RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『太陽の塔』感想:★★☆☆☆

2011.11.25 Fri

太陽の塔 (新潮文庫)

森見 登美彦 新潮社 2006-05
売り上げランキング : 3338
by ヨメレバ


 ないようがないよう。

 太陽の塔、それは謎めいたな構造物である。それが立つ万博公園には子供の頃何度も行っており、塔は私に身近な存在のはずであった。
 だが、ある日。珍しく大阪モノレールに揺られていた私は、晴れた日中の心地よい微睡みから目覚めた。ふと顔を上げたのは万博記念公園駅でのこと。
 そこで私は目が合った。太陽の塔と。正確には、太陽の塔の複数ある顔の一つと、目が合った。太陽の塔の金色の顔は、故意になのだろうか、モノレールと同じ高さなのである。なのでバッチリ目を合わせることが可能となっている。
 うたた寝から目覚めて直後に受けたその衝撃は、言葉に表しにくい。私は何かを叫ばなくてはならない衝動に駆られたが、「気持ち悪い!」では太陽の塔が確かに有する何らかの偉大さを表現出来ず、「凄い!」ではこの気味の悪さを排除することとなり、「意味分からん!」ではこの構造物が持つ奇妙な親近感を追い出すことになる。
 すっかり深い悩みの中に落ち込み、何を叫ぶべきなのか分からずに口を半開きにした私を乗せて、モノレールは万博記念公園駅を出発した。
 青い空、すぐそこで煌めく太陽の塔の金色の顔。あの光景を私はきっと忘れないだろう。
 後に「モノレール乗ってたら太陽の塔と目が合った」と知人に語ったところ、彼女は「前に見た時はライトアップされてたよ」との恐ろしい情報をくれた。夜空に浮かび上がる光る金色の顔。泣く。私はきっと泣く。
 ……私は兎も角として、子供の心に深い傷を残しそうな気がするのだが、大丈夫か。


 とまぁ、太陽の塔は奇妙奇天烈で理解不能なクセに、妙に馴れ馴れしい顔をして私の記憶に座を占めている。だが、そんな強烈な構造物の固有名を冠した本書は、私にとって「ないようがないよう」状態である。



スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『月桃夜』感想:★★★☆☆

2011.11.17 Thu

月桃夜

遠田 潤子 新潮社 2009-11-20
売り上げランキング : 269102
by ヨメレバ


 奄美の海をただ流されるままのカヤックの中で、茉莉香は溜め息を吐いた。海から続く空に浮かぶのは下弦の月。
 死を覚悟して漂う彼女のカヤックに降り立ったのは、大きな鷲だった。曲がった嘴、強靱な爪。片眼の潰れた鷲は茉莉香に語りかける。
 それは今は遠い昔、彼の島が薩摩の支配にあった時代の、生まれながらの奴隷である少年と、奴隷に身を落とした少女の物語。少年の名前はフィエクサ、意味は鷲。少女の名前はサネン。月桃の意味だ。
 幼くして両親を亡くした彼らは兄妹のように育った。フィエクサにとってサネンはただ一つの生きる理由であった。だが彼らの成長と共に、二人だけの幸福な関係は色を変えていく。
 そして、茉莉香にも大きな秘密があった。
 どうして鷲は世界の終わりを願い、茉莉香は海を漂流することとなったのか。その理由が明かされた時、長い長い夜が終わる。


 兄妹の恋愛モノは今も昔も一定の人気を誇るジャンルのようだ。血が繋がった者の間に芽生える禁断の愛のテーマに魅せられる人は多いのだろう。確か今放送中のドラマ『蜜の味』も兄妹でこそないが、叔父と姪の禁断の恋がテーマなようだし。
 本書『月桃夜』も兄妹間の禁断の関係がテーマとなってはいるが、その問題が表面化するのはかなり後半になってからである。

 それよりも目を惹くのは江戸時代末期に於ける奄美大島の実情である。砂糖の生産を強制される島と、そのために生み出されたヤンチュと呼ばれる奴隷。貧しい者から順々にヤンチュへと身を落とし、ヒザと呼ばれるヤンチュの子供は生まれた瞬間から死ぬまでずっと奴隷だ。本書に登場するフィエクサはヒザであり、サネンはヤンチュである。
 苛酷な環境で生まれた上に幼くして両親を亡くし、すっかり心を閉ざしてしまったフィエクサが、同じく独りぼっちのサネンと出会い、彼女が自分を見てくれること、自分に語りかけてくれることを支えに、彼女のために生きて行こうと決意する様が悲しく切ない。またその願いが彼の、そしてサネンの人生を大きく変えてしまうのである。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |