RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『かくれんぼ・毒の園 他五篇』感想:★★★★★

2013.08.22 Thu


かくれんぼ・毒の園 他五篇 (岩波文庫)

ソログープ 岩波書店 2013-03-16
売り上げランキング : 240218
by ヨメレバ


 岩波文庫からソログープ短編集。
 現在は絶版となっている中山省三郎翻訳の岩波文庫『かくれんぼ・白い母 他二篇』(中山省三郎・訳)に、昇曙夢翻訳による創元文庫『毒の園 他』を合本にした一冊。
 同じソログープ作品とは言えども翻訳者の違う二冊を合本することに違和感を覚えなくもないのだが、ソログープの有名作がこれ一冊で読めるとの利点には敵わないかなとも思う。
 合本しても随分と薄いしね。

 収録作品は以下。

・「かくれんぼ」 中山省三郎・訳
・「白い母」 中山省三郎・訳
・「光と影」 中山省三郎・訳
・「小羊」 中山省三郎・訳
・「白い犬」 昇曙夢・訳
・「毒の園」 昇曙夢・訳
・「悲劇 死の勝利」 昇曙夢・訳
 翻訳者それぞれの解説も収録。


 『かくれんぼ・白い母 他二篇』やアンソロジーに収録されることの少ない「白い犬」が、一番レアリティの高い一編だと思っていたら、著作権の切れた『死の勝利 序詞及び三幕(パンテオン叢書第二編)』が国立国会図書館によりデジタル資料化されており、家のパソコンからでも見ることが出来たのでありました。
 まぁ、表記や仮名遣いが現代化されていることに、今回の岩波文庫版は価値があるのかもしれない。
 同じように著作権が切れデジタル化されているソログープ作品としては、『創造される伝説』の第一部「血の滴」もある。三部作だが二部以降の日本語訳は存在していない模様。英訳版はあるものの、中古価格でもかなりお高い。

 もう何度も書いている気がするので、以下は簡単に。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『かくれんぼ・白い母 他二篇』感想:★★★★★

2012.01.26 Thu


かくれんぼ・白い母―他二篇 (1953年) (岩波文庫)
かくれんぼ・白い母―他二篇 (1953年) (岩波文庫)ソログープ 中山 省三郎

岩波書店 1953
売り上げランキング : 1512998


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 旧字旧仮名。
 収録されているのは、以下の4作品。
・「かくれんぼ」
・「白い母」
・「光と影」
・「小羊」

 一番長い作品である「光と影」でもせいぜい50ページ、最も短い「小羊」になると僅か6ページ。翻訳者のあとがきを入れてもトータルで117ページの薄い1冊ながら、読後に残す印象は鮮やかな白と黒。
 鋭いくせに繊細で、触ると溶けてしまいそうな儚さを有するソログープの短篇たちは、実に寒い冬に相応しい。と、個人的には思う。

 そんなわけで、復刊しましょうよ岩波文庫さん。もうすぐ青空文庫で読めるようになりそうだけどさぁ。



Theme:オススメの本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |