RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話』感想:★★☆☆☆

2012.05.23 Wed


森川 幸人 新紀元社 2000-12
売り上げランキング : 308123
by ヨメレバ


 タイトルの『マッチ箱の脳』の「脳」の上に「AI」と読み(?)が振られている。

 作者は『アストロノーカ』や『がんばれ森川君2号』でAIを用いたゲームの生みの親。
 SFなどでは人の手のよる被造物ながら、作り手たる人間を超える万能の恐るべき存在として描かれることの多いAIが実際にはどんな代物で、どんな風に使えるのかと言うことを説明した1冊。
 ただ発行は見ての通り2000年である以上、現在はまた時代が変わっているのだろうが。

 複数の種類(?)がある人工知能AIの内、GA(遺伝的アルゴリズム)とNN(ニューラルネットワークモデル)をメインに説明を行っている。
 タイトルにある通りに、マッチ箱とマッチ棒を用いてそれぞれのAIがどう動くかを実際に手を動かして理解することが出来るように工夫されてはいるが、それが成功しているかと問われると、うーん。
 正直その「マッチ箱とマッチ棒でシュミレーション出来るような設問を考える」との縛りが足を引っ張っている箇所が見られるような。最初のGAのマッチ箱シミュレーションは良いと思ったのだが、後半に行くにつれて無理矢理感が。
 ゆるーい感じのイラストは可愛いが、理解の助けになるかと言われれば、それもなぁ。
 



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |