RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『身体論のすすめ』感想:★★★★☆

2012.02.26 Sun


身体論のすすめ (京大人気講義シリーズ)

菊地 暁 丸善 2005-04
売り上げランキング : 306888
by ヨメレバ


 おや、意外と面白い。というのが率直な感想。
 門外漢にも身体について考えてもらおう、とのコンセプトで、幅広い分野の研究者から「身体論」をテーマに講義を行ってもらい、それを書籍化したのが本書。
 収録されているのは以下12章。続く13章目の身体論を考えるのは、読者の私であり貴方であるのだそうだ。

序章:「寄せて上げる冒険 ――あるいは身体のポリティクス――」 菊池暁
第Ⅰ部:表現と身体
 ・第1章 「ポルノ的身体とは何か ――表象理論と身体――」 大浦康介
 ・第2章 「日本で裸体を描く ――美術と身体――」 高階絵里加
 ・第3章 「音楽は『聴く』ものか ――音楽と身体――」 岡田暁生
第Ⅱ部:行為と身体
 ・第4章 「僕は、昔、皿洗いだった ――技能の身体――」 菊池暁
 ・第5章 「痛み・悼み・祈る ――宗教と身体――」 小牧幸代
第Ⅲ部:制度と身体
 ・第6章 「明治維新と天皇 ――天皇制の身体――」 高木博志
 ・第7章 「教室で座るということ ――学校と身体――」 谷川穣
 ・第8章 「耕す体のリズムとノイズ ――労働と身体――」 藤原辰史
第Ⅳ部:科学と身体
 ・第9章 「『機械』と『歴史』のあいだ ――生命科学の身体観――」 加藤和人
 ・第10章 「『血液循環の発見』とは何か ――近代医学の身体観――」 田中祐里子
終章:「言葉にできない ――死と身体――」 森本淳生


 各章に対する感想は続きを読む以下で。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |