RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『血のアラベスク 吸血鬼読本』感想:★★☆☆☆

2012.01.29 Sun


血のアラベスク―吸血鬼読本

須永 朝彦 ペヨトル工房 1993-04
売り上げランキング : 755201
by ヨメレバ


 例によって絶版もしくは重版未定な1冊。Amazonに表紙イメージすらない。
 私が読んだのは1993年ペヨトル工房から再版された物だが、オリジナルは1978年に新書館から出された『血のアラベスク ―吸血鬼読本(For ladies)』。ペヨトル工房のは新書館の増補新版になるんだそうで。
 
 内容は、読みやすい「です・ます」調で書かれた吸血鬼入門書。タイトルに偽りは一切ございません。
 素朴な民族信仰の中から発した「吸血鬼」の存在が、ハプスブルク家が東欧の一部をも影響圏に収めたことから西欧にもたらされ一大センセーションを巻き起こした末に、完全なるファンタジーに堕すまでの流れを平易に説明してくれている。
 更には、吸血鬼モノの小説・映画の説明、また吸血鬼に影響を与えた他の存在までをもカバー。情報が古いのはまぁ、1993年発行なので仕方がないところ。


 既に、慣れない中で歯を食いしばって『吸血鬼幻想』なんかの関連本を読み終わった身には「今更……」感が半端無かったものの、これからチャレンジする方の最初の1冊にはなかなか良いんじゃないだろうか。新本で購入不可とは言え、それなりに数は出回っているようだし。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |