RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『吸血鬼カーミラ (世界恐怖小説全集・1)』感想:★★★★★

2011.11.07 Mon

吸血鬼カーミラ (1958年) (世界恐怖小説全集〈第1〉)
吸血鬼カーミラ (1958年) (世界恐怖小説全集〈第1〉)S・レ・ファニュ 平井 呈一

東京創元社 1958
売り上げランキング : 1344794


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 3回目のカーミラ。今回は世界恐怖小説全集の栄えある第1巻目。現在絶版。タイトル作を含む5作品を収録。
 収録作は以下。
 「白い手の怪」
 「緑茶」
 「仇魔」
 「判事ハーボットル氏」
 「吸血鬼カーミラ」

 私が以前読んだ、現在でも入手可能な創元推理文庫の『吸血鬼カーミラ』の収録作は以下。
 「白い手の怪」
 「墓掘りクルックの死」
 「シャルケン画伯」
 「大地主トビーの遺言」
 「仇魔」
 「判事ハーボットル氏」
 「吸血鬼カーミラ」

 「緑茶」が読めない以外は創元推理文庫の方がお得。
 創元推理文庫の方を読んだ時には、「傑作と名高いらしい『緑茶』をなんで入れなかったの?」と思ったけれど、読んでみるとその理由が分かる気がする。日本人には身近すぎる、緑茶は。
 身近過ぎて正直「緑茶disってんじゃねーよ」なんて気持ちになった上に、ちょっと飲むの嫌になったんですけども。どうしてくれるんですか、レ・ファニュさん。
 ……でもまぁ、そんな気持ちにさせてこそ「恐怖小説」だよなぁ。つまりは作者の勝利だ。



スポンサーサイト
Theme:本の紹介 | Genre:本・雑誌 |
Category:星5つ:★★★★★ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

『吸血鬼カーミラ』感想:★★★☆☆

2011.06.30 Thu
吸血鬼カーミラ 創元推理文庫 506-1
吸血鬼カーミラ 創元推理文庫 506-1レ・ファニュ 平井 呈一

東京創元社 1970-04
売り上げランキング : 96616


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 昨日、正確には一昨日、に続いてジョセフ・シェリダン・レ・ファニュの『吸血鬼カーミラ』の感想を。
 こちらの創元推理文庫のものは前回のフォア文庫のものとは違い、カーミラ以外に6編の短編・中編を収録。以下が本書の収録作品。翻訳は平井呈一。
 「白い手の怪」
 「墓掘りクルックの死」
 「シャルケン画伯」
 「大地主トビーの遺言」
 「仇魔」
 「判事ハーボットル氏」
 「吸血鬼カーミラ」


 以下は長いので折りたたみ。


Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星3つ:★★★☆☆ | Comment(2) | Trackback(1) | top↑ |

『女吸血鬼カーミラ』感想:★★☆☆☆

2011.06.28 Tue
女吸血鬼カーミラ (フォア文庫)
女吸血鬼カーミラ (フォア文庫)ジョゼフ・シェリダン レ・ファニュ 田中 槙子

岩崎書店 1993-01
売り上げランキング : 548588


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 それは小学四年生くらいの頃の記憶。当時の私は近所の小さな学習塾に通っていた。そこの狭く薄暗い廊下に置かれていたのは、妙な緑色を帯びた金属製の本棚。
 そこで私が手に取ったのが、『吸血鬼カーミラ』だった。
 美しいカーミラは恐ろしい吸血鬼なのだろうか? 主人公ローラはどうなるの? そんな恐怖と疑問以上に、当時の私を惹き付けたのは、カーミラとローラの間に漂うレズっぽさであった。
 「借りてく?」と聞いてくれた塾の先生に首を横に振ったのは、こんなエロイ本を借りたのが母親にバレたら恥ずかしいとの思いであった。そして、こんないかがわしい本を平気で塾の本棚に置いている先生に、そこはかとない不審を抱いた。
 とは言え、先生のその態度を幸いと、毎回毎回少し早く塾に行っては読み、とうとう完読するのだが。


 時は流れて、現在。
 唐突に懐かしくなって、あの当時私がドキドキしながら読んだ本を探してみた。子供向けに出版されているのはフォア文庫の『女吸血鬼カーミラ』と、集英社の子どものための世界文学の森シリーズ『吸血鬼カーミラ』。
 私の記憶によると、表紙はどこか青い鳥文庫に似ていたような気がするので、前者のフォア文庫のものを購入。
 このフォア文庫と言うのは、岩崎書店・金の星社・童心社・理論社の4社で共有されるレーベルのようだ。少し面白い。
 ちなみに、この『女吸血鬼カーミラ』は岩波書店が出版元。今は絶版。


 前振りが長くなったが、この中編小説『女吸血鬼カーミラ』、一般的には「吸血鬼カーミラ」は、かの有名な『吸血鬼ドラキュラ』よりも先に書かれ、ドラキュラにも大きな影響を与えた作品……の割に、ドラキュラ伯爵と比べると知名度低し。
 ドラキュラ伯爵のインパクトが強すぎるのかも?
 と、知名度はさておき、歴史的な価値も評価も高めな本作品なのだが、私的には星2つ。その理由は……、謎、投げっぱなしすぎじゃないですか、コレ。
 以下、ネタバレ注意。


Theme:読んだ本。 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |