に固執するフランスのパリ大学(=旧勢力)の両方を敵に回しながら果敢に戦い、そして葬り去られるまでの物語である。


 けれどもドニは決して無垢なる悲劇のヒーローではない。彼も、彼のパトロンとなる貴族モンモールも、功名心に焦る卑小なる人間の一人に過ぎない。
 それは真っ向から睨み合う王立協会の面々も、パリ大学の教授連も同じである。誰が歴史的な発見を成し遂げるのか、誰が「正解」を手に入れるのか、誰もが火花を散らして烈しく鍔迫り合いを繰り広げる。
 けれども「正解」を採点してくれる絶対の存在などいはしない。だからこそ、彼らは「政治」を繰り広げるのだ。

 そしてその構図は、基本的には現代になっても変わってなどいない。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |