RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『民衆バロックと郷土―南東アルプス文化史紀行』感想:★★★★☆

2011.11.03 Thu

民衆バロックと郷土―南東アルプス文化史紀行

L. クレッツェンバッハー 名古屋大学出版会 1988-10
売り上げランキング : 1340909
by ヨメレバ


 その生きている間からペテン師として、また同時に錬金術師として名高かったファウスト博士は、その有名さから死後、既に存在した物語たちと融合し、彼の地獄行き物語はドイツにおいて民衆間で人気となる。
 ファウストの物語は『実伝 ヨーハン・ファウスト博士』とのタイトルの本で他国にまで広まり、イギリスで『フォースタス博士』
との名で劇化された後、ドイツへと逆輸入され(マーロウの『フォースタス博士』以前もドイツで生き延びており、この逆輸入によりドイツ従来とイギリスからの輸入物が融合したとも言われる)、ファウスト博士はドイツの民衆間で生き続けた。
 ゲーテにより文学と化す前の素朴なファウスト人形劇は、1846年にカール・ジムロックによって編纂された『人形芝居 ヨハネス・ファウスト博士』が今も存在してはいるが、成立が後世に過ぎる。
 もう少し古いのはないの? あ、勿論、日本語で。と考えたところで思い出したのが、本書『民衆バロックと郷土―南東アルプス文化史紀行』なのでした。
 Amazonの注文履歴によると、どうも去年の夏に買ったようだ。頭1/3くらい読んだっきり、積んでいた。

 本書は民族学者クレッツェンバッハーが1960年前後に大学で講義用に使おうと書いた草稿を下敷きに書かれており、私のような分野外の人間にも比較的分かりやすく作られている。
 サブタイトルが示す通り、本書がカバーするのは南東アルプス、つまりは主にかつてのハプスブルク家の支配地域である。宗教革命の後、領主主導による反宗教革命が行われ、そしてついにはカトリックが勝利を収めた地域である。
 当初は上からの押しつけでしかなかった反宗教革命が民衆間に根付き(反宗教革命に耐えられなかった人々は他地域に逃げたのだろうが)、そして彼らの手により生み出された祈りや信心の結実が「民衆バロック」であり、それが本書の主題である。この地で生き続けたファウスト人形劇もまた、その一つである。



スポンサーサイト
Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |