RSS|archives|admin


スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『MORSE―モールス』感想:★★☆☆☆

2011.07.30 Sat
MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト John Ajvide Lindqvist

早川書房 2009-12-30
売り上げランキング : 1980


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 8月5日に全国ロードショー(公式サイトはコチラ)とのことなので、今更ながらの読書感想文。
 ちなみに今年公開されるハリウッドのはリメイクであり、最初に本書を映画化したのはイタリア。こちらも去年、日本で公開されていた。公式サイトはコチラ
 既にこちらは『ぼくのエリ 200歳の少女』のタイトルでDVDが販売されております。


 ある日、いじめられっ子の少年オスカルが住むマンションの隣に美しい少女エリが引っ越して来た。
 エリのしゃべり方は古風だし、ルービックキューブも知らないと言う。それにとても不潔だ。どう考えても普通じゃない。
 そうオスカルは思うものの、彼女と出会ったことで勇気を得る。彼女に見せても恥ずかしくない生活を手に入れたいと願うようになったのだ。
 時を同じくして、恐るべき犯罪が新聞を賑わした。
 オスカルの住むブラックベリからそう遠くない場所で、少年が殺されたのだ。それも奇妙な方法で。再度の犯行が囁かれる中、実際に犯人は次なる犯行を企て、そして……。


 と言うのが本書の簡単なあらすじ。
 そもそもとして、貴方は吸血鬼物が好きですか? 私は大好きです。吸血鬼に限らず、「人間の形をした人間ではないモノ」が好きだ。
 何せ彼らは常識からの逸脱が許されているのだもの。どれだけ普通の人間から離れていても問題視されることはない。だって「人間じゃない」んだもの。違うのは当然だ。
 普段から他者と己の認識の違いに戦慄しがちな私としては、そんな許された彼らが羨ましくて仕方がない。私が世間の「普通」と違うのに理由はない。けれど、吸血鬼が世間の「普通」と違うのは当然だ。
 しかし、そんな「人間の形をした人間ではないモノ」である吸血鬼ではあるが、彼らは生きていくために生き血を必要とする。つまり人間の常識から解き放たれている筈の彼らは、人間の近くで生活する必要があり、そのために人間の振りをしなくてはならないのだ。
 そして場合の多くにおいて、彼らは元人間でもある。人間であった頃の記憶を有し、その昔を懐かしく思い返したりもする。

 人間から逸脱した存在でありながら、人間の振りをして暮らし、人間生活を懐かしく愛おしく思う。そんな矛盾を抱えた吸血鬼というファンタジーがとても私は好きだ。
 が、やっぱり個人的には吸血鬼には人間から抜け出した「人間の形をした人間ではないモノ」として超然としていて頂きた。い。吸血鬼と化したその日の姿のまま永遠を生きる彼らに、年齢を重ねたが故の「何か」を期待したい。それは若さを喪失しながら生きる私という一個の人間に希望を与えてくれるものだから。
 化け物でありながらある意味で人間でもあり、若くありながらも年寄りであり、死者でありながら生き物である。その解決されない矛盾こそが私の吸血鬼への傾倒の理由だ。
 もう既にお気づきのことと思うが、私はこの作品が気に入らない。なので以下は覚悟してどうぞ。ネタバレも全開です。


スポンサーサイト
Theme:読書感想 | Genre:本・雑誌 |
Category:星2つ:★★☆☆☆ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |