RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『森は生きている』感想★★★★☆

2015.08.11 Tue


森は生きている (岩波少年文庫)
森は生きている (岩波少年文庫)サムイル マルシャーク Samuil Marshak

岩波書店 2000-11-17
売り上げランキング : 74321


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 タイトルだけを見ると、環境問題を扱った作品かのように思えるが、これは『シンデレラ』に代表される継子イジメ物語のロシア版。
 なお原題は"Двенадцать Месяцев"、直訳すると『12か月』。これはこれで『クレヨン王国十二か月の旅』を連想する……のは私だけだろうか。
 人形劇のために書かれたので、物語は戯曲形式を取っている。そんな訳もあり、登場人物に名前はない。


 主人公である「ままむすめ」には、継子イジメ物語にはお約束ながら、継母と義理の姉が。そして二人の性格は悪い。
 しかしこの物語には、性格の悪い人物がもう一人。それはこの国の女王様。早くに両親を亡くし、ままむすめとそう歳の変わらぬ子供ながら、この国の君主となった。両親の悪いところばかりを受け継いだと作中で噂される彼女だが、しかし教えを垂れてくれる教師はいない。

 大晦日の寒い日、ままむすめは薪を取りに森へと行かされる。そこで見たのはリスとウサギの会話。
 思わず笑う娘に話しかけたのは、女王のための新年のモミの木を手に入れよと命令された老兵士。彼は言う、大晦日にはどんな不思議なことだって起こるのだと。老兵士は彼女に、彼のおじいさんのおじいさんのおじいさんが大晦日に12の月の全て、つまり1月2月3月…、と出会ったとことがあると教える。

 兵士に手伝ってもらいようやく薪を集め終えたままむすめは家へと帰るが、そこで待っていたのは意地悪な義理の家族だけではなかった。なんと我が侭女王による我が侭なお触れが出ていたのだ。
 なんの気の迷いか、女王は新年の祝いの席にはマツユキソウ(スノードロップ)がなくてはならぬと言う。この地では4月にしか咲かぬ花だ。目的の花を持ってきた者には褒美をやるとのお触れを出したものだから、さぁ大変。欲深い継母と姉は、早速ままむすめを再び森へと追い立てるのでありました。
 ままむすめに言い渡される、「マツユキソウを見付けるまで帰ってくるな」との残酷な命令。渡された籠は、失っても惜しくないボロなのだから、意地悪もここに極まれりである。
 己の死を覚悟しつつ夜の森へと踏み出す、哀れなままむすめ。しかし今日は大晦日。どんな不思議だって起こりえる日なのだ。




スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『生命とは何か―物理的にみた生細胞』感想:★★☆☆☆

2014.03.11 Tue

生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波文庫)

シュレーディンガー 岩波書店 2008-05-16
売り上げランキング : 17163
by ヨメレバ


 ワトソンとクリックによる発見により、生命システムに大きな変更が加えられるようになる以前に書かれた一冊。当時は遺伝情報を担っているのは巨大分子、一番可能性があるのはタンパク質だと見做されていた。
 まさか単なる四種類のDNAによって遺伝情報が担われているとは思われておらず、生命はもっと複雑で神秘的な存在だと思われていた時代に、偉大なる功績を残しながらも研究の最前線から身を引いた物理学者シュレーディンガーが一般向けに語った生命論がこの一冊。

 歴史の最前線に立ち続けられる時期には限りがある。それは悲しいけれども現実だ。
 身を引く理由は能力の衰えの場合もあれば、人間関係のもつれのせいもある。単なる自主的な理由の時もある。
 一線から退いた研究者が何をするかと言えば、語るのだ。今までの研究人生を元手にその分野を俯瞰し、あるいはその経験を元に他所の分野について語るのだ。
 シュレーディンガーが今回行っているのは、その両方である。生命の分野は彼の専門外だが、タンパク質その他の構造は物理学の守備範囲でもある。
 そして生命論は彼の、いや、生きている者ならば誰だって語る資格のある分野である。


Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『かくれんぼ・毒の園 他五篇』感想:★★★★★

2013.08.22 Thu


かくれんぼ・毒の園 他五篇 (岩波文庫)

ソログープ 岩波書店 2013-03-16
売り上げランキング : 240218
by ヨメレバ


 岩波文庫からソログープ短編集。
 現在は絶版となっている中山省三郎翻訳の岩波文庫『かくれんぼ・白い母 他二篇』(中山省三郎・訳)に、昇曙夢翻訳による創元文庫『毒の園 他』を合本にした一冊。
 同じソログープ作品とは言えども翻訳者の違う二冊を合本することに違和感を覚えなくもないのだが、ソログープの有名作がこれ一冊で読めるとの利点には敵わないかなとも思う。
 合本しても随分と薄いしね。

 収録作品は以下。

・「かくれんぼ」 中山省三郎・訳
・「白い母」 中山省三郎・訳
・「光と影」 中山省三郎・訳
・「小羊」 中山省三郎・訳
・「白い犬」 昇曙夢・訳
・「毒の園」 昇曙夢・訳
・「悲劇 死の勝利」 昇曙夢・訳
 翻訳者それぞれの解説も収録。


 『かくれんぼ・白い母 他二篇』やアンソロジーに収録されることの少ない「白い犬」が、一番レアリティの高い一編だと思っていたら、著作権の切れた『死の勝利 序詞及び三幕(パンテオン叢書第二編)』が国立国会図書館によりデジタル資料化されており、家のパソコンからでも見ることが出来たのでありました。
 まぁ、表記や仮名遣いが現代化されていることに、今回の岩波文庫版は価値があるのかもしれない。
 同じように著作権が切れデジタル化されているソログープ作品としては、『創造される伝説』の第一部「血の滴」もある。三部作だが二部以降の日本語訳は存在していない模様。英訳版はあるものの、中古価格でもかなりお高い。

 もう何度も書いている気がするので、以下は簡単に。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ウイルスと地球生命』感想:★★☆☆☆

2013.08.16 Fri


ウイルスと地球生命 (岩波科学ライブラリー)

山内 一也 岩波書店 2012-04-14
売り上げランキング : 158026
by ヨメレバ


 内容紹介には「あなたが胎児だったとき、ウイルスに守られていた?」なんてセンセーショナルな文章が踊っている割に、内容の八割ほどはウイルスの基本的な話で、なんだか肩透かし。
 紹介文の影響で、こちらの設定ハードルが上がりすぎていたのかもしれないけれど。



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

『太古からの9+2構造 繊毛のふしぎ』感想:★★★★★

2013.06.24 Mon


太古からの9+2構造――繊毛のふしぎ (岩波科学ライブラリー)

神谷 律 岩波書店 2012-02-09
売り上げランキング : 179476
by ヨメレバ


 岩波科学ライブラリーって『ハダカデバネズミ―女王・兵隊・ふとん係』が出てたシリーズか、なら気軽に読めるな。
 と思って借りて来たのに、細胞分裂の機構や筋繊維の収縮する仕組みなんて、「そういえば昔、必死こいて覚えたっけ」な懐かしい記憶を揺さぶってくださって、絶妙に痛痒い気持ちになった。

 思い出せそうで思い出せない微妙なところを突かれた私は疲労感に塗れたけれど、それは私個人の問題に過ぎない。
 本書の語り口は平易だし、分かりにくい箇所には直後に例え話が入るなど、読み手のことを良く考えて書かれた一冊。
 しかも内容が面白い。


 以下は長い上に重たいので、注意。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『影をなくした男』感想:★★★☆☆

2013.03.24 Sun


影をなくした男 (岩波文庫)

シャミッソー 岩波書店 1985-03-18
売り上げランキング : 96911
by ヨメレバ


 「悪魔とうかつな契約をしてしまったばかりに、窮地に陥る」とのストーリーを踏まえて展開する短い物語。
 この度の主人公はペーター・シュレミール、彼は赤貧に喘いでいたがために金貨のあふれ出る財布と交換に影を悪魔に売り渡してしまう。
 結果、シュレミールは金貨に困ることはなくなったが、代わりに太陽の下に出て行けない身となってしまったのだった。
 彼に影のないことを知ると人々は露骨に彼を避けた、あまつさえ子供などは面白がって石を投げつけてくる有様。
 あれほど望んだ金貨に埋もれながらもシュレミールはもはや幸福ではない。だが彼は一人忠実な召使ベンデルにだけは恵まれた。今や彼だけがシュレミールの心の支え。
 ベンデルは主人の信頼に応え、彼がために心を砕き、彼が影を喪失していることが露見しないようにと力を尽くしてくれた。
 結果しばしの安寧を得たシュレミールは、ある日恋をする。だがいざ恋が叶うという段になり、またしても影がないこと、悪魔のせいだ、が彼を失望へと追い立てるのであった。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『フィガロの結婚』感想:★★★★★

2013.02.19 Tue


フィガロの結婚 (岩波文庫 (32-522-1))

ボオマルシェエ 岩波書店 1976-01
売り上げランキング : 255612
by ヨメレバ


 アルマヴィヴァ伯爵(アルマビーバ伯爵)がフィガロの手助けによりロジーヌと結ばれた『セビーリャの理髪師』から3年後、伯爵はまたぞろ恋の病気を再発し、あちらこちらに手を出すのに忙しい。
 可愛らしい娘だったロジーヌは立派な伯爵夫人になったものの、夫の浮気性とそのくせ強い嫉妬心に悩まされていた。

 前作で伯爵のために大立ち回りを演じたフィガロは家来に取り立てられており、今や自身の結婚の準備をしていた。お相手は伯爵夫人の侍女であるシュザンヌ。
 だが女に目のない伯爵がシュザンヌを狙っているから、さぁ大変。
 更には老女マルスリイヌがかつてフィガロと交わした「借金を返せない場合には結婚します」との契約書をもってフィガロに結婚を迫り、加えて『セビーリャの理髪師』でフィガロに一杯食わされた医師バルトロと音楽教師バジル(バジール)がかつての敵である伯爵と手を組んでまでマルスリイヌを焚き付ける!
 しかもなんとなんと伯爵は、かつてロジーヌのために廃止した初夜の貢を復活させようとしていた。その特権をつかってシュザンヌと楽しもうとほくそ笑んでいるのだ。

 対するフィガロは機転の利くシュザンヌと、伯爵夫人を味方に付けてこの困難に立ち向かう。
 果たしてフィガロは無事にシュザンヌと結婚式を挙げることが出来るのか。そして伯爵夫人はこのワガママな夫に一撃をお見舞いすることが出来るだろうか。
 物語の顛末は、読んでのお楽しみ。



Theme:読書 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『セビーリャの理髪師』感想:★★★☆☆

2013.01.22 Tue


セビーリャの理髪師 (岩波文庫)

ボーマルシェ 岩波書店 2008-07-16
売り上げランキング : 237214
by ヨメレバ


だが、嘘偽りのないところを申しましょうか、先生、若さと恋心が力を合わせて老人を騙しにかかれば、それを防ごうとして老人が何をしようと、そいつは「無駄な用心」と呼ぶにぴったりなんですよ。(p.143-144)


 ボーマルシェが描く、恋の喜劇。そして、人生の喜劇。

 スペインの大貴族で遊び人のアルマビーバ伯爵は、ある日可愛らしい女性を見、一目で恋に落ちた。
 伯爵は必死の思いで愛しい人の正体を探し歩き、ようやく彼女の居場所を探し出した。
 彼女の名前はロジーヌ。とある貴族の家に生まれたものの今は孤児であること、また後見人である医者バルトロに軟禁されるようにして暮らしていることを知った。
 更にはなんと、バルトロがロジーヌとの結婚を目論んでいることをも知った伯爵は、彼女を不幸な結婚から救おうと奮発する。
 けれどもバルトロとて、ただでロジーヌをくれてやる気は無い。
 ロジーヌを探し歩いていたアルマビーバ伯爵が同じ街にいるとの情報を得たバルトロは疑心暗鬼に陥り、小悪党バジールを仲間にし、一刻も早く結婚にこぎ着けるべく自分の計画を進める。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ファウスト博士』感想:★★★★★

2012.10.22 Mon


ファウスト博士(上) (岩波文庫 赤 434-4)

トーマス・マン 岩波書店 1974-06-17
売り上げランキング : 234176
by ヨメレバ


 読んだのは、岩波文庫で上・中・下の三分冊になっているもの。2012年の7月に復刊されている。
 だらだらと長い時間をかけてようやっと読み終わった。

 ここまで時間が掛かったのは、この物語がどこもかしこも面白くないからではなく、トーマス・マンの、そして物語中ではゼレヌスが綴る文章が数多の支流を持っており、河岸工事が施された安全で流れが一方の方向にしか流れないシンプルな大河としてではなく、脱線し小さな川となり渦を巻いたかと思えば本流に再会するかの如き、一筋縄とは行かない構造を持っているせいだ。

 確かに音楽家であるアドリアンの伝記との形をとるのだから当然とは言え、延々と語られる音楽論には興味がそそられないし、展開されるドイツ論にも同意しかねるしで、早くアドリアンの物語そのものを綴ってよと思うことも多かったのだが、退屈に思えた一つの場面はずっと後になって続きが語られ、途中には何度も何度も未来(この「伝記」を書いている時点でのゼレヌスには既に「過去」なのだが)に起こる事態を予告する手法のおかげで、何だかんだいいつつも最後まで読み終わることが出来た。

 この脱落を阻止する手腕の上手さは、流石はトーマス・マンと言ったところ。
 ただ登場人物の多さには何ともかんとも。
 元々からして私が固有名詞を覚えるのがとても苦手なのも合わさってサッパリ覚えられず、「おや新顔さんだ、初めまして」と微笑んで手を差し出したら、「いや、僕、既に何度も登場しているんですけど、ご記憶にない?」と返される事態が多々あった。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『ホフマン短篇集』感想:★★★★★

2012.07.23 Mon


ホフマン短篇集 (岩波文庫)

ホフマン 岩波書店 1984-09-17
売り上げランキング : 246430
by ヨメレバ


 既に読んだことのあるものが多いのだが、それでもやっぱり面白い。ただ翻訳は以前に読んだものの方が好みかな。

 収録されているのは、以下の6作品。
・「クレスペル顧問官」
・「G町のジェズイット教会」
・「ファールンの鉱山」
・「砂男」
・「廃屋」
・「隅の窓」
 挿画はアルフレート・クービン。
 分かりにくいが、表紙は「G町のジェズイット教会」の挿画としても使われている。


 ホフマンの描く幻想と怪奇には特別の背景は不要だ。それは現実のほんの少し奥、日常の片隅で展開される。
 物語を描くのは、少し変わった人たち。彼は「普通」とは異なっているが、多くの場合本人はそのことを不幸だとは感じていない。
 だが「普通」ではない彼らは、圧倒的な質量を持つ現実と日常の「普通」の中にいつまでも存在してはいられず、物語の終末に至って淡く儚く消え去っていく。
 彼らが遺すのは、ほんの僅かの痕跡だけ。しかしそれもまた、語り手や僅かな登場人物にしか感知されることはなく、またその跡も速やかに吹き散らされて失せる。



Theme:最近読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |