RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『ケースファイルで知る 統合失調症という事実《電子増補版》[Kindle版]』感想:★★★★★

2014.05.16 Fri


ケースファイルで知る 統合失調症という事実《電子増補版》
ケースファイルで知る 統合失調症という事実《電子増補版》林公一 村松太郎

保健同人社 2013-01-31
売り上げランキング : 1185


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 紙で出た同タイトルの本を加筆し、電子書籍化した一冊。統合失調症という病気の最も明るい部分と、最も暗い部分が書き加えられたとのこと。


 統合失調症。怖ろしい病気と思われているこの病気は、罹患率が100人に1人と一般に思われているよりもずっと高い。つまり、統合失調症を患う人間は、この世に「ありふれている」。
 私にも貴方にも発症の可能性はあり、そしてこの高い罹患率から考えれば、周囲に既に発症している人がいることだろう。だが彼らの多くは、社会で暮らしている。事件を起こす者はそう多くはない。

 けれどもこの病気への偏見は根強く、病院を訪れること、そんな最も簡単なことすらもハードルが高い。しかし治療が始まったからと言って、安心は出来ない。
 多くの患者は劇的な症状をきっかけとして病院へと赴く。否、赴かされると言った方が正確か。最初の激烈な症状はほぼ薬で収まることが本書では示される。だがそれからが難関なのだ。
 一旦は症状が治まれば本人は病識を得、周囲の人間は安心する。すると疑問が生まれてくる。精神病の薬なんて危険なものを、いつまでも飲んでいて良いものだろうか?
 この疑問は不合理だと作者は説く。何度も何度も繰り返し。それは、それほどまでにも多くの患者が、その根拠の脆弱な不安から薬を止め、結果不幸な結末に至っているからなのだろう。


スポンサーサイト
Theme:オススメの本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |