RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『原子の帝国』感想:★★★☆☆

2013.12.26 Thu


原子の帝国 (創元SF文庫)

A.E. ヴァン・ヴォークト
東京創元社 1966
売り上げランキング : 88128
by ヨメレバ



 表題作「原子の帝国」に加えて、「見えざる攻防」を収録。

 「原子の帝国」、主人公となるのはクレイン。
 舞台は人類が太陽系の各惑星にまで生息域を広げた遠未来。だが、原子力その他の科学の原理は忘れられてしまっていた。
 クレインはリン帝国の皇帝の息子夫婦の子として生まれたが、しかし、母親の不注意故にミュータントとしてこの世に生を受けることとなった。
 生まれた彼を即刻抹殺しようとする皇帝一族の意向を覆すべく、奮闘したのは神殿科学者のジョクイン。
 ジョクインはミュータント、神の子、に普通の教育を施せばどうなるのか試してみたかったのだ。ミュータントは仲間から迫害されるが故なのか、どれも短命でまともな大人には育たたないのが通例であったから。
 彼の命がけの抗議により生きることを許可されたクレインは、ジョクインの教育の元に成長し、ジョクインや皇帝をも驚かすほどに利発な青年へと変貌を遂げつつあった。
 リン帝国に脅威が忍び寄る中、望まれぬ存在であったクレインは、帝国の存亡のために動き出す。


 「見えざる攻防」で主人公となるのは、マイクル・スレード。
 彼はある日、交通事故に遭った。額に負った大きな切り傷の下から見付かったのは、第三の目。
 スレードは長らく、己の額になにやら柔らかい部分があることを知ってはいたが、それが「目」であることを事故によって初めて知ったのだ。
 三ツ目の夫に驚愕したスレード夫人は、皮膚移植により三つ目の目を隠すことを願うが、スレード本人は新たな目の視力矯正を試みることを決意する。
 この目の存在により妻や今までの人間関係を失いつつあるスレードは、その一方で三つ目の目により新たな次元の地球を見いだしつつあった。
 その次元の地球では、他人の血を啜る人間が跋扈していた。しかもスレードは、その世界を一変させる鍵を握っていると言われ……。


スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |