RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『ドラキュラ・ドラキュラ』感想:★★★★☆

2012.04.05 Thu


ドラキュラ・ドラキュラ (1973年)ドラキュラ・ドラキュラ (1973年)
種村 季弘

薔薇十字社 1973
売り上げランキング : 1199324

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 『ドラキュラ・ドラキュラ』は1973年に薔薇十字社から、1986年に河出書房新社から河出文庫として出版されている。
 この二つには違いがあり、河出文庫版『ドラキュラ・ドラキュラ』からは薔薇十字社版では収録されているダレルの「謝肉祭」、オーギュスタン・カルメの「吸血鬼」たち、ヴォルテールの「吸血鬼」、日夏耿之介の「吸血鬼譚」が省かれている。
 これら4作が読みたい場合は、薔薇十字社版を買いましょう。私はヴォルテールとカルメが読みたかったのに、河出文庫版を買ってしまい、「載ってないよ?」と首を傾げる羽目になりました。

 ちなみにどちらも現在絶版もしくは重版未定。
 薔薇十字社版はAmazonに表紙イメージすらなくて寂しい。この表紙は、映画ドラキュラ伯爵と言えば彼、なクリストファー・リー、のモノクロの写真を囲むように縁は赤色で、やや野暮ったいとも言えるデザインが逆に良い。


 薔薇十字社版『ドラキュラ・ドラキュラ』収録作品は以下。末尾に(※)マークが付いている作品は、河出文庫には収録されていない。
・「吸血鬼」 ジャン・ミストレル 種村季弘・訳
・「グズラ(抄)」 プロスペル・メリメ 根津憲三・訳
・「吸血鬼」 ジョン・ポリドリ 佐藤春夫・訳
・「吸血鬼の女」――『セラピオン同盟員』より E・Th・A・ホフマン 種村季弘・訳
・「カルパチアの城」――エピソード―― ジュール・ヴェルヌ 安東次男・訳
・「吸血鳥」 マルセル・シュオッブ 種村季弘・訳
・「サセックスの吸血鬼」 コナン・ドイル 延原謙・訳
・「謝肉祭」――「バルタザール」より ローレンス・ダレル 高松雄一・訳(※)
・「吸血鬼」 ルイージ・カプアーナ 種村季弘・訳
・「吸血鬼を救いにいこう」 ベレン 種村季弘・訳、橋本綱・訳
・「受身の吸血鬼」 ジェラシム・ルカ 種村季弘・訳、橋本綱・訳
・「ドラキュラ・ドラキュラ」――トランスシルヴァニアの物語―― H・C・アルトマン 種村季弘・訳
・「吸血鬼たち」 オーギュスタン・カルメ 種村季弘・訳(※)
・「吸血鬼」 ヴォルテール、種村季弘・訳 福井信雄・訳(※)
・「吸血鬼譚」 日夏耿之介(※)
 編纂者は種村季弘。


 扱われているのは全て古き良き吸血鬼たち。登場する吸血鬼たちにはロマンがあり、また土着信仰の香りも完全には失われてはいない。
 作品毎の感想は以下は折りたたみで。



スポンサーサイト
Theme:オススメの本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |