RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『時間はだれも待ってくれない 21世紀東欧SF・ファンタスチカ傑作集』感想:★★★☆☆

2011.10.07 Fri
時間はだれも待ってくれない

高野 史緒 東京創元社 2011-09-29
売り上げランキング : 59764
by ヨメレバ


 私の本棚の事情的には文庫で出して欲しかった1冊。「21世紀東欧SF・ファンタスチカ傑作集」がサブタイトルだが、SFよりも幻想小説に傾いている印象。

 収録作品は以下。

・オーストリア
「ハーベムス・パーパム(新教皇万歳)」 ヘルムート・W・モンマース 識名章喜・訳
・ルーマニア
「私と犬」 オナ・フランツ 住谷春也・訳
「女性成功者」 ロクサーナ・ブルンチェアヌ 住谷春也・訳
・ベラルーシ
「ブリャハ」 アンドレイ・フェダレンカ 越野剛・訳
・チェコ
「もうひとつの街」 ミハル・アイヴァス 阿部賢一・訳
・スロヴァキア
「三つの色」 シチェファン・フスリツァ 木村英明・訳
「カウントダウン」 シチェファン・フスリツァ 木村英明・訳
・ポーランド
「時間はだれも待ってくれない」 ミハウ・ストゥドニャレク 小椋彩・訳
・東ドイツ
「労働者階級の手にあるインターネット」 アンゲラ&カールハインツ・シュタインミュラー 西塔玲司・訳
・ハンガリー
「盛雲(シェンユン)、庭園に隠れる者」 ダルヴァシ・ラースロー 鵜戸聡・訳
・ラトヴィア
「アスコルディーネの愛─ダウガワ河幻想─」 ヤーニス・エインフェルズ 黒沢歩・訳
・セルビア
「列車」 ゾラン・ジヴコヴィッチ 山崎信一・訳


 解説は沼野充義。序文は編者の高野史緒。この序文はネットに公開されている。興味のある方はどうぞ。
ツァーリとカイザーの狭間で――文化圏としての東欧」(クリックで飛びます)

 全部で12作品。ハードカバーの割りに、少ないなぁ。各作品に対する感想は折りたたみ。



スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |