RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『屍衣の花嫁(世界恐怖小説全集・12)』感想:★★☆☆☆

2011.12.08 Thu

屍衣の花嫁―世界怪奇実話集 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第12〉)
屍衣の花嫁―世界怪奇実話集 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第12〉)平井 呈一

東京創元社 1959
売り上げランキング : 1462140


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 翻訳、編集ともに平井呈一。
 「解説」によれば、実話篇である本書は本来ならば「世界恐怖小説全集」の最終巻として最後に発行される予定だったのが、他巻の担当翻訳者の都合で前倒しで発行されたそうな。

 本書は三部構成となっている。その内訳を「解説」から引用すると、
”Ⅰ”には記録風なもの、”Ⅱ”には実話、”Ⅲ”には参考の意味で、現代の心理学、精神分析学が「怪異現象」というものをどう解釈づけているかという見本に、ナンドー・フォーダー博士の講演を訳出しておいた(p.291)

とのこと。
 最後のⅢ部には「現代の」との記述が見えるが、本書が発行されたのが1959年であることからお察し頂きたい。
 フォーダー博士の怪異の解釈はなかなかに面白いとは思うが、彼が言い張る件の怪異の理由が余りにもテンプレートであり、またご都合主義に感じられ、今となってはその信憑性に疑問が残るところだ。


 以下、収録作一覧は長いので折りたたみ。



スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |