RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『飛行船ものがたり』感想:★★★☆☆

2014.03.25 Tue

飛行船ものがたり
飛行船ものがたり天沼 春樹

NTT出版 1995-04
売り上げランキング : 207997


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 飛行船に魅入られた作者による、飛行船に纏わる一冊。
 空気よりも軽い機体を袋に入れ、その浮遊力で飛ぼうという概念が生まれた。最初は暖かい空気を用いた熱気球、そして後には水素、下ってはヘリウムを用いた飛行船へと繋がって行く。
 科学の勃興と共に飛行船は見世物として、そして後には夢のある技術としてその命脈は繋がり、第一次世界大戦を経て洗練を増す。

 だが一度目の世界大戦で戦時に投入されるにはあまりに不安定要素が多いと判断された飛行船は、飛行船先進国ドイツではもはや商業路線でしか生き残る道を持たなかった。
 一時はグラーフ・ツェッペリン号の世界一周旅行により名声を得たものの、ドイツ―アメリカ定期便として着実に実績を積みかさねていたヒンデンブルク号の印象的すぎる爆発炎上事故により、夢は潰えた。
 未だ飛行船を所持していたアメリカ海軍も、ヒンデンブルク号の後、その二隻を解体しここに飛行船の歴史は幕を下ろす。


 ヒルデンブルク号の事故は、ヘリウムではなく水素を浮揚ガスとして用いていたことが原因とされている。
 ナチス政権下のドイツにアメリカがヘリウムの販売を許可しなかったがために、ヒルデンブルクは水素で飛び、何度も安定的に飛び続けていたにも関わらず、その日、炎上したのだった。
 人間の抱いた夢によって育まれ、戦争により洗練され、そして国家間の諍いにより燃え尽きた飛行船の過去と今を描く一冊。 


スポンサーサイト
Theme:読書メモ | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『火の賜物―ヒトは料理で進化した』感想:★★★★★

2011.07.02 Sat
火の賜物―ヒトは料理で進化した
火の賜物―ヒトは料理で進化したリチャード・ランガム 依田 卓巳

エヌティティ出版 2010-03-26
売り上げランキング : 10166


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これは良書。ここ最近の(と言えるほど読んでもいないのだが)サイエンスノンフィクションの中では、一番のヒット。
 一応最初に断っておくが、私は基本的に「でかい仮説」をぶち上げる人が非常に好きである。蛸壺化が進行する現代科学において、その境界線に穴を開け、分野を越える大きな仮説を提唱するだなんて、それだけで偉大だと思うからだ。
 分野を越えると言うことは己の守備範囲から飛び出すということであり、そして越えた先の分野の研究者から「専門外のくせに」とせせら笑われる危険性をいつだって秘めている。
 その全てを覚悟して、受け入れて、それでも己の仮説を信じて戦い続け、新たに知識を得る度に仮説の修正をし、そしてそしてこんな一般書を発行するに至るほどの結果を得るとは、そこまでにどれだけの苦労と苦難があったことか。
 まぁ、そんな私の嗜好全開で星5つ評価。ちなみに同じ理由でマクリールの『疫病と世界史』もとても好きだとここで告白しておく。


 長くなったので、続きは折りたたみ。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |