RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「大人の科学マガジン Vツイン蒸気エンジン」感想:★★★★★

2012.08.08 Wed


大人の科学マガジン編集部
学研教育出版 2012-07-24
売り上げランキング : 1953
by ヨメレバ


 実質はvol.35。vol33を最後にナンバリングがなくなってからの2冊目にあたる。
 前回のデルタ・ツイスター号には、雑誌の背中に前号まであったナンバリング部分にスラッシュ(/)が見られたが、今号では綺麗さっぱりない。


 この雑誌と一緒に燃料のアルコールも購入したので、買って即組み立てた。
 写真はなんとなくバンク角180°で。

Vツイン蒸気エンジン正面


 ボイラーのスタンドを土台に差し込んだ後に足を折り曲げろとの指示には「無理だよ?」と思ったものの、その他は特に問題なく、今回は簡単に組み上がった。

 ので着火……しようと思ったら、用意したライターが硬くてアルコールランプに火が点けられない。正確に言うと、火は点くものの3秒以上維持出来ない。
 子供が火遊びをしないようにと硬くなったのは知っていたが、どうやら私もその範疇に入っていたようだ。でもこれ真面目な話、非力な人は困ってるんじゃないかな。
 更に問題は、アルコールランプをボイラーの下に設置してから着火しろとの指示に従おうと思うと、ボイラーとランプの隙間があまりなく、普通のライターでは厳しい点。指まで燃えそうで、私は嫌だ。

 と言うわけで、マッチを使用。そしてようやっと初めての着火。
 ……燃え上がるアルコールランプ。ティッシュで作った芯だけでなく、全体が燃え上がっている。ああ、アルコール入れすぎた。しかもエンジンがしょっちゅう止まる。違う、違うぞこれは。
 もはやランプの体を成していない燃えるアルコールを眺めながら、「これは土台のプラスチック溶けちゃっただろうなー、ランプやボイラーも色変わってそう」と諦めていたが、予想を裏切って全て無事。上手いこと出来てるよ、これ。
 その後もマッチを使って何度か動かすも、やはりエンジンは上手く回転してくれない。そうこうしている内に、マッチが尽きた。

 「どこでマッチ売ってるっけ?」と思いながら全く違う買い物のために商店街を放浪していたら、仏具屋さんの店頭でこんなライターを発見。
 下の写真のピンク色。
 
必要品


 なんのためか知らないが、首が長い! ちなみに150円だった。
 左に一緒に映っているスプーンはアルコールランプの消火用に用意したもの。
 テキトーにそこら辺にあるのを使おうと思ったら、ボイラーの足の幅よりスプーンが大きくてその下のアルコールランプに触れられなかったなんてオチに遭遇したので、前もって準備しておくべきだった。
 結果、消火が遅れてボイラーを空だきしてしまったらしく、ボイラーの色が一部変わってしまった。


 新しく購入した首の長いライターはそれほど硬くもなく、これで着火に関する問題は解決。残るはエンジンが上手く回り続けてくれない問題だ。

 ボイラーとシリンダーを繋ぐチューブを触ると熱い。と言うことはその分だけ蒸気から熱が逃げ、エネルギーを消失しているということに。
 次の写真は、私が組み立てたVツイン蒸気エンジンを上から見下ろしたもの。

Vツイン蒸気エンジン上から


 説明しにくいので、各部分のチューブに色を付けたのが下。

補足


 この写真は私が再度弄った後で、最初は青色部分のチューブがもっと長かった。

 エンジンが回り始めるものの、途中で止まってしまい、再度手で回してやれば回転を始めるものの、やはりまた止まってしまうのは、チューブの長さが不均一=シリンダーが得る蒸気エネルギーが不均一だからなのではないかと思い、長い青色部分を切り詰めた。加えて、シリンダーを留めるねじを緩めて、動きやすくした。
 これで随分とスムーズに回り続けてくれるように。
 最初に緑部分を短く切り過ぎたせいで緑と青を同じ長さにすることは出来ないが、この程度の差なら許して貰えるようだ。
 組み立て図で不均一になっているように見えたので、なんとなく同じように作ってしまったのが失敗だった。
 赤色部分のチューブに少し余裕があるので、これも切り詰めると熱のロスが減って良さそうだ。

 ボイラーに入れる水の量にもよるが、3分くらいシュッポシュッポと熱湯を飛ばしながら動き続けてくれる様はなかなかに感動的。
 鉄で出来ているアルコールランプは消火後数分で触れる程度にまで冷えてくれるし、優秀なふろくだ。


 長くなりすぎたので、雑誌本体の話は、折りたたみ。



スポンサーサイト
Theme:雑誌(既刊〜新創刊) | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

「大人の科学マガジン デルタ・ツイスター」感想:★★★★☆

2012.05.24 Thu


大人の科学マガジン編集部
学研教育出版 2012-05-17
売り上げランキング : 16490
by ヨメレバ


 前号の卓上ロボット掃除機付きがvol.33だったのだから、今回のは34だと思うのだが、どこにもナンバリングが見つからない。
 そんなわけで今回はタイトルからナンバリングを外しておきました……。
 前号では雑誌の背中一番上に数字が入っていたのに、今号は/になっているんだよね。意味が分からないよ。


 買った日のうちにふろくは作った。今回のふろくはデルタ・ツイスター。
 デルタ(Δ)の形をしているからデルタで、ツイスト(ひねり)ながら飛ぶからツイスターなのだろう、たぶん。
 このデルタ・ツイスターは、動力にゴムを使うものと電池を使うものの二種類の機構が組めるようになっている。が、私には電池で動かす方は未だに上手く飛ばすことが出来ない。

 組み立て所要時間は前号ふろくの卓上ロボット掃除機と同じ60分になっているが、今回は大苦戦。
 力が足りずきっちりとパーツを差し込めない事態が数回あったのに加えて、組み立て説明が分かりにくかったよ今回。
 パーツは全部使い切るもの、との思い込みが私にあったのに対して、今回は予備のパーツが豊富すぎたのも要因だろう。予備が多めにあると途中で理解したおかげで、多少の失敗にはおおらかな気持ちになれたが。

 ちなみにこのデルタ・ツイスター、完成すると長さ40cm、幅40cmほどの代物に。デカイ、デカイよ。
 ゴムなり電池なりで羽ばたかせるとぱたぱた言いながら飛び立つ可愛いヤツではあるが、日本の住宅事情でこの飛行機を自由に飛ばせてやれる家庭はごく僅かじゃなかろうか。
 私の家の場合、羽ばたかせずに自由滑空させるだけで壁とご対面します。安定感がそれなりにあるおかげで、滑空時間が長い。でも外で飛ばすのは、ちょっと……。誰かお仲間がいないと。
 ツイスターが飛ぶ様を見ながら「これは猫に狩られるな」と思ったものの、ぱたぱたぱたと喋る様と大きさにビビった我が家の猫はやたら遠くから眺めているだけでしたとさ。余所様の普通の猫ならば、喜び勇んで狩りに行くんじゃないだろうか。



 デルタ・ツイスターが飛ぶ様子はYouTubeに開発者による動画が上がっている。
 前回と同じく、雑誌本体の感想は折りたたみ。
 



Theme:雑誌(既刊〜新創刊) | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「大人の科学マガジン」VOL.33感想:★★★☆☆

2012.04.30 Mon


大人の科学マガジン編集部
学研教育出版 2012-01-30
売り上げランキング : 8461
by ヨメレバ


 買ったので早速ふろくを作ってみた。
 作業スペースとしては、机の上で寛ぐ猫を撤去しただけで賄えたので、A4サイズ程度あれば可能かと。
 強制的に撤去された猫が激怒して流血沙汰(勿論私が)なんてこともありましたが、500mlペットボトルの蓋が時折開けられないほど非力&ネジの頭を潰すことに定評のある私でも1時間かからず作ることが出来ました。
 ぱちぱちぱち。

ルンバ的な何か


 ふろくの卓上ロボットは直径12cmほど。
 大きさ比較用に、『影をなくした男』を一緒に映しております。
 『影をなくした男』は岩波文庫なので、ごく一般的な文庫本サイズです。この本を選んだ理由は、単純に一番近くにあったからです。

 主題のふろくそのものの出来映えとしては、なかなかに面白い。でも動作音がうるさい。私の組み立てが悪いのか?
 「赤外線センサー等を使わずに、物理的な仕組みだけで段差や障害物をどう検知して方向転換するのだろう?」との問いの答えは、是非、実際に作り動かした上で発見してみて頂きたいところ。
 動作させてみれば、「あーなるほどー」とアッサリ理解出来る程度には、シンプル。まぁお値段的にルンバ並の精度を積んでいるわけもないのだが。
 掃除機の機能は……正直、今表紙を見直して、「そういえば掃除機だったんだっけ」と思い出したほどなので、お察し下さい。でも一応は、一生懸命に吸おうとしているのは分かる。


 組み立てには、プラスドライバー(JIS規定のNo.1)、はさみ、つまようじ、鉛筆(押し込むのに背を使うだけなので削ってないものでも可。鉛筆サイズのものならばたぶん何でも良い)、単三形アルカリ乾電池2本が必要。
 このロボット掃除機は電池喰いなので、素直にアルカリ電池をご用意下さい。
 ねじをねじ込む先である、ねじどめには最初から溝が刻まれておらず、ねじを押し込みながら自分で溝を作って行くことになる。力で押し切ろうとするのではなく、垂直にまっすぐねじ込むのがキモだろうか。最初、二進も三進も行かなくて、やや途方に暮れてしまったが、慣れれば溝を付けていく手応えがクセになる。


 組み立てていて気になったことを以下、箇条書き。
 1) p.78の2図と実際のスイッチ金具の形状が違った。
 2) p.81の17図下に「電池をセットしてスイッチを入れ、動くことを確かめよう」とあるが、スイッチON1にした時には外側の歯車は動かないことを明記して欲しい。
  本当は動くのかと思い込み、延々と手直しを加えてしまった。
 ……くらいですかね。ああでも、スイッチそのものが入れにくいのももうちょっと何とかして欲しかった。
 一応2の不満の方は、いきなりふろくを組み立てずに、雑誌本体を読んでいれば、頭の方でふろくの動作機構の説明があるので気が付いたことと思う。
 けれど、この手のふろくを楽しみに買うタイプの人間が、ふろくを組み立てることもなく動作させてみることもなく、いきなり機構説明を読むと思うのかね、君。
 そういうのは、実際に考えて仮説が組み上がった後に答え合わせとして、もしくは悩んだ末に辿り着けずギブアップした末に読むものだと思うんです、私。
 その手の人間ならば、試行錯誤するのも楽しみの内なので、上記に挙げた不満もちっぽけなことではあるものの、同じように悩んでいる人もいるかなぁーと思って書いてみました。

 いやぁ、三回くらい本気で組み上がらないんじゃないかとドキドキしてしまった。無事に完成して良かったです。
 ちなみに、部品を無くした場合でも、予備品がある内は対応してくれるとのこと。
 詳しくは大人の科学netのvol.33専用ページ「補足説明・ダウンロード」の項目から。



 「大人の科学マガジン vol.33」の雑誌本体の話は、折りたたみ。




Theme:本、雑誌 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「ナイトランド」VOL.1(2012)感想:★★☆☆☆

2012.04.05 Thu


朝松健・森瀬繚・朱鷺田祐介・
立原透耶・鷲巣義明・マット・カーペンター他
トライデント・ハウス 2012
売り上げランキング :
by ヨメレバ


 「ナイトランド」創刊号をようやっと読み終わった。
 積ん読タワーから1冊崩して予習して臨んだけどさぁ……、との話は後に回してまずは収録作品一覧。縦書き表記なのに目次だけ横書きなのはちょっと違和感。


特集・ラヴクラフトを継ぐ者たち
・「ルイジアナの魔犬」 スコッチ・カースン 田中一江・訳 山田章博・画
・「沼地を這うもの」 ティム・クーレン 夏来健次・訳 楢喜八・画
・「ウェストという男」 グリン・バーラス&ロン・シフレット 金子浩・訳 松山ゆう・画
・「ダイヤー神父の手紙」 レイフ・マグレガー 増田まもる・訳 ひらいたかこ・画
・「扉」 サイモン・ブリークン 田村美佐子・訳 藤原ヨウコウ・画 

名作発掘
・「矮人族」 ロバート・E・ハワード 中村融・訳 グレゴリー・ステープルズ・画
・「コールド・プリント」 ラムジー・キャンベル 野村芳夫・訳 ヴァージル・フィンレイ・画

連載小説
・連作短篇小説「The Faceless City #1 狂雲師」 朝松健 槻城ゆう子・画

エッセイ
・「『魔道書ネクロノミコン』捏造の起源」 コリン・ウィルソン 森瀬繚・訳
・「怪奇の架け橋----『日本怪奇小説傑作集』から『Kaiki: Uncanny Tales from Japan』へ」 東雅夫

連載コラム
・エッセイ「金色の蜂蜜酒を飲みながら」 朱鷺田祐介
・エッセイ「私の偏愛する三つの怪奇幻想小説」 西崎憲
・エッセイ「Asian Horror Now (1)」 立原透耶
・ 「ファンタスティック・シネマ通信(1)」 鷲巣義明
・クトゥルー・インフォメーション(日本編) 森瀬繚
・クトゥルー・インフォメーション(海外編) マット・カーペンター



Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.4感想:★★★★☆

2012.03.07 Wed


 1973年11月号の「幻想と怪奇」はラヴクラフト=CTHULHU神話特集。
 表紙に描かれたスキンヘッド+黄色い目の人間は誰なんだろうとよく見たところ、H.P.Lovecraftなる文字を発見。
 70頁に掲載されているラブクラフトの写真と比べると、うん、似てるような気がしなくも。
 裁断ミスなのか、雑誌の最初と最後の一部分の下部分が数枚切れておらず、袋とじの下だけ残したような状態になっていた。最初の方の袋とじ状態は指でも簡単に綺麗に切れたが、後ろの方は惨事になってしまった……。


 掲載作品は以下。盛りだくさんでございます。

CTHULHU神話特集
・「クトゥルー神話の神々」 L・カーター、大瀧啓裕・訳
・「宇宙よりの影」 ラヴクラフト&ダーレス、島本葵・訳
・「石の民」 H・ヒールド、綾瀬雅之・訳
・「ウボ=サトゥラ」 C・A・スミス、広田耕三・訳
・「ラヴクラフトとかれの昏い友愛団」 荒俣宏

連載
・Fantastic Gallery 「アルフレート・クービン 薄明の世界」 解説・麻原雄
・ホラー・スクリーン散歩4 「ロン・チャニイ・ジュニアの時代」 石上三登志

コラム
・地下なる我々の神々 秋山協介

エッセイ
・「長編怪奇小説」 都筑道夫
・「早すぎた埋葬防止会」 横瀬衛彦

幻想文学レヴュー
・『ウィアード・テールズ』誌復活 石村一男
・『アーサー・マッケン作品集成』 紀田順一郎
・『M・R・ジェイムズ全集』 瀬戸川猛資
・『蜘蛛・ミイラの花嫁』 鏡明
・幻想文学レヴュー・短評 藤沢純

・「首」 K・H・シュトローブル、村山浩・訳
・「モフレーヌの魔宴」 M・シュオッブ、伴俊作・訳
・「カタリーナ」 ヴィリエ・ド・リラダン、秋山和夫・訳
・「道具」 W・F・ハーヴィ、八十島薫・訳
・「呪われた部屋」 A・ラドクリフ、安田均・訳
・「骨牌の城」  岡田夏彦
・「ウィットミンスター寺院の僧房」 M・R・ジェイムズ、紀田順一郎・訳
・「まぼろしの国」 W・モリス、小宮山康弘・訳

メルヘンの世界
・「猫の足 ジンジムの噺」後篇 ジャーク・カゾット、荒井やよ・訳

・「世界幻想文学作家名鑑」4 荒俣宏・編
・新刊資料室=大滝啓裕
・THE YELLOW MASK
・次号予告
・読者欄


 以上、目次に記されている順に記載したが、実際の並びとは異なる。
 実際の雑誌では、エッセイと幻想文学レヴューの一群は「呪われた部屋」と「骨牌の城」の間に収録されている。

 感想は折りたたみ。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.3感想:★★★★★

2012.02.17 Fri


 1973年の9月号は黒魔術特集。巻末の編集後記(表記はnot exactly editorだが)を読む限り、かなり気合の入った号だった模様。
 後でまた触れるが、マイリンクの「レオンハルト師」やマクドナルドの「黄金の鍵」など、その力みっぷりに見合う作品が収録されている。
 次のNO.3(11月号)もやる気十分のようだが、出来栄えや如何に?
 ちなみに次号の特集は「ラブクラフト→CTHULHU MYTHOS」とのこと。

 小さなことだが、編集後記には前の7月号に掲載されたFantastic Gallery「挿絵画家アーサー=ラッカム」のページが手違いで一部76~77頁と80~81頁が入れ替わってしまったことに対する編集部からのお詫びも載っていた。
 持っている2冊が2冊とも同じように頁が狂っていたのはそういうことだったのね。たまたま運悪く乱丁に当たったのではなく、どれも乱丁だったと。
 ちょっと期待して2冊目買ったのにー。


 なんてことは置いておいて以下、掲載作品一覧。

黒魔術特集
・「霊魂の物語」 マダム・ブラヴァツキー、小田佐基・訳
・「魔術師」 エリファス・レヴィ、饗庭善積・訳
・「降霊術の実験」 アレイスター・クロウリー、岡田三美雄・訳
・「現代魔術の思想と行動」 紀田順一郎
・「黒弥撤の丘」R・エリス・ロバーツ、桂千穂・訳
・「レオンハルト師」 グスタフ・マイリンク、種村季弘・訳

連載
・Fantastic Gallery「回帰する闇の画家=ハリー・クラーク」 解説・麻原雄
・ホラー・スクリーン散歩3 「吸血鬼ドラキュラ」 石上三登志

・「ラントの妻」 H・ウォルポール、八十島薫・訳
・「黄金の鍵」 ジョージ・マクドナルド、鏡明・訳

・「異端的神秘主義序説」 山下武
・地下なる我々の神々3 秋山協介

エッセイ
・火星から来た少年 草森紳一
・恐怖小説の古さと新しさ 権田萬治

幻想文学レビュー
・吸血鬼ヴァーニ 石村一男
・エクソシスト 狩々博士

・「銀の鍵の門を超えて」 H・P・ラヴクラフト、団精二・訳
・「スマラ または夜の悪魔たち」 シャルル・ノディエ、秋山和夫・訳

メルヘンの世界
・「猫の足 ジンジムの噺」前篇 ジャーク・カゾット、荒井やよ・訳

連載
・「世界幻想文学作家名鑑」3 荒俣宏・編
・新刊資料室=大滝啓裕
・THE YELLOW MASK
・次号予告
・読者欄


 「新刊資料室=大滝啓裕」以下は記載する必要があるのかすら分からない小さなコーナーなのだが、目次にも載っているので一応。
 感想はいつものように折りたたみ。



Theme:オススメの本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.2感想:★★★★☆

2011.08.28 Sun
 1973年7月号は吸血鬼特集。正直、「特集?」ってのが感想だったりするのだが。
 この2号目からは歳月社からの出版に。最終ページの「発行人ご挨拶」を読む限り、創刊号を発行した三崎書房から2号以降を出すことが難しくなったことから、この雑誌のためだけに立ち上げた会社のようだ。ガッツである。


 以下、掲載作品一覧。

吸血鬼特集
・「魅入られた家族」 アレクセイ・トルストイ、島本葵・訳
・「白い巫女」 C・A・スミス、米田守宏・訳
・「闇なる支配」 H・R・ウェイクフィールド、矢沢真・訳
・「吸血鬼観念の普遍性」 紀田順一郎

・「マダレーナ」 H・ウォルポール、安田均・訳
・「月蔭から聞こえる音楽」 J・B・キャベル、山田修・訳
・「コンラッドと竜」 L・P・ハートリィ、八十島薫・訳

連載
・Fantastic Gallery 「挿絵画家アーサー=ラッカム」 解説・麻原雄
・ホラー・スクリーン散歩2 「激突!」 瀬戸川猛資

・「運命」 W・デ・ラ・メア、紀田順一郎・訳
・「街はずれの家」 W・H・ホジスン、鏡明・訳

エッセイ
・怪奇幻想小説の擁護 権田萬治  
・怪奇SF問答 石川喬司

コラム
・地下なる我々の神々 秋山協介

幻想文学レビュー
・ベスト・ファンタジー・ストーリィズ 石村一男
・ゴースト・ストーリー 山下武

・我が怪奇小説を語る H・P・ラヴクラフト、団精二・訳
・地に呪われたもの=生きながらの埋葬者ポオ 竹中芳

連載 
・「悪魔の恋」第二回 ジャーク・カゾット、渡辺一男・平岡昇・共訳
・「世界幻想文学作家名鑑」2 荒俣宏・編


 創刊号では「作品の最初の1ページは三段組みなのに、ページを繰ると二段組みに!」な展開が見られたのだが、今回は作品内での段組は固定されていた。地味に気になっていたので嬉しい限り。
 カラーページでの連載Fantastic Galleryのページの順番が乱れていた。事態を理解するまで、「は装飾された形式は」から書き始めるなんて斬新だなぁ、意味分からないけど、などと思っていた自分の脳みその茹り具合を何とかしたいと思いました。
 その他の感想は折りたたみ。



Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雑誌「幻想と怪奇」VOL.1 NO.1感想:★★★★☆

2011.08.08 Mon


 創刊号は魔女特集。この号だけ三崎書房からの刊行である。
 裏表紙に「我国最初の幻想怪奇文学研究誌」とある。そうか研究誌だったのか。


 掲載作品は以下。

魔女特集
・「魔女の樹」 M・R・ジェイムズ、紀田順一郎・訳
・「裏庭」 ジョゼフ・P・ブレナン、岡田三美雄・訳
・「ジプシー・チーズの呪い」 A・E・コッパード、鏡明・訳
・「白い人」 アーサー・マッケン、饗庭善積・訳

エッセイ
・「魔草マンドラゴラ」 種村季弘
・「さよなら、ドラキュラ伯」 権田萬治

・「顔」 E・F・ベンスン、鈴木栄吉・訳

連載
・Fantastic Gallery 「ヒリアルト・ミューラーの世界」 解説・麻原雄
・ホラー・スクリーン散歩1 「ドラキュラ血のしたたり」 瀬戸川猛資

・「女王の涙を求めて」 ロード・ダンセイニ、中原儀介・訳
・「妖犬」 H・P・ラブクラフト、団精二・訳
・「鼠の埋葬」 ブラム・ストーカー、桂千穂・訳
・「リーシュリップ城」 C・R・マチュリン、安田均・訳
・「焔の丘」 アルジャナン・ブラックウッド 、竹下昭・訳

幻想文学レビュー
・海外『ジ・オカルト』 石村一男
・日本『ブラックウッド傑作集』 山下武

・魔女文学案内 小宮卓

コラム
・地下なる我々の神々 秋山協介

・「だれかがエレベーターに」 C・R・ハートリー、伊丹皓一・訳
・「蒲団」 橘外男
・人でなしの世界 紀田順一郎

連載
・「悪魔の恋」第一回 ジャーク・カゾット、渡辺一男・平岡昇・共訳
・「世界幻想文学作家名鑑」1 荒俣宏・編



 魔女に特化しているのは巻頭の4作品くらいのもので、後は幻想怪奇文学全般からという構成。もうちょっと魔女作品が掲載されているのかと思っていた。
 三段組みだったり二段組みだったりと忙しい。同じ作品の途中で段組変わるとか、ちょっとビックリした。揃えて欲しい、ってのは挿絵の関係で無理な注文なのだろうか。
 感想は以下。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |