RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『殺人者の顔』感想:★★★★☆

2015.08.29 Sat

殺人者の顔 (創元推理文庫)
殺人者の顔 (創元推理文庫)ヘニング マンケル Henning Mankel

東京創元社 2001-01
売り上げランキング : 59881


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 日常。常なる日々。だがそんなのは、まやかしだ。変わりの無い日々は、突然に変わる。
 平凡な家族だと思っていたのに、娘は十五の時に突如自殺を図った。田舎にはどこにでもいる貧しい農夫の隣人は、突如惨たらしく殺された。


 スウェーデンの片田舎イースタ署に務める刑事、クルト・ヴァランダーの人生は狂ってしまった。平凡だけれどもそれなりに幸せな家庭を築けていると思っていたのに、十五歳になった娘リンダは自殺を図った。その理由は、今でも分からないままだ。
 それからリンダとの関係はこじれてしまった。彼女は家を出て行方もよく分からない。たまにヴァランダーに寄越す電話だけが彼と娘とを繋いでいる。
 妻のモナは家を出た。ヴァランダーといると自分の人生が駄目になると言う。ヴァランダーには分からない。
 ヴァランダーに分かるのは、自分は孤独だということだけだ。そんな彼に追い打ちを掛けるように、老夫婦の惨殺事件が起こる。
 第一発見者である隣人が言うには、彼らはこの田舎ではありきたりな貧しい農民夫婦だったと言う。だが彼らの殺され方は「ありきたり」とは言えない。妙だ。
 虫の息の妻が残した最後の言葉は「外国の」。外国人排斥運動が吹き荒れるスウェーデンでは、その言葉は致命的になり得た。この惨たらしい事件の犯人が外国人だなどと知られれば、その報復に国内で保護されている亡命者が襲撃されるのは必須であった。

 ヴァランダーたちはこの情報を秘匿することを決めるが、しかし情報は漏れてしまった。署内に裏切り者がいるのだ。
 そして彼の危惧した通り、外国人を襲撃するとの予告がもたらされる。何の罪もない亡命者たちを守るため、何の罪もない老人を殺した犯人を捕まえるため、ヴァランダーは精神的にも肉体的にもボロボロになりながらも事件を追う。

ヴァランダーは理解しようと努めた。しかし、結局最後には、さんざん考えてきたことに戻るのだった。いま自分がいるのは新しい世界なのだ。そのことがいままではよくわからなかった。警官としての自分は、ほかの、もっと古い世界に生きている。どうしたらこの新しい世界についていけるのだろう。世の中の大きな変化、それもとんでもない速さで変わる世の中に、自分は不安を抱いている。その不安を、どうしたらいいのだ?(p.349)



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『蜘蛛 (世界恐怖小説全集・11)』感想:★★★☆☆

2015.08.22 Sat

蜘蛛 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第11〉)
蜘蛛 (1959年) (世界恐怖小説全集〈第11〉)植田 敏郎

東京創元社 1959
売り上げランキング : 2246199


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 H・H・エーベルスの短編集かと思ったが、違ったぜ。
 収録作品は以下。

・「ロカルノの女乞食」 クライスト
・「たてごと」 ケルナー
・「蜘蛛」 エーベルス
・「みいら」 エーベルス
・「死んだユダヤ人」 エーベルス
・「イグナーツ・デンナー」 ホフマン
・「世襲地」 ホフマン

 エーヴェルスとホフマンが同居してるって時点で結構アレだよなぁ……。
 特にどこにも書かれていないけれど、ドイツ縛りでお送りしている模様です。
 あとどうでもいいが、目次では解説は251pからとなっているが、実際は283pから。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『原子の帝国』感想:★★★☆☆

2013.12.26 Thu


原子の帝国 (創元SF文庫)

A.E. ヴァン・ヴォークト
東京創元社 1966
売り上げランキング : 88128
by ヨメレバ



 表題作「原子の帝国」に加えて、「見えざる攻防」を収録。

 「原子の帝国」、主人公となるのはクレイン。
 舞台は人類が太陽系の各惑星にまで生息域を広げた遠未来。だが、原子力その他の科学の原理は忘れられてしまっていた。
 クレインはリン帝国の皇帝の息子夫婦の子として生まれたが、しかし、母親の不注意故にミュータントとしてこの世に生を受けることとなった。
 生まれた彼を即刻抹殺しようとする皇帝一族の意向を覆すべく、奮闘したのは神殿科学者のジョクイン。
 ジョクインはミュータント、神の子、に普通の教育を施せばどうなるのか試してみたかったのだ。ミュータントは仲間から迫害されるが故なのか、どれも短命でまともな大人には育たたないのが通例であったから。
 彼の命がけの抗議により生きることを許可されたクレインは、ジョクインの教育の元に成長し、ジョクインや皇帝をも驚かすほどに利発な青年へと変貌を遂げつつあった。
 リン帝国に脅威が忍び寄る中、望まれぬ存在であったクレインは、帝国の存亡のために動き出す。


 「見えざる攻防」で主人公となるのは、マイクル・スレード。
 彼はある日、交通事故に遭った。額に負った大きな切り傷の下から見付かったのは、第三の目。
 スレードは長らく、己の額になにやら柔らかい部分があることを知ってはいたが、それが「目」であることを事故によって初めて知ったのだ。
 三ツ目の夫に驚愕したスレード夫人は、皮膚移植により三つ目の目を隠すことを願うが、スレード本人は新たな目の視力矯正を試みることを決意する。
 この目の存在により妻や今までの人間関係を失いつつあるスレードは、その一方で三つ目の目により新たな次元の地球を見いだしつつあった。
 その次元の地球では、他人の血を啜る人間が跋扈していた。しかもスレードは、その世界を一変させる鍵を握っていると言われ……。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ブラインドサイト』感想:★★★★★

2013.12.17 Tue

ブラインドサイト<上> (創元SF文庫)ブラインドサイト<下> (創元SF文庫)


 我々人間は、果たして「最適解」なのか?
 客観的なる意見など持ちようがない。そういう風に我々は作られてはいないのだ。
 私の見る世界は、どこまでも私本位なものである。私が見たいものしか、私が予測し得るものしか私は見ることが出来ない。
 ブラインドサイト現象もその一つだ。
 視覚野は見ているのに、脳は見ていない状態を指す。目という入力端子から確かに信号は送られているのだが、しかし、脳はそれを認識出来ない。見えているのに、見えないのだ。

脳は生存エンジンであって、真実発見器ではない。自己欺瞞が適応性を促進するなら、脳は嘘をつく。不適合なものを――知覚しなくなる。真実はどうでもいい。適応性だけ。きみたちは存在するがままの世界を体験しない。経験するのは推測に基づくシミュレーションだけ。ショートカット。嘘。種全体が最初から失認症。(下巻 p.140)



 私にはこんな経験がある。
 小学生だったある夏の日、私は学習机に向かって勉強をしていた。すると消しゴムがないのだ。確かに先ほどまではあったはずなのに。
 消しゴムが勝手に動くはずはなく、そして私もまた机から離れてはいない。ならば近くにあるはずだと探し回ったが、ない。
 途方に暮れる中でふと気が付いた。左の手のひらがなんだか暑い。汗をかいている。
 見れば私の左手は握られていた。一体いつから握っていたのか分からぬままに手を開けば、そこにはあれほど探し回った消しゴムが。
 探す過程で何度か視野に左手は入ったはずなのに、それが不自然に握られていることに気が付かなかった。握り締めた手の中に何かがあることを、一度も意識しなかった。
 この経験はなかなかに強烈であって、今でも私は探し物をする際にはまず手を広げてチェックしてしまう。

 他にも、お団子にした髪の毛に鉛筆を差し込んだのを忘れて探し回ったこともある。何故か右手に持った教科書を必死に探したこともある。
 私ほどではなくとも、誰にだってこの手の失態はあるのではないだろうか。
 情報は入力されているにも関わらず、意識されない。この欠陥。
 果たして人間は、本当に優秀なのであろうか。生物として「最適」な進化を遂げた存在なのであろうか?


 人間の設計はただの自然の気まぐれであり、他にもっと素晴らしい解答があるのではないか。知能にはもっと別の姿があるのではないか。
 本書はそう問いかける。
 本書は決して読みやすくはない。登場人物もことごとく人間から逸脱した存在である。
 読む人を選ぶのは確かだが、しかし、一度チャレンジしてみる価値はあると私は思う。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

『シャーロック・ホームズの誤謬 「バスカヴィル家の犬」再考』感想:★★☆☆☆

2013.12.16 Mon


シャーロック・ホームズの誤謬 (『バスカヴィル家の犬』再考) (キイ・ライブラリー)

ピエール・バイヤール
東京創元社 2011-06-29
売り上げランキング : 482700
by ヨメレバ


 シャーロック・ホームズの「バスカヴィル家の犬」事件には、真犯人がいる! ホームズは真犯人にまんまと嵌められ、無実の人間を犯人に仕立て上げてしまっているのだ。
 ……が主な論旨の一冊。



 ホームズシリーズを読む現代の人間ならば誰でも、時折疑問を抱くだろう。「ちょっとそれは牽強付会に突入してやいないか」、と。
 とは言え、それはそれとして楽しむ人の方が多いだろう。ホームズシリーズは虚構なのだ。ホームズが無理な推理を行い無実の人間を罪に問うていようとも、実害はない。
 しかし世の中とは広いもので、無実の罪を着せられた作中人物を救ってやろうと一冊本を物す者が現れた。ピエール・バイヤールその人である。

 彼はワトソンが記した「バスカビル家の犬」事件そのものがワトソンの目を通して書かれた歪んだものであることを指摘し、可能な限りで事件そのものを公正に再構築する。
 そしてホームズが彼の特有のロマンティスト気質のために見落とした事件の真相に迫る。

 本書の最初の1/4は「バスカビル家の犬」事件の概要の再説明に費やされ、続く1/2はバイヤールの思想と実践についてが語られ、残りの1/4でようやくバイヤール探偵による事件の「真相」の種明かしが成される。
 つまり必要なのは最後の1/4のみで、残りの部分はそう重要ではない、少なくとも私にとっては不要、だ。
 特に中央1/2で成されるバイヤールの主張は、正直私には付いていけない。

 とは言えども、最後の1/4で示される真犯人像はなかなかに面白い。実にあり得そうで、ホームズに挙げられた「犯人」が可哀想になる。
 誰かこの設定で映画撮らないかな。



 以下は、私にとって不要と思われる真ん中1/2の話。
 ネガに傾いている上に長いという二重苦となっております。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『バスカヴィル家の犬 【新訳版】』感想:★★★★☆

2013.11.04 Mon


バスカヴィル家の犬 (創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 2013-02-27
売り上げランキング : 86335
by ヨメレバ


 先にグラナダTVが映像化した『バスカビル家の犬』を見ていたおかげか、文字情報だけで様々な映像が頭の中に喚起され、舞台となるムーアの陰鬱さと、長年バスカヴィル家に取り憑いてきたとされる魔犬の伝説の忌まわしさが実に生き生きと迫って来た。
 同じ長編の『緋色の研究』、『四人の書名』とは違い、ホームズの推理編と犯人が語る解答編の二部構成になっていないのも良い。

 やっぱりホームズは理路整然とした推理モノとしてよりも、怪奇モノとして推した方が輝く。
 ムーアに多数残る古代人の住処の跡なんて、特に奇妙で物悲しく、口から火を吐くとされる魔犬の伝説と相俟って物語全体を独特の雰囲気で取り巻いている。
 理解を撥ね付ける不可思議の底に沈むパスカヴィル家の怪を、ホームズは最後には理路整然と解きほぐし、全てを人の手に、つまりは理解の下に組み伏せる。
 しかし、それでもあまりにも魅力的なムーアと魔犬の香りは残されているように思えるのは、単純に私がそれらをあまりにも気に入ったが故なのか。


日が落ちてのち、ムーアを横切ることなかれ――世に逢う魔が刻と言うごとく、そは悪霊の跋扈する魔の刻なればなり、と。(p.32)




Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】』感想:★★★☆☆

2013.10.31 Thu


回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】 (創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 2010-07-27
売り上げランキング : 78908
by ヨメレバ


 『シャーロック・ホームズの冒険』に続く2作目の短篇集にして、シリーズ4作目。そしてホームズが表舞台から一旦去る巻でもある。

 収録作品は以下の11作。
・「〈シルヴァー・ブレーズ〉号の失踪」
・「黄色い顔」
・「株式仲買店員」
・「〈グロリア・スコット〉号の悲劇」
・「マズグレーヴ家の儀式書」
・「ライゲートの大地主」
・「背の曲がった男」
・「寄留患者」
・「ギリシア語通訳」
・「海軍条約事件」
・「最後の事件」


 キラリと光る作品もあるけれど、もうちょっと手を掛けてあげればずっと良くなりそうなのにと思える作品もちらほらと見られる。ドイルは『シャーロック・ホームズの冒険』に収録されている「橅の木屋敷の怪」でホームズを殺したがっていたと解説で説明されていたように、ホームズ物の短篇を書くのに飽きが来ていたのだろうか。
 彼の心情は知らねど、「最後の事件」においてドイルはホームズそのものを殺してしまうこととなる。
 最も心血を注いだ作品よりもずっと高い評判と評価を取ったこのホームズ譚に対して、ドイルが色々と思うところがあったのだろうと想像するのは易しいが、ホームズが作者に疎まれる姿を見るのはなんとも心苦しい。

 以下、各話感想。長い。


Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『シャーロック・ホームズの冒険 【新訳版】』感想:★★★★☆

2013.10.23 Wed


シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 2010-02-20
売り上げランキング : 277550
by ヨメレバ


 Amazonではタイトルに【新訳版】と付いていなかったが、東京創元社のサイトでは付けられていたので後に従った。
 同じレーベル、同じ翻訳者の「シャーロック・ホームズ・シリーズ」である『緋色の研究』、『四人の署名』に【新訳版】と付した以上、揃えないと何だか気持ちが悪いしね。


 ホームズシリーズ三作目にして初の短篇集。収録作は以下の12タイトル。
・「ボヘミアの醜聞」
・「赤毛組合」
・「花婿の正体」
・「ボスコム谷の惨劇」
・「五つのオレンジの種」
・「くちびるのねじれた男」
・「青い柘榴石」
・「まだらの紐」
・「技師の親指」
・「独身の貴族」
・「緑柱石の宝冠」
・「橅の木屋敷の怪」

 この短篇たちでホームズ人気に火がついたのも納得な、どれもこれも面白い作品だった。
 適度に意表を突きながらも、決して死体累々になりすぎもせず、かと言って普通に埋没することもなく、ほどよく日常と異常のあわいを保持するバランス感覚には脱帽。憂鬱な通勤電車のお供としては、こりゃ最適だ。
 ただ短すぎて、闇の差す暇がない。前回、「作品内に潜む意図的または無意識な歪さが良いよね」と書いた私の立場は一体。

 ただこのネガティブな印象がなくとも、作品が強度を失わずに成立しているのは短さ故だとも言えそうだ。
 長編である『緋色の研究』、『四人の署名』は共に犯人による事件の全体像の告白部分が独立して存在し、その二部構造はなんだか座りが悪かったのだが、短篇では事件の真相告白部分も上手く取り込まれており、違和感はない。


 しかし全体的に、ワトスンによるホームズの回想との体が漂い、つまりはホームズが既に過去の存在となっているかのような印象を受ける。
 永遠に失われた親友との思い出を綴るかのようなワトスンの語りが、なんとも寂しい。が、これは単に私の思い込みなのかもしれない。
 以下、各話の感想。長い。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『四人の署名【新訳版】』感想:★★★☆☆

2013.10.15 Tue


四人の署名【新訳版】 (創元推理文庫)

アーサー・コナン・ドイル 東京創元社 2011-07-27
売り上げランキング : 114521
by ヨメレバ


 『緋色の研究』に続く、ホームズシリーズ長編2作目の本作。
 ホームズの奇異な性格にも慣れたつもりだったワトスンだが、暇を持て余したホームズのコカイン遊びにだけは慣れることが出来ない。ついに耐えかねたワトスンは、医師としてまた友人としてホームズに意見するのだが、己の頭脳に見合う事件がないのが悪いとホームズに一蹴されてしまう。

 そんな怠惰が支配する日々を打ち破ったのは、麗しき依頼人。彼女、メアリー・モースタン嬢は今や有名となったホームズに、とある奇妙な事件を持ち込んできたのだ。
 彼女が語るところによると、インドの監獄で守衛を務めていた軍人である父モースタン大尉はかつてイギリスに一時帰国した翌日に失踪したが、彼の親友であったショルトー少佐は彼が帰国していたことを全く知らなかった旨を証言したのだそうだ。しかし不思議なことにショルトー元少佐が死んだ年から、毎年一粒の見事な真珠が贈られるようになったのだと言う。
 真珠の贈りものが数年続いた末に、ついに今年、その贈り主から呼び出された。
 不安に思った彼女は、二人までなら同伴者を許可すると手紙にあったことから、ホームズに付き添いと、そしてこの不思議な事件の真相の追究を依頼しに来たのだった。

 モースタン嬢の持ち込んだ事件にホームズは心躍らせ、そしてワトスンもまた違う意味で心躍らせていた。
 さっそく手紙に従い、モースタン嬢とホームズ、ワトソンの三人が向かった先では、しかし、既に完遂された殺人現場が待ち構えていた。
 死体に残された「四の符牒」との謎めいた走り書き、小さすぎる足跡。魅力的な事件と、魅力的な依頼人が迎える結末は如何に。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『悪魔と警視庁』感想:★★★☆☆

2013.05.07 Tue


悪魔と警視庁 (創元推理文庫)

E・C・R・ロラック 東京創元社 2013-03-21
売り上げランキング : 38827
by ヨメレバ


 花粉症で鼻水の海に溺死寸前だった時期に読んだ割に、するすると読み終わったのを考えると、かなりリーダビリティの高い一冊。
 ただ推理物の常とは言えども、登場人物がそれなりの数なので、花粉症で鈍った頭には辛う御座いました。

 が、星の数が2つ少ないのはそんな問題ではなく、印象的な事件、イギリスの霧を背景とする魅力的な描写、理知的な主人公の活躍といった素晴らしさに比して犯人が、そしてそれを庇い続けたとある人物の理由があまりにもありきたりすぎるのが理由。
 第二の主人公とも言うべき存在感を放った人物の行動理由としては、チープに過ぎて、その上、その人物がそこまで必死に庇うほどに犯人に価値があるとは思えない。

 結果、犯人を庇った人物までをもその価値を軽くしてしまい、彼の人物の独特なキャラクター性こそがその人物を第二の主人公にまで押し上げていた以上、作品そのものまでもがなんだかケチを付けられてしまったように思えて、とても残念だ。
 それでも基本的に推理物を面倒くさがる私をここまで魅惑したのだから、本書はそれほどに面白い本であるのは確かでもある。
 ただそれだけに、オチがなんとも残念なのだ。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |