RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『昇曙夢 翻訳・著作選集<翻訳篇2> 六人集、毒の園』感想:★★★★☆

2013.05.19 Sun


昇曙夢翻訳・著作選集 翻訳篇 2 六人集

昇曙夢,源貴志 クレス出版 2011-04
売り上げランキング :
by ヨメレバ


 1910年(明治43年)に貿易社から刊行された『露西亜現代代表的作家 六人集』と、1912年(明治45年)に新潮社から刊行された『露国新作家 毒の園』を復刻したもの。
 オリジナル版では書名も旧字体なのだが、本書では新字で紹介されているので、これに倣った。
 当時の復刻を謳うだけはあり、中身はオリジナルそのままである。つまりは旧字旧仮名の上に、オリジナルからして薄いのだろう読みにくい箇所も存在する。ところどころ振り仮名が振られるべき漢字からズレてもいる。

 この『六人集』と『毒の園』は既に一度1939年に、正教時報社から『還暦記念 六人集と毒の園 附・文壇諸家感想録』とのタイトルで復刻・合本されて刊行されている。
 ただし、この正教時報社版では、オリジナルの『毒の園』に収録されていたクープリンの「囈言」が、同著者の「生活の河」に変更されているとのこと。
 また「露西亞現代代表的作家 六人集」収録の作品は一部が伏せ字にされており、それが甚だしい「夜の叫」や「霧」などは内容が分かりにくくなってしまっている。
 前後の文脈と、それが伏せ字の対象とされたという事実から、穴埋めをするしかない。


 今回のクレス出版による『昇曙夢 翻訳・著作選集<翻訳篇2> 六人集、毒の園』に収録されている作品は以下。括弧内は私による注釈。

露西亞現代代表的作家 六人集
・「夜の叫」 バリモント
・「静かな曙」 ザイツェフ
・「閑人」 クープリン
・「かくれんぼ」 ソログーブ(ソログープ)
・「妻」 アルツイバーセフ(アルツィバーシェフ)
・「霧」 アンドレーエフ

露國新作家集 毒の園
・「毒の園」 フョードル・ソログーブ(ソログープ)
・「地下室」 レオニード・アンドレーエフ
・「夜」 ミハイル・アルツイバーセフ(アルツィバーシェフ)
・「白夜」 アナトリイ・カアメンスキー
・「三奇人」 アレキセイ・トルストイ
・「嫉妬」 コンスタンチン・バリモント
・「囈言」 アレキサンドル・クープリン
・「死」 ボリス・ザイツェフ




スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |