RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『殺人者の空(山野浩一傑作選・Ⅱ)』感想:★★☆☆☆

2012.03.03 Sat


殺人者の空 (山野浩一傑作選Ⅱ) (創元SF文庫)

山野 浩一 東京創元社 2011-10-28
売り上げランキング : 296530
by ヨメレバ


 二分冊で刊行された山野浩一傑作選の二冊目ながら、どうしてそうなった……としか言いようのない一冊。
 Ⅰはまだ作品群が好きになれない理由が比較的明確だったのに、今回はもうどうしていいやら。

 とりあえず収録作一覧。
 末尾に※印が付いているのは、単行本初収録作品。著者のあとがきを参照している。
・「メシメリ街道」
・「解放時間」(※)
・「闇に星々」
・「Tと失踪者たち」
・「φ(ファイ)」(※)
・「森の人々」(※)
・「殺人者の空」
・「内宇宙の銀河」(※)
・「ザ・クライム(The Crime)」


 物語が開始され、それが変速するまでは「おっ!」と感動の声を上げるほどに面白いのに、結末に至ると「そっかー」くらいしかもはや私に言葉が残されていない。
 展開が私の好みじゃないとか、そんな次元ではなく、もう本当に何でこうなった。



スポンサーサイト
Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『鳥はいまどこを飛ぶか(山野浩一傑作選・Ⅰ)』感想:★★☆☆☆

2012.02.20 Mon


鳥はいまどこを飛ぶか (山野浩一傑作選Ⅰ) (創元SF文庫)

山野 浩一 東京創元社 2011-10-28
売り上げランキング : 156316
by ヨメレバ


 二分冊で刊行された山野浩一傑作選の一冊目。
 著者あとがきによると、Ⅰは「失踪=不在」との一貫したテーマで、Ⅱには単行本未収録の4作品を含む変化に富んだ作品が収録されているんだそうな。

 「失踪=不在」をテーマとするⅠの収録作は以下10作。
・「鳥はいまどこを飛ぶか」
・「消えた街」
・「赤い貨物列車」
・「X電車で行こう」
・「マインド・ウインド」
・「城」
・「カルブ爆撃隊」
・「首狩り」
・「虹の彼女」
・「霧の中の人々」


 感想は……、正直「ツマラン」の一言に尽きる。
 何がつまらないかと言えば、基本的にどれも同じフォーマットに沿っているように思え、しかもその形式が私は好きではないからだ。



Theme:読んだ本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |