RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『結晶とはなにか―自然が作る対称性の不思議』感想:★★★★☆

2012.05.05 Sat


平山 令明 講談社 2012-04-20
売り上げランキング : 16810
by ヨメレバ



 「ペラペラ捲った感じでは、軽い話題のようなので、さっくり読み終われるんじゃないかなー」とか夢見てスイマセンでした、というのが最初の感想。
 と言っても、私が七転八倒したのは単純に数学的なセンスが壊滅的すぎて、結晶のキモである「規則配列」の解説部分で心が折れそうになっただけです。つまり悪いのは私だ。

 なので、対称やら回転やらの操作に抵抗がない、三次元になっても平気だよ、ってな方で今まで化学とは接点がないのならば、サックリと楽しく読めそうだ。
 化学的な内容としては、基本を平易に書いてある印象。
 「結晶とは固体とどう違うのか?」「その大半が結晶である宝石に美しさを感じるのは、どうしてだろう? そこに存在する構造の美しさを感じ取っているのだろうか」などの問いかけにより、読者の興味を惹くように工夫がなされているあたりも良い。
 気を惹くための例示が時折オーバーすぎると感じる箇所もあるが、そこはご愛敬でしょう。
 最後に「実際の自然はそこまで厳密でもないんですけどね」とのオチがつくあたりで笑ってしまった。
 偉大なるアバアウトさと洗練され切れない泥臭さこそが世界の秘密だよなぁ。簡単には解明させてくれやしないんだ。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本 | Genre:本・雑誌 |
Category:星4つ:★★★★☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |